関ジャニ∞安田「返金せえというお客さんがいない舞台にする」と誓う!『俺節』製作発表会

レポート
2017.3.9
(左から)福原充則、中村まこと、福士誠治、高田聖子、シャーロット・ケイト・フォックス、六角精児、西岡德馬、桑原裕子

(左から)福原充則、中村まこと、福士誠治、高田聖子、シャーロット・ケイト・フォックス、六角精児、西岡德馬、桑原裕子


2017年5月より東京・TBS赤坂ACTシアターにて『俺節』が上演される。3月8日(水)コンラッド東京にて製作発表会が行われ、安田章大、シャーロット・ケイト・フォックス福士誠治六角精児高田聖子桑原裕子中村まこと、西岡德馬、そして脚本・演出の福原充則が登壇した。

本作は土田世紀原作漫画「俺節」の舞台化作品。青森県津軽出身の高校生である海鹿耕治(安田)が演歌歌手を目指し、単身で上京し奮闘する物語。

会見では、作品名の『俺節』にちなんで、出演者にとっての“俺節的な曲”にまつわるエピソードが語られた。

主人公の海鹿耕治(コージ)を演じる安田は美空ひばりさんの「川の流れのように」と「愛燦燦 」を挙げた。その理由について「子どもの頃から耳馴染で聞いてました。CDも持っているんです。東京ドーム引退公演で歌い終わった後に、今まで自分が生きてきた人生を語り始めるあの言葉はたまらなくて。知らない若い世代の方、これをきっかけにぜひ聞いてみてください。絶対に心に刺さると思います」と日本を代表する名スターの楽曲を挙げ、熱く語った。

シャーロット・ケイト・フォックス

シャーロット・ケイト・フォックス

主人公の耕治と恋に落ちるテレサ役を演じるシャーロットはヴァン・モリソンの「イントゥ・ザ・ミスティック」を紹介。その理由について「子ども時代や日本にいても故郷を思い出すような曲です」とのこと。

福士誠治

福士誠治

耕治の相棒である南風原太郎(オキナワ)役を演じる福士は嘉門達夫の「替え唄メドレー2」だった。その理由について「俺節的なことではないんですが、小さいときに兄が録音したテープを弟の僕も一緒に聞いていて。その曲が1番最初に録音されていたんですよ。もしかしたら僕の俺節になっているかもしれないですね。いまだに最初から最後まで歌えるんです。この舞台の打ち上げで披露できたらなと思います」とコメント。

六角精児

六角精児

西岡德馬

西岡德馬

その他に、六角はコーヒーカラー「人生に乾杯を!」、高田は欧陽菲菲「恋の十字路」、桑原は矢野顕子「ひとつだけ」、中村は泉谷しげる「春のからっ風」、西岡は石原裕次郎「わが人生に悔いなし」を挙げた。

安田は自身の所属する関ジャニ∞について「関ジャニ∞は僕にとっても1番大事な存在なので、側にいてくれる人たちにどういう仕事をしているのか見てもらいたいです」とメンバーにこの舞台をぜひとも見てきてもらいたいと話した。また「関ジャニ∞の活動はもう13年になりますけど、始まったときはいろいろな扱いでいい待遇ではなかったです。でも、その中でもあがきもがき苦しみながら、先輩たちがいて後輩もどんどん出てくる。俺たちだって頑張って売れたいんだ、関ジャニ∞にしか出来ないことってなんなんだろうって突き詰めながらやってきたことは、この作品のストーリーにも似ているのかなと」と自身と作品についても重ねていた。

『俺節』は東京・TBS赤坂ACTシアターにて5月28日(日)~6月18日(日)、大阪・オリックス劇場にて6月24日(土)~6月30日(金)まで上演される。

取材・文・撮影/鈴木 唯

公演情報
舞台『俺節』

■原作:土田世紀
■脚本・演出:福原充則
■出演:
安田章大 シャーロット・ケイト・フォックス 福士誠治
六角精児 高田聖子 桑原裕子 中村まこと 西岡德馬 他

 
<東京公演>
■日程:2017年5月28日(日)~6月18日(日)
■会場:TBS赤坂ACTシアター
■問合せ:キョードー東京 0570-550-799
■主催:TBS/キョードー東京/イープラス

 
<大阪公演>
■日程:2017年6月24日(土)~30日(金)
■会場:オリックス劇場
■問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888
■主催:MBS/サンライズプロモーション大阪

 
■チケット一斉発売日:2017年3月18日(土)
■チケット料金:S席 11,000円 A席 9,000円(全席指定・税込)
■公式サイト:http://www.orebushi.com/

シェア / 保存先を選択