小坂涼太郎の坂口安吾がクナイを放つビジュアルが解禁 舞台『文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌』チケットの一般二次先行がスタート

ニュース
舞台
アニメ/ゲーム
2018.11.23
 (C)舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会

(C)舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会

2019年2月21日(木)~28日(木)まで東京・シアター1010、同年3月9日(土)~10日(日)に京都・京都劇場にて、舞台『文豪とアルケミスト 余計者の挽歌』が上演される。先日解禁となった太宰治(平野良)、志賀直哉(谷佳樹)、芥川龍之介(久保田秀敏)のビジュアルに続き、小坂涼太郎が演じる坂口安吾のビジュアルが公開された。

本公演の原作である「文豪とアルケミスト」は、DMM GAMESより配信中の、プレイヤーが特務司書となり再び転生した文豪たちと共に、文学を侵蝕する者たちと戦い、文学の存在を守る任務につく、という文豪転生シミュレーションゲームだ。

解禁されたビジュアルでは小坂涼太郎が演じる坂口安吾の、武器のクナイを放つ躍動感に溢れた瞬間が表現されている。坂口安吾というキャラクターは、平野良演じる太宰治、陳内将の織田作之助と同じ無頼派であり、自らを「偉大な落伍者になる男」と豪語する破天荒で豪快な性格ながら、無頼派の年長者として他の二人を見守る役柄だ。

また、京都での追加公演が決定した公演チケットは、11月23日(金・祝)19:00~より一般二次先行がスタートし、11月27日(火)23:59まで受付中だ。公演は東京・京都と併せて全15公演を上演される。

公演情報

舞台『文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌』
 
【公演日程・場所】
<東京>2019年2月21日(木)~28日(木)  シアター1010
<京都>2019年3月9日(土)~10日(日) 京都劇場
【出演】太宰治:平野良、織田作之助:陳内将、坂口安吾:小坂涼太郎、佐藤春夫:小南光司、中原中也:深澤大河、志賀直哉:谷佳樹、武者小路実篤:杉江大志、江戸川乱歩:和合真一、芥川龍之介:久保田秀敏
 
【公演チケット価格】 8,200円(全席指定/税込)
【チケット販売スケジュール】
一般二次先行 11月23日(金・祝)19:00~27日(火)23:59  
こちらから→http://eplus.jp/bunal/
 
【原作】「文豪とアルケミスト」(DMM GAMES)
【監修】DMM GAMES
【世界観監修】イシイジロウ
【脚本】なるせゆうせい
【演出】吉谷光太郎
【音楽】坂本英城(ノイジークローク) / tak
【振付】MAMORU
【アクション】奥住英明(T.P.O.office)
【制作】ポリゴンマジック
【主催】舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会
 
シェア / 保存先を選択