『フローズン・ビーチ』公開稽古レポート&囲み会見 演出家・鈴木裕美「とにかくこの4人の女優を見て欲しい」

ニュース
舞台
2019.7.3
(上段)鈴木裕美、(下段左から)鈴木杏、ブルゾンちえみ、花乃まりあ、シルビア・グラブ

(上段)鈴木裕美、(下段左から)鈴木杏、ブルゾンちえみ、花乃まりあ、シルビア・グラブ


ケラリーノ・サンドロヴィッチの戯曲を、さまざまな演出家が新しい息吹を吹き込み、連続上演する新シリーズ「KERA CROSS」の第一弾『フローズン・ビーチ』の公開稽古と会見が、2019年7月2日(火)東京都内で行われた。稽古場には鈴木杏、今作が舞台初挑戦のブルゾンちえみ、そして花乃まりあ、シルビア・グラブの4人の女優陣と、同作を演出する鈴木裕美らが登場。プレビュー公演を数日後に控えた面々は、「稽古するたびに、芝居が深まって充実している」と充実した表情で語った。

『フローズン・ビーチ』は1998年にKERAが主宰する劇団「ナイロン100℃」が初演。5人の女たちの間に起こる事件を、1987年から2003年まで、8年ごとに追いかけたサスペンス・コメディで、98年の「第43回岸田國士戯曲賞選評」に輝いている。

「初演のファンだった」という演出家の鈴木裕美は「この間、通し稽古を終えて、ようやく初演の呪縛から解かれて、私たちの『フローズン・ビーチ』になりつつある」と手応えをつかんでいるよう。鈴木杏も「いくら稽古しても、稽古できちゃう。いくらでも詰め込める」と変化していく2019年度版の『フローズン・ビーチ』の深化を楽しんでいる様子だった。

(上段)鈴木杏、(下段)ブルゾンちえみ

(上段)鈴木杏、(下段)ブルゾンちえみ

15分ほど行われた公開稽古は、太平洋とカリブ海の間に浮かぶ島に建つ別荘の一室で、島を開発している資産家の娘・愛(花乃)のところに、遊びに来た幼なじみの千津(鈴木)と友人の市子(ブルゾン)。愛の病弱な双子の姉・萌(花乃が二役)と、その別荘に旅行先から予定よりも早く戻った愛の父の後妻・咲恵(シルビア)が顔を合わせた1987年の夏の日からスタート。咲恵のせいで母が自殺したと思っている愛は、盲目の咲恵に「早く帰宅したのは、何か裏があるんじゃないか」とせまるなど、シビアなやり取りに緊張が走った。

(左から)シルビア・グラブ、花乃まりあ

(左から)シルビア・グラブ、花乃まりあ

体全身で笑い、絶叫し、ぶつかり合う女優陣。公開まで間もなくだが、息はぴったりだ。稽古では疑問点を互いにぶつけ合い、演出家の鈴木裕美も交えて、共に解決していくという。鈴木裕美は「お互いが尊敬し合って、役を愛している感じがいい。4人はとても頭が良くて、他人を受け入れるところが似ている。面白くするならば、何でもやりますという姿勢が、男らしい。『私、できません』と言う人がいないんです」と“男らしさ”に魅了されているよう。ブルゾンは「演出家は、同時に大音量で鳴っている楽器の、一つひとつを聴き分けているところがすごい」と圧倒されていた。

(左から)ブルゾンちえみ、シルビア・グラブ、鈴木杏

(左から)ブルゾンちえみ、シルビア・グラブ、鈴木杏

稽古後の会見では4人が自身が演じる役どころについて説明。鈴木杏は「とにかく小者。若いというのもあるけれど、もっと器が大きかったらと感じるいじらしい一面もある」。ブルゾンは「論理的ではなく、本能で動いている。私には理解できないと感じたけれど、稽古をしている中で結構かわいい性格なのかもと分かってきた。いまは市子に愛着が湧いてきている」。花乃は「萌は体が弱い設定なので、だからこそ開き直りの強さがある。愛は全ての人に対して、自分が優位に立とうとする。けれど、自分のペースで運べずに、逆に巻き込まれてしまう惜しい人」。シルビアは「楽観主義。常に笑っている。何でも明るい方向に持って行こうとする、おとぼけキャラ」とそれぞれ、自分の中でキャラクターを育てているようだった。

(左から)シルビア・グラブ、鈴木杏

(左から)シルビア・グラブ、鈴木杏

中でもはっきりとした眉に、跳ね上げたアイラインのメークが印象的なブルゾンは、市子として立つために薄めのメークで臨むことを決めた。鈴木裕美も「稽古場にブルゾンで来て、(スッピンの)ちえみで帰って行くことがある」と告白。ブルゾンは「まだメークは探り中。ブルゾン感を残しつつブルゾンでもいけない」と苦笑いしていた。

初挑戦の舞台についてブルゾンは「できないことが日々できるようになる楽しさを感じています」と意気込みは十分。現状での出来栄えについて問われると、「35億と言いたいところですけれど、結果的に35億点って言ってもらえるように、頑張ります」と誓った。

(左から)ブルゾンちえみ、シルビア・グラブ

(左から)ブルゾンちえみ、シルビア・グラブ

見どころについて、鈴木裕美は「(劇では)殺したり、殺されたり、殺されそうになったりする。その中で、救ったり、救われたりもする。とにかくこの4人の女優を見て欲しい」とPR。鈴木杏は「傷だらけになりながらも、離れられないでる女たちの姿をぜひ、観に来て欲しい」と呼びかけた。

(上段)鈴木裕美、(下段左から)鈴木杏、ブルゾンちえみ、花乃まりあ、シルビア・グラブ

(上段)鈴木裕美、(下段左から)鈴木杏、ブルゾンちえみ、花乃まりあ、シルビア・グラブ

本公演は7月12日(金)から14日(日)まで、杜のホールはしもと・ホール(神奈川県相模原市)でプレビュー公演を実施。その後、新潟、福島などをめぐり、31日(水)から8月11日(日)まで、シアタークリエ(東京都千代田区)、8月16日(金)から18日(日)までサンケイホールブリーゼ(大阪府大阪市)など各地で上演される。

取材・文・撮影=Ayano Nishimura

公演情報

KERA CROSS 第一弾
『フローズン・ビーチ』

 
作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 
演出:鈴木裕美  
出演:鈴木杏、ブルゾンちえみ、花乃まりあ、シルビア・グラブ
 
日程:2019年7月31日(水) ~8月11日(日)
場所:シアタークリエ
 
チケット料金:9,000円(全席指定・税込)
 
<ツアー公演>
<神奈川・橋本プレビュー公演>7月12日(金)〜14日(日) 杜のホールはしもと・ホール 
<新潟公演>7月25 日(木) 19:00 開演 長岡市立劇場 大ホール  
<福島公演>7月28 日(日) 13:00 開演 いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール
<東京公演>7月31日(水) 〜8月11日(日) シアタークリエ
<大阪公演>8月16日(金)〜18日(日) 大阪・サンケイホールブリーゼ
<静岡公演>8月21日(水) 18:30開演 静岡市清水文化会館マリナート
<愛知公演>8月23日(金) 18:30開演 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
<高知公演>8月28日(水) 13:30開演/18:30開演 須崎市立市民文化会館 大ホール
<高松公演>8月31日(土) 13:00開演 レクザムホール(香川県県民ホール) 小ホール  
 
オフィシャルサイト
https://www.keracross.com
シェア / 保存先を選択