『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』の日本人キャスト、石川直・和田拓也・米所裕夢・藤井麻由にインタビュー

インタビュー
2017.6.2
(左から)藤井麻由・米所裕夢・石川直・和田拓也 (写真撮影:髙村直希)

(左から)藤井麻由・米所裕夢・石川直・和田拓也 (写真撮影:髙村直希)


60種類以上の楽器を使って魅せる音楽パフォーマンス集団の『ブラスト!』。アメリカ発のエンターテイメントだが、2003年に日本で初上演すると忽ち30公演完売という偉業を達成した。その後も日本では公演が重ねられてきたが、昨年は初めてディズニーと融合した『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』を上演。これがたいへんな好評を得たので、今年(2017年)もディズニー音楽で構成することが決定した。このほどSPICEは、今回の『ブラスト!』に出演する日本人キャスト5人のうち、石川直(パーカッション)、和田拓也(ビジュアル・アンサンブル)、米所裕夢(トランペット)、そして新加入の藤井麻由(ビジュアル・アンサンブル/バトン)から話を聞くことができた。


--石川さん、和田さん、米所さんは昨年も出演していますが、昨年の『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』の感想について改めて聞かせてください。

和田 今までのオリジナルの『ブラスト!』から大きく変わって、ディズニー音楽と融合したことで、観客の皆様にとって聴き馴染みのある曲が多くなったと思います。曲のイントロが流れると「あっ、これ知っている曲!」という表情をされている方々が、ステージ上から見えたりするんです。それほどまでにディズニー作品の音楽は大衆性があるんだなと、すごく感じました。自分自身も毎日ハッピーな気持ちで家路につくことが多かったですね。

米所 一言で言うと「良かった」と思います。ディズニー音楽でショーを構成するということで、お客様の幅も広がりました。公演中に、ディズニーのTシャツを着ている方やグッズを持っている方をちらほら見かけました。ディズニーのテーマパークで楽しむことが好きな方々が、このショーをご覧になられているんだなと。そして楽しそうな顔をしているのを幾度となく見てきました。『ブラスト!』とディズニー作品の音楽はマッチしているなと思いましたね。

石川 長年オリジナルの『ブラスト!』をやってきましたが、『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』ですべての曲をガラッと変えて、しかも7週間でそれを仕上げ、お客様に見ていただける状態にする。かなりタイトスケジュールだなと思いましたね。試行錯誤しながらショーを作り上げましたが、お客様に見ていただいた結果、最終的には想像していた以上に喜んでいただけました。それでまず、ほっとしましたね。とりあえず、ここまでなんとか来れたけれど、まだまだ色々できるぞと思いながら昨年はやっていました。

石川直

石川直

--藤井さんは今回初参加ということですが、意気込みはいかがですか?

藤井  『ブラスト!』は今まで何度も観たことがあります。2014年公演の時は2回観に行きました。今まで自分が見る側だった『ブラスト!』のステージに今回立たせていただくというのが大変名誉ですし、なんとも言えない期待とちょっとの不安があります。でも、何よりも嬉しさが今たくさんあります。夢のステージに立てた……いや、立てるんですね、まだ立ててないですからね(笑)。47都道府県で開催とのことで、たくさんの方々と、嬉しさや夢を共有できるようなパフォーマンスができたらなと思います。

--今回の公演のアピールポイントは何ですか?

石川 藤井麻由です。

一同 あははは(笑)

藤井 今回日本人キャストが私を含めて史上最多の5人になりまして、これは日本人にとって、とても嬉しいことだと思います。アメリカで生まれたエンターテイメントで、最初は石川直さんが唯一の日本人キャストとして活躍されていましたが、やがて本庄千穂さん(バトン)、和田拓也さん、米所裕夢さん、と増えて……。見に来てくださる方々が『ブラスト!』に興味を持ち、自分もその舞台に立ちたいと願ったときに、努力すればその夢が実現するんじゃないかという希望を(私たちがいることによって)もたらせるんじゃないかと思うんです。だから、日本人キャスト5人ということにはすごく注目していただきたいです。

藤井麻由

藤井麻由

--今回47都道府県での開催とのことで、皆さんの地元でも公演が行われます。地元での公演というのはどんな心境になりますか?

和田 超上がります!

一同 あははは(笑)。

和田 僕は静岡県出身なので、地元の公演では、知り合いもいますし何よりも家族に見てもらえるというのは嬉しいですね。たくさん心配もかけてきたので、お世話になった多くの人たちに晴れ舞台を見てもらいたいです。

石川 僕は東京都出身なので既に何回も公演をおこなっているんですよ。なので、地元でやっている感覚はほぼゼロなんです。でも、仕事仲間や知り合いが一番見に来てくれる場所でもあるので……超上がります!

