中村倫也インタビュー 公式アンバサダーを務める『バンクシーって誰?展』に寄せて思うこと

動画
インタビュー
アート
2021.6.11
中村倫也

中村倫也

画像を全て表示(6件)

神出鬼没の覆面アーティスト・バンクシー。世界各国のストリートを主戦場として活躍するバンクシーのまわりは、いつもセンセーショナルな事件で溢れている。このタイミングで、この場所に、こんな絵を描くのか! という絶妙なシニカルさ。そして、目が飛び出るような超高額で落札されるニュースなど……。多重に用意された仕掛けで人々を驚かせ続けるバンクシーは、まさに、現代アートシーンをリードする存在の一人だと言えるだろう。
そんなバンクシーの足跡をたどる『バンクシーって誰?展』が、2021年8月21日(土)から12月5日(日)まで、天王洲アイルの寺田倉庫G1ビルにて開催される。謎の多いバンクシーの世界へと鑑賞者を誘う公式アンバサダーは、変幻自在の演技で“カメレオン俳優”と称される中村倫也だ。バンクシー作品やアートとの関わりについて、『バンクシーって誰?展』記者発表会直後の中村から話を訊いた。

『バンクシーって誰? 展』

『バンクシーって誰? 展』

俳優・中村倫也と『バンクシーって誰?展』

ーー今回の展覧会の舞台は「アートの街」とも言われる天王洲ですが、天王洲エリアへは行かれたことはありますか?

天王洲で舞台をやったことがあります。でも、それ以外ではあまり行く機会が無かったですね。天王洲と聞いてイメージするのは……倉庫がいっぱいあって、モノレールがあるところ、かな。

ーー展覧会のキャッチコピーは “それはまるで 映画のセットのような展覧会” とのことで、ストリートを再現した体感型の展示となるそうですね。中村さんは、日頃俳優として数多くの映画・ドラマのセットに足を踏み入れていると思いますが、“セットに入る”って、どんな感じがするものですか?

どんな感じ、かぁ…… 。最初の頃は「わあっ!」て思っていたかもしれないけど、今は少し慣れちゃったのかもしれないですね(笑)。ちょっとした通りとか屋外っぽいセットだと「これ画面で見たらバレないのかなー?」って感じることはありますね。間近で見ると「よく作ってあるなぁ」と思うものもあるんですよ。

中村倫也

中村倫也

メッセージとの向き合い方を探って

ーーバンクシーの作品は、メッセージ性を強く感じるものも多いかと思います。本展を通じてその作品に触れるなかで、ハッとしたことや新しい気づきなどはありましたか?

そういう様々な問題が世界で起こってたんだ、っていうことを知る機会にはなりましたね。まあでもなんか……漠然とした答えになっちゃうんですけど、ひとつの面なんでしょうね。

ーーひとつの面とは……モノの見方ってことでしょうか?

バンクシーの作品から何を感じるかは個人の自由だと思うんです。どう受け取るかは人それぞれであって。作品から僕がどう思ったのかより、皆さんがどう解釈するかを大事にして欲しいです。

中村倫也

中村倫也

ーーもしも、世界中のどこにでもバンクシーのようにストリートアートを描いていいと言われたら、どこに描きたいですか?

えっ、描きたいですか? 僕は別に描きたくないです(笑)。考えたこともないなあ。

ーー先ほどの記者発表会で、中村さんは「撮影現場で特徴的な顔立ちの人を見つけると、似顔絵イラストを描いて現場のいろんなところに貼ったりする」とのことでしたが……?

それって多分、剥がして捨てられるからいいんでしょうね。描いたら残っちゃいますからね。残んないほうがいいです(笑)。

中村倫也

中村倫也

アートの力を感じるとき

ーーこれまでにジャンルを問わず、“アートの力” のようなものを感じたことはありますか?

以前、映画のロケでフランスのヴェルサイユ宮殿を訪れたことがあるんですけど、廊下も部屋も全部、天井の絵がすごいんですよ。これだけのもの用意されたら、もうね、ここに君臨する人には頭が上がらなくなるよなって。権力の象徴というか、パワーに圧倒されましたね。

あと、カナダにある教会で見たステンドグラスも印象に残っています。産業革命より前につくられたものだから、一個一個職人さんが手作りしてはめこんだもので、すごく美しいんですよね。そこに自然光が降り注ぐと、息をのむというか。空間に飲み込まれるような……。あのとき、そういう体験があったのを覚えてます。

中村倫也

中村倫也

真摯に、自由に向き合う時間

ーーでは、この展覧会に足を運ぶ方々に、どんなことを受け取ってほしいと思いますか?

