NODA・MAP『Q』で20年ぶりに野田作品に出演する羽野晶紀に聞く「50歳になった自分に、ここで何ができるのか楽しみです」

インタビュー
舞台
2019.7.30
羽野晶紀

羽野晶紀

画像を全て表示(5件)

Queenの傑作アルバム『オペラ座の夜』の全楽曲を使って、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』の後日談を見せる──これだけでも驚きのアイディアなのに、それを手がけるのがあの野田秀樹ということで、情報が解禁されるや否や日本中の演劇ファン(+Queenファン)を震撼とさせた、NODA・MAPの新作『Q』: A Night At The Kabuki。出演者の方も、実は野田作品初出演の上川隆也や、舞台自体が初挑戦の広瀬すずなど、トピックに事欠かないラインアップとなっているが、羽野晶紀の出演も注目すべき所だろう。80年代に「劇団☆新感線」で演劇活動を始め、チャーミングな声と容姿+硬軟自在の演技力で、たちまち人気女優に。結婚&子育てでしばらく活動をセーブしていたが、2017年に『髑髏城の七人~Season月《下弦の月》』で、17年ぶりに新感線作品に出演し、衰えぬ存在感を見せつけた。そこから続けてNODA・MAPに出演することで、舞台活動本格復帰にグッと弾みが付くだろう。地元の大阪で会見を行った羽野に、久々の野田作品出演の意気込みや、現時点で判明している新作の内容について直撃。会見での発言も交えつつ、紹介する。

■27年前と同じ役をやって、年を取るのも悪くないなと思いました

──NODA・MAPの出演は、何と21年ぶりとなりますが、今の心境は。

結婚と出産を経て、舞台から遠ざかっていたんですけど、こうやってもう一度NODA・MAPに出られるのは夢のようです。一昨年にリハビリを兼ねて(笑)、劇団(☆新感線)の公演に出て。大きな舞台だったので、体力的に戻すのが大変だったんですけど、それも面白かったですね。NODA・MAPも結構体力勝負なのでどうなるか? と思いますけど、今は楽しみで仕方がないって感じです。

──『《下弦の月》』を拝見しましたが、すごく母性の強さを感じる、他の方たちとはまた違う極楽太夫像だと思いました。

極楽は(1990年の)初演で演じて、そこから27年開いてたんですけど、案外すんなりできたのが、自分でも驚きました。若い時の記憶って、結構残ってるんですね(笑)。でも、何が昔と違っていたかっていうと、当時の極楽は私への当て書きだったというのもあって、その時の感覚でやれた役だったんです。でもこの年齢になって改めてやると、その時気づかなかったものに気づいたり、周りのこともいろいろ見られるようになっていて。自分がある程度、歳を重ねてから、もう一度昔やった役を演じられるのはすごくありがたかったですし、歳を取るのも悪くないなと思いました。

羽野晶紀

羽野晶紀

──今回は野田さんから、直接「出てほしい」とオファーがあったんでしょうか?

そうですね、マネージャーにね。過去にも野田さんからは「すごく良い話で、ちょうどいい役があるんだよー」って感じで、結構軽く声をかけていただいたなと(笑)。『キル』(94年)、『TABOO』(96年)、『ローリング・ストーン』(98年)に出させていただいたんですけど、全部本当に「やってよかった」と思える舞台だったので、今回もまったく信頼し切って参加を決めました。その時点で、Queenの曲を使うことは聞いてましたけど、内容はまったくわかってなかったです。まずはこの芝居に向けてのワークショップに参加したんですけど、12世紀の日本が舞台の話なのに内容は『ロミオとジュリエット』で、さらにQueenの曲を使ってと、本当にいろいろミックスしながらのワークショップでした。

──要素が多すぎて混乱しそうですね。

混乱しますよー。だってジュリエットが2人いるし、ロミオも2人いるし(笑)。私もジュリエットをやったり乳母やったりお母さん役をやったり、名もない一兵士をやったりと、本当にいろいろやったので。

──それって一体、どんなワークショップだったんですか?

