人気声優の諏訪部順一、梶裕貴、豊永利行ら出演 未パッケージ化の伝説の朗読劇『Homunculus~ホムンクルス~』が全国の映画館で上映

ニュース
舞台
アニメ/ゲーム
2018.6.11
(C)READING HIGH

(C)READING HIGH

画像を全て表示(2件)

声優の諏訪部順一梶裕貴豊永利行甲斐田ゆき梅原裕一郎関智一、そして俳優の石黒賢が出演した、音楽朗読劇の新ブランド「READING HIGH」の第一回公演『Homunculus~ホムンクルス~』の映像が、イオンシネマ全国16館にて上映されることが決定した。

本公演は未だパッケージ化されておらず、伝説の朗読劇とファンの間で話題となった作品だ。映画館での上映は初めてで、声優・俳優の名演と美しい旋律の音楽・照明・特殊効果とが重なりあい、幻想的な雰囲気のなか、新感覚で音楽朗読劇を楽しむことができる。数量限定配布となるが、本上映会の来場者特典としてREADIG HIGH特製ステッカーを先着順にプレゼントされることも発表された。

諏訪部順一(シドニウス役)コメント

あの舞台を映画館で!劇場の空気感に近い雰囲気を味わって頂ける上映企画です。生の舞台のときのように、笑って泣いて拍手して……ぜひ臨場感あふれるスタイルでお楽しみ下さい!

諏訪部順一

諏訪部順一

上映情報

『Homunculus~ホムンクルス~』(2017年) 
 
STORY:
舞台は17世紀ヨーロッパ。弟子が見守る中、一人の男の命が潰えようとしていた。ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーは、陶磁器の発明家として弟子たちに慕われていた。しかし、死がまさにベトガーの人生に幕を下ろそうとするその刹那、ベトガーはまるで許しを乞うかのように話を始める。それは、かつてヨーロッパ全土を揺るがした物語「ホムンクルス事件」。人間が人間を作り出すという禁忌に踏み込んだ者たちの物語。

上映会日時:7月14日(土)18:30~20:30
会場:イオンシネマ 全国16館
(シアタス調布、板橋、むさし村山、港北NT、幕張新都心、浦和美園、高崎、新潟南、名取、江別、名古屋茶屋、金沢フォーラス、茨木、加古川、岡山、福岡)

原作・脚本・演出:藤沢文翁
キャスト:諏訪部順一(シドニウス)、梶裕貴(アーベル)、豊永利行(バルド)、甲斐田ゆき(エーレンフリート)、梅原裕一郎(ユリウス)、関智一(ヨハン・ベドガー)、石黒賢(フェルナンド枢機卿)
 
<チケット料金>3,600円(全席指定・消費税込)
<チケット先行販売・一般発売>イープラス
◆プレオーダー受付(抽選先行販売)
受付期間:6/13(水)12:00~6/18(月)23:59
◆一般発売(先着順)
受付開始:7/1(日)12:00~
<当日券> 残席のある場合に限り、各上映劇場のオンライン、またはチケットカウンターにて7/14(土)オープンより先着順にて販売。
 
イープラスチケット受付ページ: http://eplus.jp/homunculus_cinema/
イオンシネマ公式サイト: http://www.aeoncinema.com/
ホムンクルス公式サイト: http://readinghigh.com/homunculus/
シェア / 保存先を選択