きゃりーぱみゅぱみゅの世界観を世界に発信! 100点以上のアートワークが台湾へ

ニュース
音楽
アート
2017.8.12

画像を全て表示(5件)

きゃりーぱみゅぱみゅの世界を体感できるアートワーク展『KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016 IN TAIPEI』が、台湾・台北にオープンした「華山 Laugh & Peace Factory」にて8月12日〜10月1日の51日間、期間限定で開催される。

8月11日(金)には、アートディレクターのSTEVE NAKAMURA氏が会場に駆け付け、メディア向けに行われた内覧会で作品や展示について「期間中、たくさんの台湾のみなさまに楽しんでいただけたら嬉しいです」と語った。

『KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016 IN TAIPEI』は、きゃりーぱみゅぱみゅの18枚のCDジャケットビジュアルを中心に、撮影で実際に本人が着用した衣装やウィッグ、CDアルバムに付属のフォトブックの未公開作品などとともに、世界中で話題となったアートワークを一挙公開するもの。ポスターやバナー、立体物、顔出し壁面、アートワークの企画書のほか、撮影に使用された衣装やかつら、展示会ならではの参加型の“しかけ展示”など、100点以上の作品を展示している。2011年のデビュー作から2016年までの5年間、一緒に製作してきたアートディレクターのSTEVE
NAKAMURA氏と、きゃりーぱみゅぱみゅの世界を多角的に体感できるアートワーク展となっている。

STEVE NAKAMURA氏は、ラフォーレ原宿の年間広告メインビジュアルのアートディレクターやNIKEのキャンペーンなどを手掛け、時代を象徴するアイコニックなビジュアル表現を生みだしてきた、日本でも注目のアートディレクター。本展は昨年12月に原宿で開催され、9日間で10,000人が来場し、きゃりーぱみゅぱみゅのファンはもちろんのこと、クリエイターやデザイナー、アート関係者の間でも大きな話題となった。

本アートワーク展の開催を記念して、特製ブックカバー付きスペシャルパッケージの『KYARY PAMYU PAMYU ARTWORKS 2011-2016 STEVE NAKAMURA』(idea アイデア special edition)が200部限定で販売されており、STEVE NAKAMURA氏によるアートワーク解説テキストなどが収録されている。

イベント情報
KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016 IN TAIPEI
会 場:華山 Laugh&Peace Factory
    (台北市中正區八德路一段1號 / 1914華山クリエイティブパーク 東3 イベントスペース内)
期 間:2017年8月12日(土)~10月1日(日)
          平日 11:00~18:00  最終入場 17:30  土日祝 11:00~19:00  最終入場 18:30
チケット:台湾ファミリーマート店内のFamiポート、会場ほか にて販売
料金:200元

主催:吉本興業株式会社 / 株式会社MCIPホールディングス
企画・制作:アソビシステム株式会社 /  株式会社ワーナーミュージック・ジャパン
監修:SMILE VEHICLE.INC
製作:大樂行銷有限公司(日本製作:KIRINZI)

★華山Laugh&Peace Factory
様々な分野の魅力的なジャパンカルチャーを台湾のカルチャーと融合させ、日本、アジア、そして世界へと継続的に発信していくコンテンツ発信拠点です。
(運営:吉本興業/MCIPホールディングス)
シェア / 保存先を選択