伊礼彼方、昆夏美、小林沙羅らが本番さながらに熱唱!スタクラフェス『クラシック紅白歌合戦』リハーサル現場潜入レポート

レポート
クラシック
舞台
2019.9.27
『クラシック紅白歌合戦』リハーサルの様子

『クラシック紅白歌合戦』リハーサルの様子

画像を全て表示(19件)

 

2019年9月28日(土)、29日(日)の2日間、神奈川・横浜赤レンガ倉庫特設会場にて開催される国内最大の全野外型クラシック音楽祭『STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019(通称:スタクラフェス)』まで、あと数日!そんなある日、スタクラフェス1日目、28日(土)にHARBOR STAGEにて行われる『クラシック紅白歌合戦 オペラからミュージカルへ』のリハーサルが都内スタジオにて行われた。この模様をレポートしよう。


この日集まったのは、北川辰彦(バスバリトン)、小林沙羅(ソプラノ)、西村悟(テノール)の日本を代表する実力派オペラ歌手と、伊礼彼方、昆夏美、エリアンナ、そしてLE VELVETS(宮原浩暢、佐賀龍彦、日野真一郎、佐藤隆紀)という、様々なミュージカルの大作で歌声を聴かせる俳優たち。彼らと、指揮を務める松沼俊彦、そしてSTAND UP! ORCHESTRAメンバーが一同に会する本番さながらのリハーサルだ。

開始前には笑顔で言葉を交わす場面も

開始前には笑顔で言葉を交わす場面も

まずはALL CASTによるミュージカル『レ・ミゼラブル』メドレー。すでにオーケストラメンバーだけでもぎゅうぎゅう状態のスタジオだが、歌手が加わると一気に華やかさが増す。松沼が全体、そして各パートに細かく指示を出したあと、楽器が重厚かつ壮大になり出した。

まずはエリアンナがファンティーヌの代表曲「夢やぶれて」を豊かな声量で伸びやかに歌い上げる。エリアンナはダイナミックでソウルフルな歌声の持ち主だが、この楽曲ではしっかりとチャンネルをファンティーヌに合わせ、それでいてエリアンナらしさを忘れない歌を聴かせていた。

エリアンナ

エリアンナ

エリアンナが歌い終わると、次のナンバー「星よ」の前奏が鳴り出す。すっと席を立ち豊かな声で歌い出したのは伊礼。先日まで『レ・ミゼラブル』で自身初となるジャベール役を務めあげた事が自信に繋がったようなその歌声はドラマティック。今まさに上演中かと思うくらいだった。

伊礼彼方

伊礼彼方

続いて『レ・ミゼラブル』で主演ジャン・バルジャン役を務めた佐藤が「彼を帰して」を非常に静かに、厳かに歌い出す。その歌声は徐々にボリュームを高め、大勢のオーケストラの音量をしのぐほど、太くたくましく、そして鮮やかに歌い上げる。先の伊礼共々、ここが帝国劇場ではないかと錯覚するくらい、舞台の名場面が脳裏によみがえるようだった。

佐藤隆紀

佐藤隆紀

そして『レ・ミゼラブル』で2013年からエポニーヌ役を務めている昆が、「オン・マイ・オウン」をマリウスへの愛とその想いが伝わらない切なさを垣間見せながら、深く歌い上げると、そこからあの「ワン・デイ・モア」のイントロへ。

昆夏美

昆夏美

バルジャン佐藤が歌い出した後、日野がマリウスのパートを、そして小林がコゼットのパートを重ねる。アンジョルラスのパートは佐賀がリードを取り、宮原が追いかける。

日野真一郎(LE VELVETS)

日野真一郎(LE VELVETS)

小林沙羅(ソプラノ)

小林沙羅(ソプラノ)

何度か佐藤の声が響く度に伊礼がシブく、そしてテナルディエ夫妻のパートを北川とエリアンナがユーモアいっぱいに繰り広げ、最後に西村が加わり大合唱となった。一度最後まで通した後、スタジオに詰めていたスタッフやオケのメンバーから思わず拍手が沸き起こっていた。 

左から エリアンナ、北川辰彦(バスバリトン)

左から エリアンナ、北川辰彦(バスバリトン)

西村悟(テノール)

西村悟(テノール)

ALL CASTの練習が一段落すると、昆のソロコーナーで披露するミュージカル『モーツァルト!』の名曲「僕こそ音楽」の練習が。通常は青年ヴォルフガング役の男性俳優によって歌われるお馴染みのナンバーが、昆の張りのある歌声を通して非常に新鮮なものに聴こえた。「このままの僕を愛して欲しい」というメッセージも、まっすぐに伝わってくる。

左から 昆夏美、伊礼彼方

左から 昆夏美、伊礼彼方

役者が代わり、今度は伊礼と小林のコンビでミュージカル『オペラ座の怪人』の中からファントムとクリスティーヌのデュエット曲「Point of No Return」が歌われた。「ねちっこくやりますから!」と伊礼が宣言した通り(笑)、先のジャベール以上にドラマティックなファントムになりきって情熱的に歌い上げる伊礼。「僕がねちっこくやることで沙羅さんが爽やかに聴こえるから」と茶目っ気たっぷり。その言葉に小林は笑いつつも伊礼の期待に応えるように凛とした爽やかさをたたえながらクリスティーヌパートを歌った。この二人のコンビで『オペラ座の怪人』そして『ファントム』を観てみたいと思わせるパワーに溢れていた。

伊礼彼方、小林沙羅

伊礼彼方、小林沙羅

小林沙羅(ソプラノ)

小林沙羅(ソプラノ)