一同 あははは(笑)。

米所 僕は兵庫県出身で、公演は神戸でおこないます。僕がトランペットを教わった先輩や恩師がいる地元なので、事前に「行く」という知らせを受けるのがちょっと嫌ですね(笑)。でも、家族や親しい友達、自分を育ててくれた方々に見ていただけるのは……超上がります!(笑)

藤井 私は広島県出身ですが、広島県では2箇所で公演をさせていただくんです。出身は広島県の岡山県寄り、高校は広島県の山口県寄りのほうなので、広域に知り合いがいます。今まで連絡は取っていたけど会うことがなかった人から「観にいく」という連絡が来ました。そういうのが起こり得るのって、こういう機会でもない限り考えられないんじゃないかなと。自分が出るステージを観に来てくれるっていうのは嬉しさもあり恥ずかしさもあり、期待に応えられるかという不安もあります。それでも「観に来てくれる」っていうアクションを起こさせてくれる『ブラスト!』の力はすごいと思いますね。

石川 それを一言で言うと?

藤井 一言で言うと? 難しい……。あっ、超上がります!(笑)

(左から)藤井麻由・米所裕夢・石川直・和田拓也

(左から)藤井麻由・米所裕夢・石川直・和田拓也

--『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』はディズニー音楽との融合とのことで、誰もが知っている名曲がたくさん披露されると思います。見どころや好きな楽曲を教えていただけますか?

米所  『ジャンブルブック』の「君のようになりたい」です。マーチングの新たな可能性がいろいろと含まれている気がします。管楽器のメンバーが楽器をステージ上に置いてダンスをするシーンで、椅子を効果的に使った演出があるんです。椅子を、座るという用途以外にこんなにも活用できるのかと思いましたね。

和田 僕は、『ブラスト!』の管楽器のセクションと打楽器のセクション、ダンサーたちで見せる場面ですね。それが「エレクトリカルパレード」をリミックスした楽曲なんです。前回やったバージョンから今回はさらにブラッシュ・アップして、「エレクトリカルパレード」の楽曲をさらに違ったアプローチにしています。ダンサーのスピード感ある動きや、カラーガード・フラッグやバトンなどの特殊技能がうまくマッチしそうな感じがしますね。

和田拓也

和田拓也

石川  『ムーラン』の「リフレクション」です。米所のホルンでのソロ、本庄のバトン、フルート、数名だけが出てくるシーンです。僕は出ていなくて横で聞いています(笑)。

藤井  『モアナと伝説の海』の「どこまでも~How Far I'll Go」です。映画館へ観に行ったときに、ストーリーよりも音楽を聞いているほうが幸せに感じていたんですね。どの曲も素敵で、その中で主題歌はスッと心に染みてくるものがありました。この曲がまさか『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』で採用されるとは思わなかったので、どんな風になるのかなと期待しています。

--ディズニーと言えば皆さんが子どもの頃から馴染みがあるものだと思いますが、ディズニーの思い出は何かありますか?

石川 初めて行ったディズニーランドが雨でした。

一同 あははは(笑)

石川 物心ついたときに母親が夜寝る前にいろいろと本を読んでくれてたんですけど、その中に「くまのプーさん」があったんですね。小学校のときに飼った犬に、「くまのプーさん」に出てくるクリストファー・ロビンから取ってクリスと名付けました。犬はメスだったんですけど(笑)。

和田 僕は高校の定期演奏会で、自分が引退をするタイミングのときにマーチングバンドで演奏した曲が『ライオンキング』の「サークル・オブ・ライフ」でした。部員全員で映画を見ましたね。今回の公演でもナンバーに入っているので、聴くと当時のことを思い出します。

米所 中学生のときに所属していた吹奏楽部で、マーチングの全国大会に出場しました。その際にディズニーランドでパレードをさせていただきました。ディズニーランドのバックヤードを歩いたのは初めてでした。普段エレクトリカル・パレードがおこなわれているルートを、僕たちが演奏して回ったというのはいまだに覚えていますね。パークの中で演奏するというのは後にも先にも、その1回だけでした。

米所裕夢

米所裕夢

藤井 4歳か5歳のときに初めてディズニーランドに行って、エレクトリカル・パレードを見たんですよね。小さいときってすべての体験が新しいじゃないですか。そのエレクトリカル・パレードを見たときに「世の中にこんな楽しいものがあるんだ」と感動したんですよ。キラキラしているし、楽しいし、何もかもが新鮮でした。大人が見てもエレクトリカル・パレードは楽しいけど、子どもに与える刺激は計り知れないものがあるなと思いましたね。

--最後にこの公演を楽しみにしている全国のファンの方々にメッセージをお願いします。

藤井  『ブラスト!』を楽しみに待っていてくださる方々、ディズニーを楽しみに待っていてくださる方々と、いろいろな方々がいらっしゃると思います。さらに、ちょっとでも「興味があるな」「行ってみようかな」と思う方がいれば、これは絶対に楽しい公演になっているので、迷わず観に来てください。

米所  『ファンタジア』の曲だったり、オーケストラで編成される曲、金管楽器や打楽器のみなど、『ブラスト!』に合わせたアレンジになっています。同じ楽曲でも違ったバージョンになるとどうなるのか、そこを楽しみにしていただければと思います。