野田さんが数シーンをザックリ書いた台本を持ってきて、「このシーンをどう作るのか?」というのをグループに分かれて考えて、発表し合うという。ふと気がつくと、周りは私より若いメンバーばかりだったんですけど(笑)、みんなで一緒に「どんなふうに動こうか」「何を使って表現しようか」と考えました。その中でいろんなキャラクターを演じるだけじゃなくて、景色……たとえば波ね。波になって、それが突然風になって、そこから兵士になってお母さんになる、みたいな演技もやりました。

──舞台初出演ということで注目されている広瀬すずさんを始め、共演者の皆さんの印象はいかがですか?

すずちゃんはねえ、本当に「天才か?!」って感じ。すっごく柔軟で頼りになるし、運動神経もすごいし。たまたま稽古場にフラフープがあったんですけど、誰よりもすごく回せるの、すずちゃんが。私もコツを教えてもらって、ちょっと回せるようになりました。ほかの皆さんも、とっても素敵な仲間ばかりで。私は長いこと舞台を休んでいたので「演劇界には、こんなに素敵な人たちが、いっぱい育ってるんだなあ」と思ったし刺激を受けましたね。若くても頼りになる人ばかりなので、逆にしばらく舞台に出てなかった、私の方が心配されるんじゃないかな(笑)。

■Queenは何か異彩を放ってて、そのインパクトが面白かったです。

羽野晶紀

羽野晶紀

──今回の芝居のキーとなるのが『ロミオとジュリエット』ですが、羽野さんはジュリエットを演じたことがありましたね。(ちなみにロミオ役は、後に夫となる和泉元彌)

あの時は28歳だったのかな? そんな年齢の自分が、14歳の役をやるって、めっちゃ恥ずかしかったです。当時は「なんでこんなに世界中で長い間『ロミジュリ』が上演されてるの?」と思ってたんですけど、実際にやってみたら「13・4歳ぐらいのめちゃくちゃ純粋な女子」を演じるのと演じていないのでは、女優として全然違ってくるだろうなって。

──当時羽野さんにインタビューをした時、ジュリエット役について「死んでもいいと思うほど人を愛する役を演じたのは、すごく貴重な経験だった」という話をされていたのが、今も印象に残ってるんです。

そうですか。「この恋が終わったら人生終わり」ってぐらいに人を好きになることってなかなかないけど、やっぱり初めての恋愛で純粋な2人だからこそ、それができたんだなって。ジュリエットってやれる年齢の限界があって、歳を取るとなかなかできないので、自分が若いうちにやれたのは本当に良かったと思いますし「やれる機会があるなら、絶対やった方がいい」って、若い人には言ってます。今回まだ配役は決まってないので、自分の今の年齢だと『ロミジュリ』をやるならどの役だろう? って、ときどき考えますね。え、乳母? え、キャピュレット夫人? って……どっちが面白いと思います?(笑)

──いやあ、どっちも見てみたいです。さらに今回、もう一つ大きな要素となるのがQueenのサウンドですが、Queenには思い入れはありますか?

私が高校生の時は、ちょうどMTV(注:洋楽PVの専門チャンネル。1980年代には日本でも、一部が地上波で放映されていた)が大ブームで、ビデオに撮った番組をカセットテープに起こして、本当にすり切れるまで聴くという時代でした。私はBon Joviが大好きだったんですけど(笑)、Queenも好きでしたね。ワークショップでも曲を聴いて「懐かしいなあ」って思ってました。だけどやっぱり、あの時代でもQueenだけちょっと特別っていうか、何かめちゃくちゃロックって感じじゃなかったですよね?

