ぼくりり、Creepy Nuts、カネコアヤノが『13の理由』インスパイア楽曲を無料公開 命を絶った少女と同級生たちに何を感じたのか?

ニュース
動画
音楽
映画
2018.5.14
ぼくのりりっくのぼうよみ

ぼくのりりっくのぼうよみ

画像を全て表示(8件)

5月18日からシーズン2が配信されるNetflixオリジナルドラマ『13の理由』にインスパイアされた楽曲を、ぼくのりりっくのぼうよみCreepy Nutsカネコアヤノが制作。同ドラマ特設サイトおよびYouTubeにて無料公開している。

『13の理由』は、歌手・女優のセレーナ・ゴメス(Selena Gomez)が原作と出会い、6年以上の歳月をかけて製作総指揮として映像化を実現させたドラマシリーズ。高校生のクレイ・ジェンセン (ディラン・ミネット) がかつて想いを寄せ、2週間前に自殺した同級生のハンナ・ベイカー (キャサリン・ラングフォード)から、カセットテープを受け取るところから始まる物語。ハンナが自殺に至るまでの“13の理由”が吹きこまれたそのテープを聴くうち、クレイはハンナの身に起こった出来事と、自分たちがどう彼女の死に関わっているかを知り、葛藤していく。


ぼくのりりっくのぼうよみら3組のアーティストは、同ドラマのシーズン1を視聴。学校というコミュニティ内での嫉妬や同調圧力、そして自殺といった重い描写の多い同ドラマからインスパイアされた楽曲を制作し、作品のモチーフとなっているカセットテープに吹き込んだ。テープは、5月12日(土)に渋谷で無料配布されている。解禁されたのは、そのインスパイア楽曲だ。

ぼくのりりっくのぼうよみ

ぼくのりりっくのぼうよみ

Creepy Nuts

Creepy Nuts

カネコアヤノ

カネコアヤノ

 

 
 


3組のアーティストによる、楽曲とドラマについてのコメントは以下のとおり。

カネコアヤノ

――今回の楽曲には、どのような気持ちを込めましたか?

ヘルプの声を上げるのも、助け舟を出すのも 少し怖いけれど

晴れてて嬉しいはずの日が 涙で終わってしまわないように

一歩踏み出して、という気持ちです。

 

Creepy Nuts

――今回の楽曲制作にあたり、作品からどのようなインスピレーションを受けましたか?

社会に出れば、いつ何時でも仮面が必要。対仲間 対大人 対異性 対自分にも。作品を見て、誰にでも「仮面」が必要であると感じたことから制作しました。

 

ぼくのりりっくのぼうよみ

――今回の楽曲を通して伝えたいのは、どのようなメッセージでしょうか?

異なった境遇/外見/性格の人間たちが各々の景色を見ていて、意味のない劣等感を抱きます。その結果、些細な理由から誰かを傷つけ貶めることが当たり前になっていく、そんな恐ろしい世界を私達は生きているのではないでしょうか。

Netflixオリジナルシリーズ『13の理由』シーズン2は5月18日より全世界同時オンラインストリーミング。

配信サービス情報

Netflix
190ヵ国以上で1億2500万人のメンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級のオンラインストリーミングサービス。各種受賞作を含むオリジナルコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画など、1日あたり1億4000万時間を超える映画やドラマを配信している。
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/c/NetflixJP
ツイッター(@NetflixJP): https://twitter.com/NetflixJP
フェイスブック:https://www.facebook.com/netflixjp
インスタグラム:https://www.instagram.com/netflixjp/
シェア / 保存先を選択