今週のビルボード・アルバム・チャート(2019年8月31日付)

コラム
音楽
2019.8.28

※大手レコード会社の洋楽部門での豊富な経験を持つ筆者によるブログ「洋楽天国」提供記事をお届けします。

今週のビルボード・アルバム・チャート(2019年8月31日付)

ラッパーのヤング・サグ(28歳)が初登場1位になった。カッコ内は前週。


1( -) ヤング・サグ「So Much Fun」  131,000枚
2( -) ライオネル・リッチー「Hello From Las Vegas」  65,000枚
3( -) コンピレーション「Quality Control: Control the Streets, Volume 2」 63,000枚
4( 4) ビリー・アイリッシュ「ホエン・ウィー・オール・フォール・アスリープ、
      ホエア・ドゥー・ウィー・ゴー?」  43,000枚
5( 5) エド・シーラン「No.6 コラボレーションズ・プロジェクト」  39,000枚
6( 7) リゾ「Cuz I Love You」  35,000枚
7( 6) クリス・ブラウン「インディゴ」  32,000枚
8( 2) リック・ロス「Port of Miami 2」  29,000枚
9( 9) カリード「Free Spirit」  27,000枚
10(11) ショーン・メンデス「ショーン・メンデス」  27,000枚


1位のヤング・サグはアトランタ出身のラッパー。これがファースト・アルバム。売り上げのうち、実物のCDと有料アルバム・ダウンロードの合計は5,000枚しかない。あとはストリーミング。2位のライオネル・リッチーはコンサート・チケットとのバンドル(同梱)。

3位はクォリティー・コントロール社に所属するラッパーのコンピレーヨン・アルバム。4位のビリー・アイリッシュはセールスが落ちない。まもなく始まるMTVビデオ・ミュージック・アワードで「最優秀ビデオ賞」を受賞したら、セールスは伸びる。5位のエド・シーランもセールスが落ちない。6位のリゾは女性ラッパー。7位のクリス・ブラウンはソウル・シンガー。

8位のリック・ロスは43歳のベテラン・ラッパー。9位のカリードはソウル・シンガー。10位のショーン・メンデスはカミラ・カベロとのデュエット曲「セニョリータ」が大ヒット中。

>>2019年8月27日「洋楽天国」より

シェア / 保存先を選択