──映画『ボヘミアン・ラプソディ』で、メンバーたちが「Queenは定義できない」みたいなことを言ってましたけど、まさにそんな存在でした。

そうそう。「何なんだろう? この人たちは」っていうような、何か異彩を放ってて。そのインパクトが高校生にとってはすごかったし、面白いなあと思ってました。

羽野晶紀

羽野晶紀

──ワークショップを通じて、野田さんの世界とQueenの音楽の化学反応を、何か感じたりしましたか?

うーん……そこはまだ私も「どうするんだろう?」って感じです。『オペラ座の夜』の中にはたくさんの曲があるから、どんなシーンでどの曲を使うのかも分からないですし。というか、歌詞の世界とお話が同じような感じになるのかのも分からないですね。多分違うんじゃないかなあ? だからその辺りは逆に、私もお客さんと同じように楽しみにしている所があります。

──Queenファンもまた、そこは大変楽しみにしているでしょうし。

そうですよね。『ボヘミアン・ラプソディ』も「自分は懐かしいけれど、どうなのかな?」と思いながら、高校と中学の子ども2人を連れて観に行ったんですけど、私以上に子どもが泣いて、私以上にQueenにハマって、それからずっとQueen聴いてるんです(笑)。だから案外、80年代に聴いてた人たちが懐かしがるというよりは、新しい音楽としてすごくQueenにハマってる若い人たちがいるんでしょうね、今は。だからこの舞台も、そういう若い人が増えるんじゃないかと思いますし、私と同じように青春時代にQueenを聞いて過ごした人、昔舞台を見に来られていた方々のお顔も拝見できるといいなあと思います。

──最後に、今の羽野晶紀をどのようにNODA・MAPで活かしていくかという、野望みたいなものはありますか?

今まで出た3作品は、全部20代の独身の時に携われたんですけど、もう一回20年の時を経てのNODA・MAPということで、50歳になった自分がどんな風に動けるのか? 表現できるのか? ということに、結構ワクワクしています。今回ワークショップをやりながら、20代の時に周りで支えてくださっていた、当時50代の方たちのことを思い浮かべてたんです。「あ、このぐらいの体力のしんどさだったのか。じゃあどんな風に、この隙間を埋めてみようか」とか……この年令だからこそ、何ができるのかな? というのを考えてやっていく。そこは本当に、自分でも楽しみです。

ヘアメイク=長船 恵子 スタイリスト=吉田真規子

取材・文=吉永美和子 撮影=田浦ボン

公演情報

NODA・MAP第23回公演 『Q』: A Night At The Kabuki​
Inspired by A Night At The Opera
作・演出 野田秀樹 音楽 QUEEN
 
<CAST>
松たか子 上川隆也
広瀬すず 志尊淳
橋本さとし 小松和重 伊勢佳世 羽野晶紀
野田秀樹 竹中直人
 
<STAFF>
美術:堀尾幸男 照明:服部基 衣裳:ひびのこづえ 美粧:柘植伊佐夫 サウンドデザイン:原摩利彦 音響:藤本純子 振付:井手茂太 舞台監督:瀬﨑将孝
 
東京公演 2019年10月8日(火)-10月15日(火) 東京芸術劇場プレイハウス
大阪公演 2019年10月19日(土)-10月27日(日) 新歌舞伎座
北九州公演 2019年10月31日(木)-11月4日(月・休) 北九州芸術劇場 大ホール
東京公演 2019年11月9日(土)-12月11日(水) 東京芸術劇場プレイハウス
公演日程表→こちら
東京・大阪公演【プレイガイド最速】プレオーダー受付中!
受付期間:7月30日(火)12:00~8月5日(月)23:59
※北九州公演の受付は決まり次第、お知らせいたします。

<東京公演>
■会場:東京芸術劇場プレイハウス
■日程:2019年10月8日(火)-10月15日(火)、2019年11月9日(土)-12月11日(水)
■料金(全席指定・税込):S席12,000円 A席8,500円 サイドシート5,700円※
※25歳以下の方は、サイドシート3,000円にてご購入いただけます。
 
