中河内雅貴が久しぶりの2.5次元舞台に「喜びを実感」 ミュージカル『薄桜鬼 志譚』オフィシャルレポート到着

レポート
舞台
アニメ/ゲーム
2018.5.2
 (C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

画像を全て表示(10件)

シリーズ累計100万本を超えるゲーム『薄桜鬼』を原作とした、“殺陣×ダンス×歌”が融合したミュージカル『薄桜鬼』は、2018年に第2シーズンを迎え、新たに正式名称を「ミュージカル『薄桜鬼 志譚』」と改め始動する事となった。

ミュージカル『薄桜鬼 志譚』からの第1作目となるのは「土方歳三 篇」。脚本は毛利亘宏が手がけた2013年上演の「土方歳三 篇」を使用しつつ、演出にはAND ENDLESS主宰の西田大輔を迎え、土方歳三を演じる主演の和田雅成をはじめ、 土方と対峙する“鬼”の風間千景役には中河内雅貴のほか、ヒロインの雪村千鶴役に新進気鋭の若手女優・森 莉那など、新キャストたちを起用しつつ、続投となる山南敬助役の輝馬、斎藤一役の納谷健、近藤勇役の井俣太良など、個性豊かなキャストたちを迎え、ミュージカル『薄桜鬼』 シリーズに“新しい風”を吹かせる。

5月1日の公演をもって閉幕した明治座特別公演の舞台写真と、先だって行われた囲み会見でのキャストコメントが公式より到着したので紹介する。

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会


(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

土方歳三 役・和田雅成 コメント

今回から『志譚』として新しく生まれ変わり、演出が毛利亘宏さんから西田大輔さんになりましたが、西田さんは稽古中から僕たちに「新しい風を吹かそう」とよく言ってくださいました。言葉だけではなく、実際に「新しい風を吹かす」ためにどれだけのことをしなくてはいけないかというのも全力で伝えてくれて、そのお陰でみんなの中に“新しいものを作ろう”という想いが強くなったと思います。初日のカーテンコールではみんながいい笑顔で「あぁ、新しいミュージカル『薄桜鬼』が生み出せたんじゃないかな」と思いました。明治座という場所に立てるのは役者として本当に幸せなことだと思います。でも、その一方で僕たちにできることは、どの劇場でも変わらないとも思います。僕たちはただその役を、その世界を全力で生きることだけだと思うので、そこは変わらずに、このミュージカル『薄桜鬼という世界の魅力をみなさまにしっかりお伝えできたらなと思います。 

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会


(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

風間千景 役・中河内雅貴 コメント

僕は久しぶりの「2.5次元舞台」ですが、こんなにも多くのお客様に支えられて舞台に立てるという喜びを改めて実感しました。 明治座での公演が始まりますが、僕自身舞台役者として由緒正しい歴史ある劇場で公演できることをとても幸せに思います。また、それと同時に2.5次元舞台をこういった劇場でできるということは新たな風になると思いますし、明治座や普段「2.5次元舞台」を見ない明治座に来ているお客様に「あ、こういう若い役者たちが頑張ってる楽しい舞台があるんだ」ということを知って欲しいです。未熟者ではありますが、精一杯いろいろなお客様にこの作品の素晴らしさをお届けできたらと思います。 

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会


(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

沖田総司 役:山﨑晶吾 コメント

神戸公演を終えて、本当にこのミュージカル『薄桜鬼という作品が愛されているんだなということを改めて感じました。僕は今作から新しく入ったキャストなので、長く続いているこのミュージカル『薄桜鬼という作品の中でこれまでたくさんの方が繋いでくれたバトンをしっかりと受け取り、いいところは引き継ぎ、新しくできるところは新しくしていこうという気持ちでやってきました。今回明治座で公演ができるということですが、僕らは役者として実際にやることは変わらないと思うので、変に特別視せず明治座での公演も神戸公演と同じ気持ちでしっかり頑張りたいなと思います。 

