「戦争と平和」にまつわる特集上映に『この世界の片隅に』『原爆の子』など

特集上映『映画で見る平和への願い』が、8月5日から神奈川・川崎市市民ミュージアムで開催される。

同イベントでは、「広島をめぐる映画たち」と「知られざる戦争の影」の2つのテーマで全10作品を上映。上映作品には、片渕須直監督のアニメーション映画『この世界の片隅に』、GHQの検閲により未公開となった広島の復興を映す記録映画で、2005年に川崎市市民ミュージアムで発見された『平和記念都市ひろしま』、日本で初めて原爆を取り上げたとされる新藤兼人監督の劇映画『原爆の子』、戦前に制作された影絵アニメーション『煙突屋ペロー』、安保闘争の挫折感を抱える男が失踪した知人を探して広島をさまよう様を描いた『河 あの裏切りが重く』などがラインナップしている。上映スケジュールなどの詳細は川崎市市民ミュージアムのオフィシャルサイトで確認しよう。

 

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択