ミュシャのデザイナーとしての活躍を知る 『FEEL THE Mucha HEART』展が伊藤忠青山アートスクエアで開催に

ニュース
2017.5.16

画像を全て表示(3件)

『FEEL THE Mucha HEART ~民衆のための芸術(デザイン)とチェコへの愛~』展が、2017年6月2日(金)~7月2日(日)にかけて伊藤忠青山アートスクエアにて開催される。

アルフォンス・ミュシャは19世紀末に活躍した画家。チェコを代表する、アール・ヌーヴォー様式の商業デザイナーとしても知られている。

本展は、国立新美術館にて3月8日(水)から行われている『ミュシャ展』の開催記念として実施されるもの。会場では、国立新美術館の『ミュシャ展』とは異なるミュシャの商業ポスター等の作品をメインに展示。「This is the Mucha Style!」、「デザイナーMuchaの活躍」、「チェコへの愛」という3つのテーマに分けて、国内個人コレクター所蔵品を中心にデザイナーとしてのミュシャの活躍を紹介する内容となっている。

「羽根」1899年 OGATAコレクション

「羽根」1899年 OGATAコレクション

「サロン・デ・サンでのミュシャ展」1897年 OZAWAコレクション

「サロン・デ・サンでのミュシャ展」1897年 OZAWAコレクション

 

イベント情報
FEEL THE Mucha HEART ~民衆のための芸術(デザイン)とチェコへの愛~

会期:2017年6月2日(金)~7月2日(日)会期中無休
時間:11:00~19:00
入場料:無料
会場:伊藤忠青山アートスクエア(東京都港区北青山2-3-1 シーアイプラザB1F)
TEL & FAX:03-5772-2913
URL:http://www.itochu-artsquare.jp
 
■会期中イベント
6月3日(土)・4日(日)
ギャラリーツアー「“Mucha HEART”を知ろう」 
各日①11:30~ ②16:00~ 30分程度
参加料:無料 事前申込制(状況次第で当日参加も可)
華やかな作品を多数描いたミュシャの“心”や、“祖国への愛”をテーマに、国内個人コレクター尾形寿行氏が作品を解説します。

6月12日(月)~ (なくなり次第終了)
隠れたHEARTを探せ! 
ミュシャの作品にはハートが描かれていることが多く、ハートは愛や心をあらわすとともに、チェコの国の木であるスラヴ菩提樹を象徴しています。展示作品の中に隠れたハートを探し、ミュシャグッズをゲットしよう!

6月18日(日)・25日(日)
ワークショップ「“Mucha Style”でフラワーアクセサリーを作ろう」 
各日
①13:00~14:00 学生対象(小学生以下は保護者同伴)
②14:30~16:30 大人対象
参加料: ①2500円 ②4500円
定員: ①5名(同伴の保護者含めて10名)②8名 事前申込制
シェア / 保存先を選択