鑑賞する人が勝手に解釈して自由に楽しんでもらえたら何よりで。僕はもちろんアンバサダーとして展覧会を広めることはしますけど、僕自身が(鑑賞者に)何を感じてほしいかっていうのは全く無いです。作品の中にはバンクシーの意図が何かしら隠れているかもしれませんけど、別にそれと違うことを皆さんが感じたっていいんじゃないかな。アートってそういう自由があるものだと思います。僕は僕できっと、勝手に解釈してることはたくさんあるし。だから作品と向き合って、自由に感じてほしい。展覧会って、その権利と時間を買うわけですから。

『バンクシーって誰?展』は、2021年8月21日(土)から12月5日(日)まで、天王洲アイルの寺田倉庫G1ビルにて開催。その後、名古屋、大阪、郡山、高岡、福岡での巡回の予定だ。なお、中村は音声ガイドを担当することが決定している(おひとり様税込600円)。アートと対話する豊かな時間を、ぜひ体感してみては。


取材・文=小杉美香 撮影=大橋祐希
衣装協力:コート¥52,800(HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE / ISSEY MIYAKE INC.) 
その他、スタイリスト私物 
スタイリスト 中井綾子(crêpe)
[問い合わせ先] ISSEY MIYAKE INC.(03-5454-1705)

展覧会情報

バンクシーって誰?展
会期:2021年08月21日(土)〜2021年12月05日(日)
会場:寺田倉庫G1ビル
住所:東京都品川区東品川2-6-4
時間:11:00〜20:00 金、土、祝前日は21:00まで
※最終入場は閉館時間の30分前まで
休館日:10月5日(火)、12日(火)、19日(火)
入場料(税込)*本展は、プレイガイドでの事前購入をお願いしております。
前売券・平日:一般1,800円/大学・高校生1,600円/中学・小学生1,100円
前売券・土日祝(日時指定):一般2,000円/大学・高校生1,800円/中学・小学生1,300円
当日券・平日:一般2,000円/大学・高校生1,800円/中学・小学生1,300円
当日券・土日祝(日時指定):一般2,200円/大学・高校生2,000円/中学・小学生1,500円
*未就学児は無料
*販売期間:前売券 5月27日(木)〜8月20日(金)、当日券 8月21日(土)〜12月5日(日)
*土日祝は、①11:00~15:00/②15:00~20:00 (金、土、祝前日は 21:00)までの2部制となります。
『バンクシーって誰?展』公式サイト:https://whoisbanksy.jp/
 
主催:「バンクシーって誰?展」実行委員会
後援:品川区
協賛:寺田倉庫、DNP大日本印刷、損保ジャパン
協力:日本航空、日本通運、TOKYO FM、InterFM897
企画協力:スターヴォックス・エンタテインメント

<音声ガイド引換券>
展覧会アンバサダー中村倫也さんが音声ガイドに挑戦!
本展では、お客様ご自身のお手持ちのスマートフォンでご利用いただける音声ガイドを導入します。
ご利用頂くには入場券とは別に「音声ガイド引換券」の事前購入が必要です。下記プレイガイドからご購入ください。
※スマートフォンとイヤホンまたはヘッドホンをご持参ください。
※ご希望の方には会場にて、専用の音声ガイド機をお貸出しします。
音声ガイドに関する詳細はこちら:https://whoisbanksy.jp/ambassador/
販売期間:5/27(木)〜12/5(日)
販売場所:日テレゼロチケ、イープラス
販売価格:¥600(税込)
 
 
【『バンクシーって誰?展』アンバサダー就任記念 プレゼントキャンペーン】
中村倫也さんのアンバサダー就任を記念して、『バンクシーって誰?展』の前売券をご購入いただいたお客様の中から抽選で、『アンバサダー・中村倫也さんのサイン入り展覧会フライヤー』や『展覧会オリジナルマスク』のプレゼントが当たるキャンペーンを実施します!
<プレゼント>
・中村倫也さんサイン入り 展覧会フライヤー・・・1名様
・展覧会 オリジナルマスク・・・30名様
※ご応募の際、プレゼントの指定はできません。
※プレゼントの発送は7月下旬を予定しています。
※当選者の発表は、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。
 
キャンペーン期間:2021年5月27日(木)~6月13日(日)
キャンペーン応募対象:上記期間内に、『バンクシーって誰?展』前売券をイープラスWEBサイト上で購入した方
※イープラスでキャンペーンに応募する方はWEBでお申込みの際に、アンケートにて「参加希望」にチェックを入れてください。
※ファミリーマート店頭Famiポートご購入の方はキャンペーン対象外となります。予めご了承ください。
※最速割ペア、音声ガイド引換券のみのご購入者はご応募いただけません。
 
シェア / 保存先を選択