世界最高の“白鳥の騎士”フォークトが再び降臨! 新国立劇場オペラ『ローエングリン』

神々しい美声、そして端正な容姿で「理想的なローエングリン」と熱狂を巻き起こしたクラウス・フロリアン・フォークト。2012年に新国立劇場が新制作上演、大好評を博したワーグナー『ローエングリン』が4年ぶりに上演され、あのフォークトの“白鳥の騎士”が、再びオペラパレスに舞い降りる! 

 

 

 

08_CHK8260

ワーグナーの『ローエングリン』は、中世の聖杯騎士伝説に基づく、幻想的、神秘的な雰囲気にあふれたロマンティックな作品。なかでも、第1幕の前奏曲、第3幕のローエングリンの名乗りの歌は、天上の音楽というべき崇高な美しさに満ちている。
今回の演出のフォン・シュテークマン、そして美術・光メディア造形・衣裳のロザリエによる美しくモダンなプロダクションは、光と色彩が様々な表情を描き出し、作品の悲劇性を浮き彫りにする。ゆっくりと変化する色彩、強烈な印象を与えるオブジェ、そして斬新な素材とデザインの衣裳は、『ローエングリン』の神秘性を象徴しながら、登場人物の心理の微細な変化を描き出す。謀略、純愛、疑念、そして禁断の問いをめぐる緊迫と喪失の悲劇といった心理に光を当て、ダイナミックに表現したその視覚的効果は、大きな賞賛の的だ。

 

 
09_CHK7472

【物語】


第1幕
東方からの侵略に備えた兵力要請のためドイツ国王ハインリヒがブラバント公国にやってくると、公国に不和が広がっていた。その訳を国王が尋ねると、ブラバント公の跡取りゴットフリート王子を姉のエルザが殺した、とテルラムント伯が告発する。エルザは無実を訴え、夢に見た騎士が現れて自分を救ってくれるはずだと語る。神明裁判でエルザの代わりに戦う騎士を募ると、白鳥の引く小舟に乗った騎士がやってくる。エルザのために遣わされたという美しい騎士は、勝利したら彼女の夫となり国を治めるが、ひとつ約束を守ってほしい、と言う。それは、決して名前や素性を尋ねないこと。エルザは約束を守ると誓う。騎士とテルラムントが戦い、騎士が勝利する。
第2幕
追放されたテルラムントと彼の妻であるオルトルートは、騎士は素性を問われると力を失うと見抜き、復讐に燃える。オルトルートはエルザに、素性を明かさない騎士は突然姿を消すのではないか、と吹き込む。夜が明け、婚礼のため大聖堂へ向かうエルザに、オルトルートは、裁判で騎士が勝ったのは魔法を使ったからだと叫ぶ。騎士はテルラムントに素性を問われるが、エルザ以外に答える必要はないとあしらう。エルザの心は激しく揺れている。
第3幕
結婚式後、初めて2人だけの甘い時を迎えているが、エルザは愛する人を名前で呼べない辛さを訴え、とうとう騎士に名前を尋ねてしまう。騎士は国王の前で素性を語り出す。彼は、パルジファルの息子で聖杯の騎士、名はローエングリン。素性を知られたからには去らねばならないと言う。白鳥の引く小舟にローエングリンが乗り、白鳥の首の鎖をはずすと、ゴットフリート王子が現れる。王子は殺されたのではなく、オルトルートの魔法で白鳥にされていたのだ。ローエングリンが去った後、残されたエルザは悲しみのあまり、くずおれる。


10_CHK8453

世界的に信頼と評価の高い新国立劇場のワーグナー上演だが、今回も比類なき“白鳥の騎士”フォークトをはじめ、最高峰の布陣が集結した。
ハインリヒ国王にはライプツィヒ歌劇場、リヨン歌劇場、トゥールーズ歌劇場、リモージュ歌劇場などに招かれたアンドレアス・バウアーが新国立劇場に初登場。エルザ役はワーグナーや、R.シュトラウス作品で脚光を浴びるマヌエラ・ウール。オルトルート役はバイロイト音楽祭などで長年に渡り活躍する ペトラ・ラング、テルラムント役は昨年の新国立劇場『ばらの騎士』オックス男爵で好評を博したユルゲン・リン、王の伝令には今シーズンの『魔笛』や『イェヌーファ』に出演した萩原潤が扮する。

指揮はワーグナーの第一人者である新国立劇場オペラ芸術監督の飯守泰次郎が務める。ワーグナー・ファンならずとも観ておきたい、奇跡のような『ローエングリン』に大きな期待が集まっている。
 

11_CHK8634
舞台写真はすべて2012年新国立劇場公演『ローエングリン』より。

 

 


〈公演情報〉
新国立劇場2015/2016シーズン

 

 

リヒャルト・ワーグナー
『ローエングリン』全3幕〈ドイツ語上演/字幕付〉
指揮◇飯守泰次郎
演出◇ マティアス・フォン・シュテークマン
出演◇クラウス・フロリアン・フォークト、アンドレアス・バウアー、マヌエラ・ウール、ペトラ・ラング、ユルゲン・リン、萩原 潤 ほか
合唱指揮◇三澤洋史
合唱◇新国立劇場合唱団
演奏◇東京フィルハーモニー交響楽団
●5月23日17時、26日14時、29日14時、6月1日17時、4日14時◎新国立劇場 オペラパレス
〈料金〉S席¥27,000  A席¥21,600  B席¥15,120  C席¥8,640  D席¥5,400  Z席¥1,620(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999(平日10:00-18:00)


※当日学生割引/当日残席がある場合、D席Z席を除くすべての席種について50%割引(要学生証、電話予約不可)本公演については平日夜公演は残席可能性あり。



【文/榊原和子 撮影/三枝近志 写真提供/新国立劇場】

    

演劇キック - 観劇予報
シェア / 保存先を選択