◎福祉サービス:要予約 東京芸術劇場ボックスオフィスまでお問合せください。
TEL:0570-010-296 FAX:03-5944-8651 MAIL:ticket@geigeki.jp
〈視覚障害者のための舞台説明会〉 11/17(日)14:00、11/30(土)14:00
〈聴覚障害者のためのポータブル字幕機提供〉 11/16(土)14:00、12/1(日)14:00
◎託児サービス:定員あり / 事前予約制 / 有料
わらべうた TEL:0120-415-306(平日9:00-17:00)
 
■主催:NODA・MAP (株)ソニー・ミュージックエンターテインメント (株)ソニー・ミュージックパブリッシング
■共催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)〈東京芸術祭2019参加作品〉
■問合せ:NODA・MAP TEL:03-6802-6681 https://www.nodamap.com

<大阪公演>
■会場:新歌舞伎座
■日程:2019年10月13日(土)-10月21日(日)
■料金(全席指定・税込):S席12,000円 A席8,000円 サイドシート5,700円※
※25歳以下の方は、サイドシート3,000円にてご購入いただけます。
■主催:NODA・MAP (株)ソニー・ミュージックエンターテインメント (株)ソニー・ミュージックパブリッシング
■運営協力:キョードー大阪
■問合せ:
NODA・MAP TEL:03-6802-6681 https://www.nodamap.com
キョードーインフォメーション TEL:0570-200-888 http://www.kyodo-osaka.co.jp

<北九州公演>
■会場:北九州芸術劇場 大ホール
■日程:2019年10月31日(木)-11月4日(月・休)
■料金(全席指定・税込):S席12,000円 A席8,500円 サイドシート5,700円※
※25歳以下の方は、北九州芸術劇場でのみサイドシート3,000円にてご購入いただけます。

◎託児サービス:定員あり / 事前予約制(公演日の7日前まで受付) / 有料
TEL:093-562-2655(10:00-18:00)

■主催:(公財)北九州市芸術文化振興財団
■共催:北九州市
■問合せ:北九州芸術劇場 TEL:093-562-2655 http://q-geki.jp

【Information 】                                                                                        
チケット転売禁止法の施行に伴い、チケットの不正転売を防止し、適正な流通を確保するために、本公演のチケットには、ご来場者さまのお名前を印字・表示させていただきます。公演当日ご入場時、「チケットに印字・表示のお名前」と「指定のご本人さま確認書類」が一致していることをチェックし、ご入場に必要な《Qカード》をお渡しします。指定のご本人さま確認書類を忘れずにお持ちください。ご協力よろしくお願いいたします。
※「指定のご本人さま確認書類」とは、各種健康保険証・運転免許証・運転経歴証明書・パスポート・マイナンバーカード・住民基本台帳カード・在留カード・身体障害者手帳・学生証を指します。
※必ず原本をご持参ください。画像やコピー、有効期限切れ、偽造されたもの、借用したものは無効です。

【当日券】 全公演、販売いたします。詳細は各主催へお問合せください。
【高校生割引】1,000円(全席指定・税込 / 事前申込制 / 要学生証)
販売に関する詳細は、2019年8月23日(金)以降、HPでお知らせいたします。

※車いすでご来場のお客様は、スムーズなご案内のため、前日までにご購入席番を各公演のお問合せ先までご連絡ください。
※未就学児はご入場いただけません。
※不正転売やそれを目的とした購入・譲受けは、法律により禁じられています。
※チケットは必ず正規ルートから直接ご購入ください。
 
■協賛:住友生命  近鉄百貨店  近鉄不動産
■企画・製作:NODA・MAP (株)ソニー・ミュージックエンターテインメント (株)ソニー・ミュージックパブリッシング
■公演に関するお問合せ:NODA・MAP TEL:03-6802-6681
シェア / 保存先を選択