なお、演奏中、オケの方ではちょっとしたハプニングが。めったな事では倒れないビオラの駒(弦を支える板)が演奏中に突然バチンと倒れてしまったのだ。「このスタジオにファントムがいるね~」「ファントムがやったかもな~」と伊礼らが口々に呟いていたのは言うまでもない。

伊礼彼方

伊礼彼方

LE VELVETSによる稽古も聞き逃せない。歌劇『トゥーランドット』から「誰も寝てはならぬ」、イタリアのカンツォーネ(民謡)の代表作「オー・ソーレ・ミーオ」、そしてミュージカル『RENT』から「シーズン・オブ・ラブ」。2曲目の「オー・ソーレ・ミーオ」の歌唱前に、「ウチの佐藤が2サビでちょっと仕掛けますから」と他3人が松沼に向かってニヤリと予告。「じゃあこっち(オケ)はその動きに合わせればいいんだよね」と松沼が了承して演奏スタート。佐藤がやった仕掛けとはいったい……!?少なくとも佐藤の仕掛けに一同驚き、笑い、感動の拍手喝采となった事をここに記したい。是非当日会場で体感してほしい。

指揮の松沼と打ち合わせる日野と佐賀。”仕掛け”とは…?!

指揮の松沼と打ち合わせる日野と佐賀。”仕掛け”とは…?!

日野真一郎、宮原浩暢(LE VELVETS)

日野真一郎、宮原浩暢(LE VELVETS)

また、「シーズン・オブ・ラブ」では男4人で男女混成の楽曲をどのように?とワクワクしていたが、佐賀と日野のテノールコンビがハイトーンで女性パートを難なくこなしており、こちらも驚きと共に大きな拍手を浴びていた。

LE VELVETS

LE VELVETS

LE VELVETS

LE VELVETS

この日最後は伊礼のソロコーナー。先の『レ・ミゼラブル』の「星よ」の気になる点を確認した後、『ジキルとハイド』から「ディス・イズ・ザ・モーメント」を熱唱。これもまた、いつか『ジキルとハイド』の舞台上で聴きたくなる事間違いなし!いや、近い将来聴けるのでは?と思わせるくらい堂に入った歌いっぷりだった。


『クラシック紅白歌合戦』では、このほか『トスカ』『愛の妙薬』『蝶々夫人』『ライオンキング』なども披露される。さらに翌29日(日)には『This is ミュージカル』と題して、朝夏まなと、相葉裕樹、宮本笑里(ヴァイオリン)らも加わり、近年話題のミュージカルナンバーが目白押しだ。詳しくは公式サイトをチェック!

取材・文・撮影=こむらさき

公演情報

『イープラス presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019』
 
■開催日時:2019年9月28日(土)29日(日)開場9:30/開演10:30(20:20終演予定)
■会場:横浜赤レンガ倉庫特設会場
■出演者(50音順)
【総合司会】松下奈緒【特別出演】五嶋龍(ヴァイオリン)
【ソリスト】相葉裕樹/朝夏まなと/石若駿(パーカッション)/伊礼彼方/上野耕平(サックス)/エリアンナ/茅野愛衣(声優・トーク出演)/紀平凱成(ピアノ)/北川辰彦(バスバリトン)/鍵盤男子(ピアノデュオ)/五嶋龍(ヴァイオリン)/小林沙羅(ソプラノ)/昆夏美/阪田知樹(ピアノ)/篠原悠那(ヴァイオリン)/反田恭平(ピアノ)/種田梨沙(声優・トーク出演)/TSUKEMEN/DEPAPEPE/NAOTO(ヴァイオリン)/西村悟(テノール)/→Pia-no-jaC←/福間洸太朗(ピアノ)/藤田真央(ピアノ)/藤原道山(尺八)/外村理紗(ヴァイオリン)/松下奈緒(ピアノ)/三浦一馬(バンドネオン)/宮本笑里(ヴァイオリン)/山中惇史(ピアノ)LE VELVETS/大月さゆ・彩花まり・岡本悠紀・吉田萌美・土倉有貴・田川颯眞(Living Room MUSICAL and more)
【指揮】青島広志/松沼俊彦/三ツ橋敬子
【アンサンブル】神奈川フィルハーモニー管弦楽団/シアター オーケストラ トーキョー/STAND UP! ORCHESTRA/神奈川県立弥栄高等学校吹奏楽部・合唱部/川崎市立高津高等学校吹奏楽部 and more…
 
■チケット
【プレミアムシート(指定席)】25,000円
【自由席 エリアA(ブロック指定)】13,800円
【自由席 エリアB(ブロック指定)】9,800円
【芝生エリア(自由)】8,800円
※全て税込み
※芝生エリアはすべてのお客様にご入場いただけます。
※プレミアムシートは指定席、自由席エリアA・Bはブロック指定となります。
※その他の券種については、公式WEBサイトをご覧ください。
 
■主催:イープラス/朝日新聞社
■共催:横浜アーツフェスティバル実行委員会
■特別協賛:GALAXY ENTERTAINMENT
■協賛:クレディセゾン/公益財団法人ソニー音楽財団(Sony Music Foundation)/Aggreko Japan 株式会社
■後援:神奈川県/横浜市文化観光局/tvk/テレビ埼玉/BSフジ/FMヨコハマ/J:COM
■企画制作:イープラス/Zeppライブ/電通
■制作協力:クリエイティブマンプロダクション
■協力:日本クラシック音楽事業協会/ソニー・ミュージックエンタテインメント
 
■「STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019」公式WEBサイト:https://standupclassicfes.jp
■e+(イープラス):https://eplus.jp/
■株式会社イープラス:https://corp.eplus.jp/
シェア / 保存先を選択