極上のオペレッタ「ウィーン・フォルクスオーパー」が来日 お得なプライスで観られる特別チケットも

SPICER
『チャルダーシュの女王』より Photos:Dimo Dimov / Barbara Pálffy / Volksoper Wien

『チャルダーシュの女王』より Photos:Dimo Dimov / Barbara Pálffy / Volksoper Wien

画像を全て表示(3件)

2016年5月14日(土)~5月29日(日)までの期間、「ウィーン・フォルクスオーパー」の来日公演が東京文化会館大ホールにて開催される。

ウィーン・フォルクスオーパーは、音楽の街・ウィーンが誇るオペレッタの殿堂だ。1898年に開館した劇場を祖として、2つの世界大戦を生き抜いてきた名門劇場として知られている。ウィーン・フォルクスオーパーが来日するのは実に4年ぶり。

今回の来日公演では、『チャルダーシュの女王』『こうもり』『メリー・ウィドウ』の3演目が上演される。上演されるオペレッタは“恋の百科事典”とも言われるほどにハッピーエンドで、観る者を幸せな気分にさせてくれる演目ばかり。オーケストラや出演者の技量は、演奏・歌唱力・演技力に優れ、そこに笑顔になる要素も入るのだから、観ればうっとりしてしまう事間違い無しだ。

≫公演の見どころは e+特設ページ でチェック!

 
『こうもり』より Photos:Dimo Dimov / Barbara Pálffy / Volksoper Wien

『こうもり』より Photos:Dimo Dimov / Barbara Pálffy / Volksoper Wien

極上のオペレッタ観劇をお得なプライスでご提供

『メリーウィドウ』より Photos:Dimo Dimov / Barbara Pálffy / Volksoper Wien

『メリーウィドウ』より Photos:Dimo Dimov / Barbara Pálffy / Volksoper Wien

イープラスではこのウィーン・フォルクスオーパーの<プレミアム・エコノミー券>を枚数限定で販売する。1枚につき14,000円の超ご奉仕価格となる。用意される席は3階~4階席が予定されており、通常のエコノミー券に比べて格上の席で公演を楽しむことができる。ぜひこの機会に、オペレッタの神髄を堪能してみてはいかがだろうか。

 

イベント情報
ウィーン・フォルクスオーパー 2016年来日公演

<プレミアム・エコノミー券> 
【抽選制受付】2016年4月27日(水)12:00~5月5日(木)18:00


※一人各作品4枚まで購入可能
※未就学児童の入場不可
※座席指定不可

■『チャルダーシュの女王』(E.カールマン作曲)
指揮:ルドルフ・ビーブル
演出:ロベルト・ヘルツル

【公演日・会場】
5月14日(土)15:00開演
5月15日(日)15:00開演
5月16日(月)15:00開演
東京文化会館(上野)
<プレミアム・エコノミー券> 14,000円



■『こうもり』(J.シュトラウスII作曲)
指揮:アルフレート・エシュヴェ、ゲーリット・プリースニッツ
演出:ハインツ・ツェドニク

【公演日・会場】
5月19日(木)18:30開演
5月20日(金)18:30開演
5月21日(土)14:00開演
5月22日(日)14:00開演
東京文化会館(上野)
<プレミアム・エコノミー券> 14,000円


■『メリー・ウィドウ』(F.レハール作曲)
指揮:アルフレート・エシュヴェ
演出:マルコ・アルトゥーロ・マレッリ

【公演日・会場】
5月26日(木)18:30開演
5月27日(金)18:30開演
5月28日(土)14:00開演
5月29日(日)14:00開演
東京文化会館(上野)
<プレミアム・エコノミー券> 14,000円


シェア / 保存先を選択