2019年1月から放映のTVアニメ「W’z《ウィズ》」の舞台化が決定! 竹中凌平が主演、アニメOP主題歌も担当

ニュース
舞台
アニメ/ゲーム
2018.11.8
 (C)GoHands,Frontier Works/W'z-Project

(C)GoHands,Frontier Works/W'z-Project

画像を全て表示(3件)

2019年1月からMBS、TOKYO MX、TVQ、BS11 ほかで放送が始まる、音楽と映像の新たな融合を生む新アニメプロジェクト「W‘z《ウィズ》」が Stage Project ILLUMINUSによって、2019年4月10日(水)~4月14日(日)シアターサンモールにて舞台化されることが決定した。

本作品はアニメ「K」シリーズや「ハンドシェイカー」のアニメスタジオGoHands、「IM YA MELLOW TONE」シリーズなどで海外ファンも多い、GOON TRAX との掛け算で生み出される新たな映像を、フロンティアワークスの協力のもと制作されるファン待望の作品だ。

Stage Project ILLUMINUS は「インパクトのあるステージを世の中へ」をモットーに先進的な舞台の企画を行うプロジェクトとして、制作会社であるFreeK-Laboratory が2017年1月にスタートした。GoHands、Frontier Works、KADOKAWA の共同原作によるテレビアニメ原作の舞台『ハンドシェイカー』をはじめ、アニメやMV など様々なカテゴリの作品を舞台化したり、斬新な企画性とバリエーション豊かでエンターテインメント性の強い演出スタイルを切り口に、オリジナル作品の舞台公演などを展開している。2018 年はタツノコプロ原作『Infini-T Force』や鉄拳原作パラパラ漫画『家族のはなし』などを舞台化した。 

SPECTACLE STAGE『W’z《ウィズ》』と題された本公演は、舞台『ジュブナイル』の吉田武寛が脚本・演出、『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE、『ツキステ』などに出演した竹中凌平が主演のユキヤ役を務め、アニメ版で主題歌を歌うことも決まっている。

吉田武寛

吉田武寛

 

そして、新たな境地にチャレンジする竹中よりコメントが届いた。

竹中凌平 コメント

竹中凌平

竹中凌平

この度、舞台版『W'z《ウィズ》』での主演を務めさせていただくとともに、TVアニメ「W'z《ウィズ》」の主題歌を担当させていただくことになりました。ドキドキワクワク、初のアニメ主題歌、責任重大ですね。「Reason(リーズン)」を聞いた皆様の目の前に「W'z《ウィズ》」の世界が広がったらとても嬉しいです。少しでも多くの方にこの作品に触れて頂き、更に大きな作品として羽ばたけるよう、精一杯貢献させて頂きます。アニメ、舞台ともに楽しんで頂けるよう頑張ります。お楽しみに。

公演情報

SPECTACLE STAGE『W’z《ウィズ》』

脚本・演出:吉田武寛(LIPS*S, ILLUMINUS) 
 
原案:株式会社GoHands (TVアニメ「W’z《ウィズ》」) 
原作:GoHands×FrontierWorks(TVアニメ「W’z《ウィズ》」) 
協力:GOON TRAX/フロンティアワークス/Am-bitioN 
企画・製作:ILLUMINUS(運営:合同会社FreeK-Laboratry) 
 
出演:竹中凌平 ほか
 
上演期間:2019年4月10日(水)~14日(日) 
上演会場:シアターサンモール

■チケット 
2019年2月中旬一般発売開始予定 
※先行販売も実施予定
 
▼SPECTACLE STAGE『W’z《ウィズ》』
公式Twitter https://twitter.com/Wz_stage 
▼ILLUMINUS公式サイト 
http://www.illuminus-creative.net
シェア / 保存先を選択