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

斎藤一 役:納谷健 コメント

僕は前作からミュージカル『薄桜鬼』に関わらせていただき、今回が2作目となります。前回は僕も新しい風を吹かそうという気持ちで参加しましたが、今回は『志譚』として全体が新しく生まれ変わるということで、今回は前回とは逆で今までの「薄ミュ」を引き継ぐ役目として、架け橋となるように努めてきました。神戸公演のカーテンコールでは、新しくはなったけれど、これまでのミュージカル『薄桜鬼の魅力もきちんとと引き継がれている、生まれ変わった、ミュージカル『薄桜鬼 志譚』をお客様に楽しんでいただけたということをすごく感じることができました。これから明治座での公演が始まりますが、普段明治座に立っている俳優さんや、作品をリスペクトしつつ、次につながるいいスタートになるような公演にしていきたいなと思います。 

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

近藤勇 役・井俣太良 コメント

僕は今作でシリーズ10作目の出演になるので、どうしても最初は「この作品をしっかり守っていこう」という想いがありました。やはりこれまでみんなが作ってきたものが素晴らしかったし、それを引き継いでいかなきゃならない、という使命感みたいなものがありました。でも、そんな中で西田さんが、“これまでのミュージカル『薄桜鬼』をぶっ壊す”という切り口で演出をして下さり、その中で「ひとつの作品をいろいろな切り口から見ることができるんだ」と思いました。新しい挑戦をすることは演者として非常に楽しいですし、その僕らの「たぎり」みたいなものが舞台にも出ていると確信しております。明治座での公演は、僕からすると「あのミュージカル『薄桜鬼』が明治座に!?」という気持ちです(笑)。でも今回の西田さんが作り出したミュージカル『薄桜鬼 志譚』はとても明治座にもぴったりなものになってるので、ぜひ期待してて欲しいです。

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会


 

公演情報

ミュージカル『薄桜鬼 志譚』土方歳三 篇

【神戸】
2018年4月21日(土)~23日(月)  
新神戸オリエンタル劇場

【東京】
2018年4月28日(土)~5月1日(火)  
明治座(特別公演)


キャスト:
土方歳三 役・和田雅成   雪村千鶴 役・森 莉那/沖田総司 役・山﨑晶吾   斎藤一 役・納谷健   藤堂平助 役・樋口裕太   原田左之助 役・小鳥遊潤 永倉新八 役・岸本勇太   山南敬助 役・輝馬   山崎烝 役・椎名鯛造   近藤勇 役・井俣太良 大鳥圭介 役・橋本汰斗/天霧九寿 役・兼崎健太郎  不知火匡 役・校條拳太朗   雪村綱道 役・川本裕之/風間千景 役・中河内雅貴  他

スタッフ:
原作:オトメイト(アイディアファクトリー・デザインファクトリー)
演出:西田大輔
脚本:毛利亘宏
音楽:佐橋俊彦
振付:本山新之助
殺陣:六本木康弘
 
公式HP: http://www.marv.jp/special/m-hakuoki/ 
公式ブログ: http://m-hakuoki.jugem.jp/ 
公式twitter:@m_hakuoki

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

リリース情報

ミュージカル『薄桜鬼 志譚』土方歳三 篇 
ニコニコ生放送にて“最速ディレイ放送”

2018年5月6 日(日) 20:00 開演 
※明治座 特別公演

http://live.nicovideo.jp/gate/lv312672752  
※ 5月1日(月) 20:00 より公開


ミュージカル『薄桜鬼 志譚』土方歳三 篇 Blu-ray & DVD
発売日:2018年8月29日(水)
仕様: Disc1 本編 / Disc2 特典映像
【Blu-ray】¥9,800 +税 品番:MJBD-40184 
【DVD】¥8,800 +税 品番:MJBD-72292

発売元:株式会社マーベラス 販売元:株式会社アニメイト
シェア / 保存先を選択