白井晃演出のミュージカル『アダムス・ファミリー』が再演 3都市巡る

ニュース
2017.7.14

白井晃演出のミュージカル『パルコ・プロデュース ブロードウェイ・ミュージカル アダムス・ファミリー』が、10月28日から神奈川・横浜のKAAT神奈川芸術劇場で上演される。

チャールズ・アダムスの漫画をもとに2010年にブロードウェイで初演されたミュージカル『アダムス・ファミリー』。お化けのアダムス一家と人間のルーカス一家が出会うことによって起こる騒動を描く物語で、原作は映画化、テレビドラマ化もされている。日本では2014年に白井晃の演出で日本初演され、今回の公演はキャストの一部を新たにした再演となる。

アダムス一家の父ゴメス役には初演時に引き続き、橋本さとしがキャスティング。母モーティシア役は初演時でも同役を演じた真琴つばさと新たに参加する壮一帆がダブルキャストで演じるほか、長女ウェンズデー役の昆夏美、長男パグズリー役の庄司ゆらの、執事ラーチ役の澤魁士、モーティシアの母役の梅沢昌代、叔父フェスター役の今井清隆が名を連ねる。人間のルーカス役には村井良大、ルーカスの母アリス役に樹里咲穂、父マル役に戸井勝海がキャスティングされている。

翻訳は目黒条と白井晃、訳詞は森雪之丞が担当。なお同公演は神奈川公演の後に大阪・豊中市立文化芸術センター、富山・富山オーバード・ホールを巡回する。神奈川公演のチケットの一般販売は7月15日からスタート。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択