映画『ボヘミアン・ラプソディ』、日本での興収が130億円を突破 クイーン+アダム・ランバート来日報道が影響か

ニュース
動画
音楽
映画
2019.5.15
 (C) 2018 Twentieth Century Fox

(C) 2018 Twentieth Century Fox

公開中の映画『ボヘミアン・ラプソディ』の日本国内での興行収入が、5月12日(日)までに130億円を突破したことがわかった。

『ボヘミアン・ラプソディ』は、ロックバンド・クイーン(Queen)のボーカル=フレディ・マーキュリーの生きざまを描きだした伝記映画。タイトルともなった楽曲「ボヘミアン・ラプソディ」や「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった楽曲の誕生や、チャリティコンサート『ライブ・エイド』でのパフォーマンスなども再現。同バンドのブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮、監督を『X-MEN』シリーズのブライアン・シンガーとデクスター・フレッチャー(ノンクレジット)が務めている。フレディ・マーキュリーを演じるのは、海外ドラマ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』のラミ・マレック。第91回アカデミー賞では、マレックの主演男優賞をふくむ4部門で受賞を果たしている。


『ボヘミアン・ラプソディ』は、昨年2018年11月9日(金)の日本公開から27週目に突入。2019年5月12日(日)までの動員数は941万4,054人、興収は130億265万9,680円に達した。また、同日までの世界興収は9億317万5,016ドル(約1,008億円)を記録している。

なお、『ボヘミアン・ラプソディ』はDVD&ブルーレイがすでにリリース済みだが、クイーン+アダム・ランバート(QUEEN + ADAM LAMBERT)が2020年1月に『ラプソディ・ツアー』来日公演を行うという発表が、GWの大型連休中の好調な興行に結びついたようだ。また、クイーン自体のセールスも好調で、GW中には映画のサントラがiTunesのアルバムランキングでは5位に返り咲き、CD、デジタルを含めた総出荷枚数(2018年10月以降)は135万枚を突破している。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は公開中。

作品情報

映画『ボヘミアン・ラプソディ』
原題:Bohemian Rhapsody  
監督:ブライアン・シンガー 
製作:グラハム・キング/ジム・ビーチ 
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)/ロジャー・テイラー(クイーン/ドラム) 出演:ラミ・マレック/ルーシー・ボイントン/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ/マイク・マイヤーズ/アレン・リーチ
配給:20世紀フォックス映画
(C) 2018 Twentieth Century Fox

公演情報

QUEEN + ADAM LAMBERT – THE RHAPSODY TOUR
2020年1月25日(土)東京 さいたまスーパーアリーナ
2020年1月26日(日)東京 さいたまスーパーアリーナ
2020年1月28日(火)大阪 京セラドーム大阪
2020年1月30日(木)名古屋 ナゴヤドーム
 
チケット
GOLD 席 50,000円(限定グッズ付き/物販優先レーン/専用入場口)
SS 席 25,000円 / S 席 15,000円 / A 席 12,000円
 
・先行予約
■5月1日(水)12:00~クリエイティブマン会員(3A・モバイル)最速先行
https://www.cmp-members.com/
GOLD 席は各公演お一人様 1 回申込み 2 枚まで。他券種は各公演お一人様 1 回申込み 4 枚まで。
■5月9日(木)12:00~ファミリーマート先行
https://eplus.jp/queen-adamlambert/
GOLD 席、SS 席は各公演お一人様 1 回申込み 2 枚まで。S 席、A 席はお一人様各公演 1 回申込み 4 枚まで。
 
・一般発売日
8月3日(土)10:00~
シェア / 保存先を選択