ポーラ美術館が、好きな印象派の画家を意識調査 1位「モネ」、2位「ゴッホ」、3位「ルノワール」

ニュース
アート
2019.4.22
左:クロード・モネ《睡蓮の池》1899年 中央:フィンセント・ファン・ゴッホ《アザミの花》1890年 右:ピエール・オーギュスト・ルノワール《レースの帽子の少女》1891年 いずれもポーラ美術館蔵

左:クロード・モネ《睡蓮の池》1899年 中央:フィンセント・ファン・ゴッホ《アザミの花》1890年 右:ピエール・オーギュスト・ルノワール《レースの帽子の少女》1891年 いずれもポーラ美術館蔵

画像を全て表示(5件)

印象派作品をテーマにした展覧会『印象派、記憶への旅』をひろしま美術館と共同開催中のポーラ美術館(神奈川県・箱根町)が、20~60代の男女を対象に、好きな印象派画家などについて意識調査を実施。好きな印象派(※新印象派、ポスト印象派含む )の画家について、 1位「モネ」(61.7%)、 2位「ゴッホ」(51.9%)、 3位「ルノワール」(46.2%)という結果になった。

調査結果について、『印象派、記憶への旅』を担当するポーラ美術館学芸課長の岩崎余帆子(いわさきよおこ)氏は、「男女別、どの年代でもモネ、ゴッホルノワールの3人の画家たちに人気が集中していることに驚きました。とくに、モネとゴッホは日本にあこがれていた画家たちであることを考えると、私たちは彼らの作品になにかしら共通する魅力を見出しているのかもしれません」とコメント。

左:クロード・モネ《睡蓮》1907年  中央:クロード・モネ《バラ色のボート》1890年  右:ピエール・オーギュスト・ルノワール《髪かざり》1888年 

左:クロード・モネ《睡蓮》1907年  中央:クロード・モネ《バラ色のボート》1890年  右:ピエール・オーギュスト・ルノワール《髪かざり》1888年 

ポーラ美術館は、TOP3となったモネ、ゴッホルノワールの収蔵数が日本一多い美術館でもあり、モネ19点、ゴッホ3点、ルノワール16点(彫刻1点を含む)を収蔵している。

作品鑑賞以外に美術館で体験したいことについての質問では、1位「食事」(46.3%)、2位「コンサート・音楽鑑賞」(36.9%)、3位「写真撮影」(33.9%)という結果になり、鑑賞とともに美術館ならではのグルメも楽しみにしている人が多いことがわかる。なお、20代・30代では1位の「食事」に続き「写真撮影」が2位と、美術館でのフォトジェニックな体験を重視していることが浮き彫りになった。

また、一緒に美術館に行きたい相手は圧倒的に「配偶者・恋人」が1位となり、落ち着いた空間をデートで訪れたいと考える人が多いようだ。

10連休を控えた今回の調査では、お出かけ予定や美術館で体験したいことなどについても調査した。今年のゴールデンウィークについて、計64.1%の人が「出かける予定がある/出かけたい」と考えていることがわかる。史上初の10連休となるゴールデンウィークは、新緑の季節とも重なり、お出かけにぴったりの時期だ。印象派の画家たちも、旅先で出会った風景や自然の美しさにふれて多くの作品を描いた。この機会に、箱根の自然の中で、アートに触れてみてはいかがだろう。
 

イベント情報

印象派、記憶への旅
会 期:2019年3月23日(土)~7月28日(日)
会場:ポーラ美術館(神奈川県・箱根町)
*2019年8月10日(土)~10月27日(日)にひろしま美術館にて開催
出品点数:74点
出品作家:ゴーガン、 コロー、 ドラクロワ、 ピサロ、 モネ、 ルノワール、 シスレー、 セザンヌ、 
マティス、 ピカソなど
開館時間:9:00~17:00(最終入館は16:30)
シェア / 保存先を選択