柿澤勇人の熱演が胸に迫る!ミュージカル「ラディアント・ベイビー」公開稽古

SPICER
ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

1980年代のアメリカを代表する芸術家の一人、キース・ヘリングを描いたミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」が6月6日(月)から日比谷シアタークリエにて上演される。初日前日となる5日(日)、同劇場にて公開稽古が行われた。

稽古に先駆けて催された囲み会見には、主人公キース・ヘリングを演じる柿澤勇人、平間壮一、知念里奈、松下洸平、そして演出を務めた岸谷五朗が姿を見せた。

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

翌日の初日を目前にして「やっときたな、という感じと、まだまだ稽古場にいたかったという感じ。長くキース・へリングに触れて、演劇とアートがどう融合されるか、本番をイメージしています」と語る岸谷。

本番に至るまでの1か月半の稽古は、まるでキース・ヘリングの短く激しい生涯のように激しく大変な日々だったそうで、柿澤は「僕たちもキースに追いつけ、追いつかなくっちゃ、という気持ちで食らいついていった。初日が明日が信じられない。楽しく辛くキツかったけど、早くお客さんと時間と空間を共有したい。こんなにワクワクする初日は初めてかも」とあふれる思いを言葉にしていた。柿澤の舞台人生においても「体力的にも精神的にもいちばんキツイ作品。でも妥協せずに(キース・ヘリングとして)ちゃんと生きてちゃんと死にたい。くたばるくらいの勢いでやらないとキースに申し訳ない」と改めて意気込みを見せていた。

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

キースの友人のカメラマン、ツェン・クワン・チーを演じる平間は「カッキー(柿澤)の芝居を見て、キース・へリングってこういう人だったんだな、と思うくらい。キース本人の写真の目の奥がカッキーに見えて鳥肌が立った」とリスペクト。これには柿澤が「ありがとうございます!!」と体育会的なトーンでお礼を述べ、笑いを誘っていた。

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

大変な稽古場における元気の素は?という質問に対し、「スリル・ミー」以来の競演、かつプライベートでも柿澤と仲の良い松下は、「(元気の素は)酒ですかね?稽古の話からキース・ヘリングの話までキャストたちと飲みながら語りあうことが救いだった」と語る。すると柿澤も「ま、酒っすね(笑)」と同意見。そして知念は「稽古前のアップのときに、五朗さんの体操レッスンが元気の源。最初は側転?って状態だったが、徐々に動けるようになってきた」とコメントすると「明日からもやれば?」と岸谷。「え?一人で!?」と慌てる知念だった。

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

公開稽古では、会見で語っていた言葉をすべて証明するかのように、柿澤が出せるすべてのエネルギーをキースという人格に注ぎ込み、客席にたたきつけるような熱い演技を見せていた。おそらく本作は柿澤にとって、今後の役者人生を決定づける大きな一作となるだろう。また、この数年で急速な進化を遂げている平間にとっても、さらに大きく飛躍する一歩になったように思えた。

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

天才が故の孤独と葛藤、愛、天命にあらがうように一つでも多く作品を残そうとするキース・へリング。その激しい生き様や彼と彼の仲間たちのほとばしる想いを全身で受け止めてほしい。日本初演となるこのタイミングを逃さず御覧いただきたい。

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」

公演情報
ミュージカル『ラディアント・ベイビー~キース・へリングの生涯~』
 
■日時・会場:
2016年6月06日(月)~22日(水) 日比谷シアタークリエ
2016年6月25日(土)~26日(日) 森ノ宮ピロティホール

■脚本・歌詞:スチュアート・ロス
■音楽・歌詞:デボラ・バーシャ
■歌詞:アイラ・ガスマン     
■演出:岸谷五朗
■出演:柿澤勇人、平間壮一、知念里奈、松下洸平 ほか
■公式サイト:http://www.tohostage.com/radiantbaby/
 
☆6月8日(水)~10日(金)の合計4公演は「キース・ヘリング スペシャルデイズ」と題し、以下のイベントが行なわれる。
6月8日(水)18:30の回:「ラディアント・ベイビー」×「RENT」スペシャルカーテンコール「Love Heals」
6月9日(木)13:30の回:Stage Photoプレゼント(来場者全員プレゼント)
6月9日(木)18:30の回:Photo with YOU!カーテンコール(キャストが客席を背にして撮影)
6月10日(金)18:30の回:ストラボ東京 ライブ@クリエ(トークイベント)

シェア / 保存先を選択