和田 曲がまず素晴らしいです。ディズニーの楽曲とコラボレーションをさせていただくということで、それでまずワクワクしていただければなと。ブラストはマーチングバンドが母体になっているので、基本的に我々が立ち止まったり椅子に座ったりというのはないんです。時には演奏者も踊りますし、ステージ上で音楽が動き回っているという感覚です。曲を聴いていただくだけでも楽しいですが、視覚的に音楽が展開されていくので、楽しんでいただける要素がまた1つ増えるんじゃないかと思います。

石川  『ブラスト!』を“パワー充電型エンターテイメント”と呼んでいます。超絶技巧あり統一美ありと、色々な感情を刺激する音楽で、さらには視覚的な刺激がある。この『ブラスト!』にディズニーの音楽が入ってきたことで、情熱や感動に魔法がかかります。まさにマジカルです。鬼に金棒というか、僕らとしてはディズニーが持っている音楽で、『ブラスト!』をもう1つ上の次元に上げてくれたのかなと思っています。楽しくエネルギッシュなところに夢や希望も加わり……言葉にするとありきたりに聞こえるんですが、体感していただくことで魔法にかかると思います。夢や希望、そして絆を感じることができ、幸せになれると。だから、幸せになりたい人はぜひいらしてください。

取材・文=鈴木 唯  写真撮影=髙村直希

公演情報
『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』

■日程・会場
7月
山形公演 2017年7月9日(日)シェルターなんようホール(南陽市文化会館)(プレビュー公演)
北海道公演2017年7月12日(水)~7月13日(木)ニトリ文化ホール
青森公演 2017年7月15日(土)リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
秋田公演 2017年7月16日(日)秋田県民会館
岩手公演 2017年7月17日(月)岩手県民会館 大ホール
山梨公演 2017年7月18日(火)コラニー文化ホール 大ホール(山梨県立県民文化ホール)
千葉公演 2017年7月19日(水)千葉県文化会館 大ホール
神奈川公演2017年7月20日(木)相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館) 大ホール
埼玉公演 2017年7月21日(金)大宮ソニックシティ 大ホール
茨城公演 2017年7月22日(土)茨城県立県民文化センター 大ホール
栃木公演 2017年7月23日(日)栃木県総合文化センター メインホール
群馬公演 2017年7月24日(月)ベイシア文化ホール(群馬県民会館) 大ホール
新潟公演 2017年7月25日(火)新潟県民会館
石川公演 2017年7月26日(水)本多の森ホール
長野公演 2017年7月28日(金)サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)
富山公演 2017年7月29日(土)オーバード・ホール(富山市芸術文化ホール)
福井公演 2017年7月30日(日)福井フェニックス・プラザ
島根公演 2017年7月31日(月)島根県民会館 大ホール
8月
鳥取公演 2017年8月1日(火) とりぎん文化会館 梨花ホール
広島公演 2017年8月3日(木)ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ 大ホール
広島公演 2017年8月6日(日)三次市民ホール きりり
兵庫公演 2017年8月8日(火)神戸国際会館 こくさいホール
奈良公演 2017年8月9日(水)なら100年会館 大ホール
静岡公演 2017年8月10日(木)アクトシティ浜松 大ホール
宮城公演 2017年8月11日(金)~8月12日(土)東京エレクトロンホール宮城
福島公演 2017年8月13日(日)いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール
東京公演 2017年8月15日(火)~8月30日(水)東急シアターオーブ (全23回)
和歌山公演2017年8月31日(木)和歌山県民文化会館 大ホール
9月
大阪公演 2017年9月1日(金)~9月3日(日)オリックス劇場
岐阜公演 2017年9月4日(月)バロー文化ホール(多治見市文化会館)
三重公演 2017年9月5日(火)三重県文化会館 大ホール(三重県総合文化センター内)
愛知公演 2017年9月6日(水)~9月7日(木)日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
京都公演 2017年9月8日(金)ロームシアター京都 メインホール
滋賀公演 2017年9月9日(土)滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
岡山公演 2017年9月12日(火)岡山市民会館
徳島公演 2017年9月13日(水)鳴門市文化会館
高知公演 2017年9月14日(木)高知県立県民文化ホール・オレンジホール
愛媛公演 2017年9月15日(金)松山市民会館 大ホール
香川公演 2017年9月16日(土)レクザムホール 大ホール(香川県県民ホール)
山口公演 2017年9月17日(日)周南市文化会館
鹿児島公演2017年9月18日(月)鹿児島市民文化ホール 第一
大分公演 2017年9月19日(火)iichikoグランシアタ
佐賀公演 2017年9月21日(木)佐賀市文化会館 大ホール
長崎公演 2017年9月22日(金)長崎ブリックホール
福岡公演 2017年9月23日(土)~9月24日(日)福岡サンパレス
宮崎公演 2017年9月25日(月)宮崎市民文化ホール
熊本公演 2017年9月26日(火)熊本県立劇場 演劇ホール
沖縄公演 2017年9月30日(土)~10月1日(日)沖縄コンベンションセンター劇場

ブラスト!ホームページ:http://blast-tour.jp

シェア / 保存先を選択