V6、いきもの、ゆず、ピコ太郎&渡辺直美ら登場で紅白リハ大詰め

ゆず

ゆず

東京・NHKホールで行われている「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、本日12月31日に最終日を迎えた。

リハーサルの後半は福田こうへいのパートで再開した。彼は「東京五輪音頭」でメインステージから華やかな神輿に乗ってルーフステージへと上がる大掛かりなパフォーマンスをチェック。ここではAKB48や関ジャニ∞のメンバーも応援に駆けつける。続く絢香は黒と赤のシックな衣装で「三日月」を情感たっぷりに歌い上げ、現場の空気を一変させた。郷ひろみの「言えないよ」に入る前には、平野ノラが登場しバブル用語満載のコメントで笑いを誘った。

白組司会の相葉雅紀(嵐)と和やかなトークを繰り広げたV6は、「Smile!メドレー」を届ける。毎回ド派手な演出が話題の水森かおりが歌うのは「越後水原~白鳥飛翔~」。真っ白なロングドレスに映像を投影させるパフォーマンスをチェックしていた。デビュー10周年のいきものがかりは、路上ライブを行っていた頃から歌い続けている楽曲「SAKURA」を、桜の木を模したセットの前で演奏する。

続いて登場したのは、今年逝去した永六輔が作詞した「見上げてごらん夜の星を」に、歌詞を加筆した「見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~」を歌うゆず。演奏前には彼らが永と親交の深い黒柳徹子のもとを訪れた様子が紹介される。前半出演アーティストのリハがすべて終了すると、ゴールドのジャケットとハット姿の二宮和也(嵐)がハイテンションで登場し「紅白 HALFTIME SHOW」の確認へ。ここでは渡辺直美がビヨンセの「Crazy In Love」をセクシーに踊りながら司会者や審査員へと絡む姿も。さらにピコ太郎による「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」に合わせて、渡辺や司会者が振り付けを行っていた。

「第67回NHK紅白歌合戦」は本日12月31日(土)にNHK総合およびNHKラジオ第1で放送される。

NHK総合・NHKラジオ第1「第67回NHK紅白歌合戦」

2016年12月31日(土)19:15~23:45

※5分間の中断ニュースあり

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択