佐倉綾音、那珂ちゃんのアドリブをカットされる!『劇場版 艦これ』が公開


アニメ映画『劇場版 艦これ』の初日舞台挨拶が11月26日に新宿ピカデリーで開催され、声優の上坂すみれ、藤田咲、井口裕香、佐倉綾音、東山奈央、野水伊織、日高里菜、タニベユミ、大坪由佳、中島愛が登壇した。

実在した艦艇を擬人化した“艦娘”を育成・強化して戦うシミュレーションゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」。本作は、同ゲームを基にしたテレビアニメの劇場版。この日は、藤田が司会を、その相方を井口が務め、会場に集まった“提督”たちに元気に挨拶し、主人公の吹雪を演じた上坂をはじめ、豪華キャスト陣を呼び込んだ。

大歓声で迎えられたキャスト陣は、上映後の会場を見渡して大きな笑顔。一人一人が複数のキャラクターを演じていることでも話題の本シリーズ。今回9艦を演じた東山は、あと1艦でキリのいい数字となったことを悔やむ場面もあり、スタートから「艦これ」らしいトークが展開された。

上坂は、幼いモードや大人になったモードなど様々な吹雪を演じ分けるシーンがあり、自身でも思い出深いシーンになった様子。劇場版からの参加となった中島は、キャスト陣が瞬時に“艦娘”を演じ分けている姿を見て、感動したことを明かしていた。

掛け合いのアドリブはキャスト陣が考えて演じているそうだが、佐倉は、演じた那珂ちゃんのアドリブがほとんどカットされたことを告白。会場もどよめいたが、実はうっすらと「那珂ちゃんも!」というアドリブのセリフが残っているシーンがあるそうで、再度チェックして探してほしいと訴えていた。

また、劇中の難しい用語と格闘したことも明かした佐倉。すかさず藤田が、詳細が解説されたパンフレットの存在をアピールして会場の笑いを誘うなど、にぎやかで抜群のチームワークを見せつけたこの日。最後には、まだ劇場版が完成した実感がないという上坂が、劇場に何度も足を運んで完成を噛み締めたいとしみじみ。それぞれがこれからも「艦これ」を愛してほしいと呼びかけ、熱い拍手とともに舞台挨拶を締めくくった。【取材・文/成田おり枝】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択