仏像の世界をテーマにした現代美術家・上根拓馬の個展『飛天…APSARAS IN FLIGHT』が開催に

SPICER

画像を全て表示(5件)

上根拓馬による個展『飛天…APSARAS IN FLIGHT』が、2017年2月24日(金)~3月12日(日)にかけてEARTH+GALLERYにて開催される。

上根拓馬は、仏像の世界をテーマにして活躍する現代美術作家。仏教の世界に登場する神々の存在やそれらが持つ宗教観を研究、解釈し、フィギュアとして表現すると共に、それを基にしたインスタレーションを制作している。神々の世界に新たな観念を吹き込み、現代に再現したそれらの作品はGardien(ガーディアン)」と呼ばれている。

「飛天…APSARAS IN FLIGHT」と題された本展では、これまでにないGardien の姿を観賞することができる。また、2月25日に予定されているオープニングでは、音楽家 藤田陽介氏によるコラボレーションイベントを開催する。本展の開催に際して、上根からは下記のコメントが到着している。

飛天

浮遊し・たゆたう・雲に乗り出現するG a r d i e n s
あるものは静かに合掌し、
あるものは持物を高らかに掲げ、
あるものは楽器を手にして音を奏でる。
雲と同じく、自由なる存在。
空に溶け込みながら天空を舞う。
内部に鳳凰を宿しながら光の表現となる。

幼少期といっても、記憶はさだかではない。
頻繁に京都の寺めぐりに連れて行かれ、仏像というものに出会った。
仏像たちの持つバックボーンなどの知識は皆無であったが、そこから発せられる得体の知れない雰囲気・内部から漏れ出る濃密な空気のようなものを感じとり、とても恐怖した記憶が残っている。おそらく子供心に宇宙観というものを感じとっていたのであろうが、当時それが何かはわからず、ただただ心の中に深く刻み込まれたような感覚であった。
同じような時期に興味の対象であったSF 映画の宇宙服やスーツ、そしてジャポニズム的なロボットたち。
それらに対しても、なぜだかわからないが同じような匂いを感じとることがあった。
やがてそれは、恐怖という感情から何やらカッコいいという感情へと変化していったように思う。
人生において、制作というものが大きなウェイトを占めはじめたとき、少し忘れていたその感情たちが目を覚まし始めた。
そこで、深く掘り下げながら作品に落とし込むことをはじめた。
フィギュアを表現手段として、精神性を内側にこめた立体作品をGardien と呼ぶことにした。
それはまさに幼い日に仏像やロボットから感じた『なにか』をダイレクトに表現するための手段であり、さまざまなものを内包する聖櫃・匣の役割をしているのではないかと考えている。
生きていくことで蓄積され続けるさまざまな大切な感覚・『なにか』を、匣であるGardien の中に込めていきたい。

ー上根拓馬ー

 

(※Apsaras アプサラスは、インド神話における水の精で、その名は「水の中で動くもの、雲の海に生きるもの」の意。)

イベント情報
上根拓馬 個展『飛天…APSARAS IN FLIGHT』」

会 期 :2017年2月24日(金)~3月12日(日)
※毎週月曜休廊
時間 :各日11:00~19:00 ※最終日のみ17:00終了 
料金 :無料 
会場 :EARTH+GALLERY 〒135-0042 東京都江東区木場3-18-17 1F
URL :http://earth-plus.net/?p=7755
主催 :EARTH+GALLERY(株式会社アースプラス)

■パフォーマンスLIVEイベント
日時 :2017年2月25日(土)18:00~
入 場 料 :¥1,000(ドリンク、軽食付き)
内 容 :音楽家 藤田陽介 によるコラボレーションパフォーマンスLIVE
シェア / 保存先を選択