『ウルトラセブン』放送50年記念、円谷プロ公認ウルトラマンシリーズ主題歌のロックカバーアルバム発売

SPICER

画像を全て表示(2件)

『ウルトラセブン』放送開始50年にあたる今年2017年、『ウルトラセブン』の主題歌を含む、ウルトラマンシリーズの名曲をロック・アレンジでカバーしたアルバム『ウルトラマン・ザ・ロックス』が4月12日にリリースされることが明らかになった。

ウルトラマンシリーズの曲をカバーするアーティストは、特撮を愛し、特撮を奏で、特撮を広めるべく活動をしている特撮リスペクトバンド、その名も“科楽特奏隊(かがくとくそうたい)”。オワリカラ、THE 夏の魔物、フレンズなど個性派ロックバンドに所属するメンバーが中心となり2012年より活動を開始しており、各地の音楽フェスから特撮ファンイベントまで幅広く出演している。

今作は、円谷プロダクション公認のもとメジャーレーベルよりリリースされるカバーアルバムで、「ウルトラマンの歌」「ウルトラマンタロウ」「帰ってきたウルトラマン」など、過去インディーズでリリースした2作品の収録曲に加え、「ウルトラセブンの歌」「ウルトラマンA」「ウルトラマンX」を含む5曲が新録音にて収録される。まさに“ウルトラマン・オールタイム・ベスト”な内容になるという。

今回のリリースにあたり、科楽特奏隊のボーカル&ギターの北斗ヒョウリは次のようにコメントを寄せている。

「特撮を愛し、特撮を奏で、特撮を広める」をテーマに特撮好きのバンドマンが結集した「科楽特奏隊」。
というと聞こえは良いけど、5年前の僕たちはライブハウスの片隅に集まった変わり者の物好きだった。
でも自分たちが夢中になればなるほど、次々と仲間が現れた。
「実は好きなんです」「子供のころよく見てた」「知らなかったけど好きになった」
それはまるで、この世界に隠れてる「特撮好き」の仲間たちを探し出していくような日々。
そしてたくさんの力を集めて、活動5年目となる今年、ついに円谷プロダクション公認のもと、決定盤となるアルバムをメジャーリリースすることとなりました。
テーマは「ウルトラセブン放送開始50年」、そして「ウルトラマン・オールタイム・ベスト」!
50年以上、この世界に夢を与え続けてくれるウルトラマン。
僕たち「科楽特奏隊」は彼らがくれた夢から全身全霊で覚めないバンドだ。
きみも、まだまだ夢から覚めるのは早いよ!
誰もが知ってる、でもまだ誰も聴いたことのない、ウルトラマン音楽の新しい世界へ、一緒に。

 
リリース情報
科楽特奏隊
アルバム『ウルトラマン・ザ・ロックス』

2017年4月12日発売
TKCA-74498 ¥2,000+税
<収録予定楽曲 / 曲順未定>
・ウルトラセブンの歌(新録)
・ウルトラマンA(新録)
・Brave Love, TIGA (ウルトラマンティガED)(新録)
・ウルトラマンX(新録)
・ウルトラマンパワード(新録)
・ウルトラQメインテーマ
・ウルトラマンの歌    
・帰ってきたウルトラマン
・ウルトラマンタロウ
・ウルトラマンレオ
・ウルトラマン80
・コスモスアドベンチャー (ウルトラマンキッズ 母をたずねて3000万光年)
・ぼくらのグレート (ウルトラマンG)

 

シェア / 保存先を選択