水曜日のカンパネラ 関係者向けプレゼンでコムアイが“三又交際卒業宣言”など赤裸々トーク

ニュース
音楽
2018.5.16
水曜日のカンパネラ 撮影=SPICE

水曜日のカンパネラ 撮影=SPICE

画像を全て表示(2件)

6月27日(水)に新作EP『ガラパゴス』をリリースする水曜日のカンパネラが、メディア・関係者向けのプレゼンテーションを5月15日(火)に所属レコード会社のワーナーミュージック・ジャパンで行なった。

これはメンバーのコムアイが、日頃から取材の際に“いい質問をしてもらった!”と思ってもその質問はその媒体にしか載らないのはもったいない、と感じていたことから、せっかくなら関係者みんなで“いいとこ取りをしてほしい”との想いから発案、実現したもの。

当日は100名弱の関係者が集まり、水カンの歴史を辿る「これまでの振り返り」、インディーズ時代から水カンを取材してきたライターの三宅正一氏による「公開取材」と題したトークセッション、来場した関係者との質疑応答を実施。

アルバムタイトルの『ガラパゴス』は、ガラパゴス諸島のことではなく、東京や日本に対する想いの比喩としての“ガラパゴス化”という意味であることを、少し緊張した面持ちながらも丁寧に説明するコムアイ。ケンモチは、“今までとは違うものを”というのが水カンの新作制作のテーマであり、2017年の初の武道館公演がテクノロジーを詰め込んだ公演だったこともあり今作は“チルアウト、スピリチュアル、オーガニックサウンド”がテーマであったと説明。

そして『ガラパゴス』収録楽曲1曲ずつのテーマや制作エピソード、ミュージックビデオの制作秘話などを楽曲毎に解説。1曲目の「かぐや姫」は市川崑監督の『竹取物語』がヒントになっていること、2曲目の「南方熊楠」ではコムアイがずっと抱えていた自身のコンプレックスと対峙できたことなどがメンバーの口から語られていき、7曲目の「愛しいものたちへ」では水カン楽曲に脈々と受け継がれていた“人名しばり”が崩れたきっかけについて、「もういいかなと思って」と人名ネタが尽きてきたというシンプルな理由を明かしていた。

水曜日のカンパネラ 撮影=SPICE

水曜日のカンパネラ 撮影=SPICE

三宅氏とのトークセッションでは、数々の海外フェス出演のフィードバックなど、より具体的なテーマに切り込まれていき、「日本では“業界ウケ”はしていると思うけどマーケットを掴むのは難しい」という率直な想いとともに、「同じ種類の人を見つけて、相性のいいところに出ていきたい」とより広い世界での活動を視野に入れていることを明言した。コムアイいわく、海外フェスでの“アウェイ感”が好きだといい、「だから街中で何かするのが好きなのかも」とのこと。

また、恋多き主人公をモデルにした「ピカソ」の話題の際には、楽曲制作当時にコムアイが三又交際をしていたという驚きのエピソードにも触れられ、「人生でできることは試してみようと思って(笑)」と明かしつつ、自身の気持ちを相手に説明してうまくいったときもあったけれど、逆に悲しみを感じたときもあり、様々な想いと経験を経たことを赤裸々に打ち明けて「今はやめました」ときっぱり三又交際卒業を宣言。

そして、「次にやりたいことは?」という問いについては、「ライブ中に幽体離脱をして、客席に行ってみんながどんな顔で見ているのか? 客席から自分の姿も見てみたい」「アジアの伝統的な歌い方をやってみたい。芸を肥やさないと」(コムアイ)、「カニエ・ウエストみたいになりたい(笑)。いま、彼がいちばんロックだと思う。あれくらいヤバいおじさんになりたい」(ケンモチ)と、それぞれに“らしい”抱負を語った。

なお、水曜日のカンパネラは、6月27日(水)に新作EP『ガラパゴス』をリリースした後、6月30日(土)・7月1日(日) に河口湖ステラシアター 野外音楽堂にて『水曜日のカンパネラ・円形劇場公演』を開催する。本公演についてコムアイは、“自然現象、光の反射、水面のゆらぎ”を使いたいと現段階でのプランを語っている。

ライブ情報

水曜日のカンパネラ・円形劇場公演
日程:2018年6月30日(土)・7月1日(日) ※雨天決行・荒天中止
場所:河口湖ステラシアター 野外音楽堂
開場 / 開演:17:00 / 18:00
全席指定:5,500円(税込) 
お子様:2歳以下は無料。親同伴
※ステラシアター会場限定販売有り
 ※雨天決行、荒天中止。
※ステラシアターは野外音楽堂のため、気温等著しく変化する場合がございますので、
予め厚手の衣類を ご用意ください。
雨天の場合は可動屋根を設置し開催。傘のご利用はご遠慮願います。
※チケット掲示にて、富士急ハイランド、冨士観光開発レジャー施設、河口湖オルゴールの森の入場料等が割引になります。詳しくはステラシアターHPまで。
※ご入場の際に年齢確認をさせていただく場合がございますので学生証や年齢の明記された身分証明証をご用意ください。
 

リリース情報

EP『ガラパゴス』
2018年6月27日(水)発売
《CD》WPCL-12888 ¥2,500(税抜)
《アナログ》WPJL-10103 ¥3,500(税抜)
《収録曲》 
01.かぐや姫
02.南方熊楠
03.ピカソ
04.メロス
05.マトリョーシカ
06.見ざる聞かざる言わざる
07.愛しいものたちへ
08.キイロのうた
【EP『ガラパゴス』予約/「見ざる聞かざる言わざる」先行配信】https://wedcamp.lnk.to/galapagosPR
シェア / 保存先を選択