成河、渡辺大知、門脇麦が役とリンクしながら作品の世界観を表現 『ねじまき鳥クロニクル』のビジュアルが解禁

ニュース
舞台
2019.9.9
 提供:ホリプロ

提供:ホリプロ

画像を全て表示(3件)


2020年2月上旬~3月1日に上演される、村上春樹による長編小説を原作とした舞台『ねじまき鳥クロニクル』。本公演のキービジュアルが解禁となった。

成河、渡辺大知、門脇麦の3人がそれぞれの役柄とリンクしながら作品の世界観を表現した、二種類のビジュアルだ。アートディレクターは、きゃりーぱみゅぱみゅのCDジャケットやラフォーレ原宿の広告などでアートディレクションを手掛け独創的なビジュアルを生み出している、スティーブ・ナカムラ(STEVE NAKAMURA)。

成河と渡辺の二人が演じるのは、職無し、妻は失踪……人生行き詰まりの主人公、岡田トオル。Wキャストではなく、二人で岡田トオルという人間の多面性を表現していく演出となる。スティーブ・ナカムラはこの、世界の表と裏を表現するために「主人公のトオル自身に存在する悪が床の下から覗き込んでいる。リアリティとフィクションの世界観をビジュアルで表現した」という。そして門脇演じる不登校を続ける女子高生の笠原メイが、トオルに寄り添うように佇む、 印象的なビジュアルになっている。

(左より)渡辺大知、 門脇 麦 (中央下)成河  提供:ホリプロ

(左より)渡辺大知、 門脇 麦 (中央下)成河  提供:ホリプロ

また、白い静謐なイメージの裏側を表現するような、黒バージョンも作成されており、本公演の世界観がどんなものになるのか期待が高まるばかりだ。

(後列左より)渡辺大知、 門脇 麦 (前列中央)成河  提供:ホリプロ

(後列左より)渡辺大知、 門脇 麦 (前列中央)成河  提供:ホリプロ

本作の東京公演の先行予約についてや、大阪・愛知公演の情報も公開となったので、公式サイトをチェックしておこう。

■STEVE NAKAMURA (スティーブ·ナカムラ) 
アートディレクター
2015年からラフォーレ原宿の年間広告メインビジュアルのアートディレクターを務める。2016年に食品サンプルをテーマにした写真集『NEARLY ETERNAL』をCLAIRE DE ROUEN BOOKSで出版。SHISEIDO、NIKE、PARCOの広告キャンペーンなどのアートディレクションを担当。 T: THE NEW YORK TIMES STYLE MAGAZINE、アイデア、WALLPAPER*、NOWNESSなどにも作品が掲載された。  

公演情報

『ねじまき鳥クロニクル』
原作:村上春樹
演出・振付・美術:インバル・ピント
脚本・演出:アミール・クリガー
脚本・演出:藤田貴大
音楽:大友良英
 
【キャスト】 
<演じる・歌う・踊る>
成河、 渡辺大知、 門脇 麦
大貫勇輔、 徳永えり、 松岡広大、 成田亜佑美、 さとうこうじ、 吹越 満、 銀粉蝶

<特に踊る>
大宮大奨、 加賀谷一肇、 川合ロン、 笹本龍史
東海林靖志、 鈴木美奈子、 西山友貴、 皆川まゆむ (50 音順)

<演奏>
大友良英、 イトケン、 江川良子
■東京公演
日程:2020年2月11日(火・祝)~3月1日(日)
会場:東京芸術劇場プレイハウス
 
料金:S席 11,000円、 A席 8,500円(税込)
一般発売:2019 年 11 月 2 日(土)
※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
 
主催・企画制作:ホリプロ
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
 
■大阪公演
日程:2020年3月7日(土)~3月8日(日)
会場:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
 
料金:12,000円(全席指定・税込)
※未就学児入場不可
 
主催:梅田芸術劇場
お問い合わせ:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 
TEL: 06-6377-3888(10:00~18:00)
 
■愛知公演
日程:2020年3月14日(土)~3月15日(日)
会場:愛知県芸術劇場大ホール
 
料金:S席12,000円、 A席10,000円(全席指定・税込)
※未就学児入場不可
 
主催:メ~テレ、 メ~テレ事業
お問い合せ:メ~テレ事業
TEL:052-331-9966(祝日を除く月-金10:00~18:00)
 
協力:新潮社
後援:イスラエル大使館
■作品公式SNS
作品公式Twitter:@nejimakistage
 
■作品に関するお問い合わせ
ホリプロチケットセンター 03-3490-4949
(平日10:00-18:00 / 土曜10:00~13:00、 日祝・休)
シェア / 保存先を選択