中村七之助の与三郎役に松本幸四郎と片岡愛之助がアドバイス!? コクーン歌舞伎『切られの与三』製作発表

レポート
舞台
2018.4.16
(左から)木ノ下裕一、中村梅枝、中村七之助、串田和美

(左から)木ノ下裕一、中村梅枝、中村七之助、串田和美

画像を全て表示(9件)

2018年5月9日(水)から東京・Bunkamuraシアターコクーンにて、渋谷・コクーン歌舞伎 第十六弾『切られの与三』の製作発表が行われ、本作に出演する中村七之助中村梅枝、そして演出の串田和美、補綴の木ノ下裕一らが登壇し、今回の演目について紹介した。『切られの与三』とは、与三郎とお富という美男美女が一目惚れの出会いから別れ、そして再会を繰り返していく歌舞伎の演目『与話情浮名横櫛』をベースに、新たな脚本・演出を施されたものだ。

串田和美

串田和美

串田は「元々の『与話情浮名横櫛』はものすごく長い演目であり、“死んだはずだよお富さん”で有名な『源氏店(げんやだな)』の場面の後もさらに物語が続くんです。またストーリーも様々な説があり、一つの物語、一人の人物について見方や角度を変えると全然違って見えてくる演目。これを木ノ下さんと喧々諤々やりあいながら(コクーン歌舞伎版の脚本を)作っているところです」と現在の進捗について触れた。

中村七之助

中村七之助

主人公・与三郎役を演じる七之助は、普段女方を演じることが多いことに触れつつ「立役(男役)は、手探りでしかも不慣れです。冒頭の紹介で『素敵なキャスティング』と言われたのですが、その自信が今のところあまりないですが(笑)、私なりに与三郎役をいいものにできたら。稽古を一生懸命がんばります」と語り、「父が残してくれた宝物、コクーン歌舞伎をやらせていただけることを嬉しく思います」と喜びを見せていた。

中村七之助

中村七之助

七之助は「女方から見るとそれほど執着はないのですが、立役から見ると与三郎はやりたい役の一つだそうで、本作の上演が発表になったとき、真っ先に楽屋に飛び込んできたのは現・(松本)幸四郎さんと(片岡)愛之助だったんです。(与三郎の全身に入っている)『刀傷はこうやって描くんだよ』と聞いてもいないのに教えてくださって(笑)。ああ、思い入れがある役なんだなあと感じました。先人たちが残してくださった想いをどこか腹にしまってやらなきゃいけないなと痛感しています」と責任を感じていた。

中村梅枝

中村梅枝

梅枝は「コクーン歌舞伎初挑戦ということで、非常に不安とワクワクと、いろいろな感情が入り混じっている状況です。お富役を務めますが、女方の先輩である七之助の兄さんが立役ということで、観終わったお客様に『七之助のお富が観たかった』と言われないように(笑)一生懸命務めます。年齢も近い女方の先輩ということで、尊敬している反面、嫉妬もしています。七之助の兄さんにはない、僕の良いところがたぶんあるはず……と思いながらやっていきたいです」とコメントした。

中村梅枝

中村梅枝

木ノ下は、普段は自身が主宰する木下歌舞伎にて、古典歌舞伎の演目をより今様の歌舞伎にアレンジし、上演し続けている。今回脚本の補綴を手掛けることについて「光栄なお仕事をいただき、戦々恐々としております」と挨拶。「小学生のときに読んだ雑誌『演劇界』に出ていた第1回目のコクーン歌舞伎『東海道四谷怪談』の記事に興味を持ったのがきっかけ。おもしろいことを東京でやっているんだなあと感じ、以降2003年あたりからは、毎公演欠かさず拝見してきました」とコクーン歌舞伎とのなれそめを語る。

木ノ下裕一

木ノ下裕一

「古典をやっているが演目の中に出てくる人物と我々現代人が地続きである、そんな手触りがあることにいつも感動しています」とコクーン歌舞伎の魅力に触れつつ、今回の仕事を「死ぬ気でがんばります」と木ノ下は意気込みを見せていた。

なお、今回の公演ポスターのイラストは串田が描いたイラストに様々なコラージュを施したもの。過去上演したコクーン歌舞伎『天日坊』のポスターも串田が手掛けたが、それを七之助が非常に気に入っていたこともあり「今回も串田のイラストで」と決まった模様。「こんなイメージで……とちょこちょこ下書きしたものを使われてしまった。お恥ずかしい限りです」と串田は苦笑していた。

中村七之助、串田和美

中村七之助、串田和美

劇中の音楽も個性的かつ魅力的なのがコクーン歌舞伎。今回の音楽について串田は「『疾走』という言葉がまず頭に浮かびました。走り抜けるというのは『時代』だったり『一人の人間の生き方』でもあったり……それは苦痛や軽快、逃げる、快感ということも絡んでくるでしょう。と共に、ジャズのメロディが頭に浮かんだんです。そういえばコクーン歌舞伎でピアノを使ったことが一度もなかった。ピアノと歌舞伎が向かい合うとどうなるんだろう……ということで『もっと泣いてよフラッパー』(2004年)でご一緒したDr.kyOnにお願いすることとなりました」と経緯を説明していた。

木ノ下裕一、中村梅枝、中村七之助、串田和美

木ノ下裕一、中村梅枝、中村七之助、串田和美

取材・文・撮影=こむらさき

公演情報

渋谷・コクーン歌舞伎 第十六弾『切られの与三』(きられのよさ)
 
日時:2018年5月9日(水)~5月31日(木)
会場:Bunkamuraシアターコクーン
原作:三世瀬川如皐『与話情浮名横櫛』
補綴:木ノ下裕一
演出・美術:串田和美
出演:中村七之助、中村梅枝、中村萬太郎、笹野高史、片岡亀蔵、中村扇雀 ほか
 
【あらすじ】
江戸の大店(おおだな)の息子・与三郎は木更津浜で美しいお富と出会い、互いに一目で恋に落ちる。しかしお富は囲われ者、逢瀬の現場を押さえられ、与三郎は顔も身体もめった斬りにされ、お富は海へ飛び込んでしまう…。
3年後、お富は溺れた自分を助けてくれた男の世話になっている。そこへ蝙蝠安と強請(ゆすり)に来たのは、刀傷を売りにする小悪党に変貌した与三郎だった。一度は夫婦になるものの、またまた引き裂かれてしまう二人。ふとした恋が運命を狂わせていく、その先は…。 

チケット料金: 1等席 13,500円 2等席 8,000円 3等席 4,000円
        立見A(当日券のみ) 3,500円 立見B(当日券のみ) 2,500円
※当日券は、劇場窓口にて、各公演の開演1時間前より販売します。
※立見Bは立見A完売後に販売します。
※3等席は特にご覧になりにくいお席です。ご了承のうえ、ご購入ください。
※1等席~3等席はすべて椅子席です。
 
シェア / 保存先を選択