小澤征爾が指揮した世界最古のクラシック・レーベル、ドイツ・グラモフォン創立120周年記念コンサート音源が全世界緊急リリース

ニュース
クラシック
2019.1.1

円盤式蓄音機(現在のレコードの原型)を発明し、特許を取得したドイツ出身のアメリカ人エミール・ベルリナーが1898年に創立した世界最古のクラシック・レーベル=ドイツ・グラモフォン。2018年に創立120周年を迎え、世界各国で記念コンサートを開催した同レーベルが、12月5日に東京・サントリーホールで実施し、天皇皇后両陛下も観賞された『ドイツ・グラモフォン創立120周年 SPECIAL GALA CONCERT』のコンサート音源を、2019年1月1日に全世界緊急リリースされることが決定した。

日本で開催された本ガラ・コンサートには、“楽壇の帝王“と称された偉大な指揮者=ヘルベルト・フォン・カラヤンに師事し1970年代から数多くの名盤をドイツ・グラモフォンに残してきた指揮者の小澤征爾、同レーベルの看板でもあるヴァイオリンの女王アンネ=ゾフィー・ムター、世界的に高い評価を受け、日本発祥のオーケストラとして唯一グラミー賞受賞暦もあるサイトウ・キネン・オーケストラ、そしてそのサイトウ・キネン・オーケストラを過去3度に渡りゲストコンダクターとして指揮し、国内外で高い人気を誇るベネズエラ出身の指揮者ディエゴ・マテウスが集結、熱演が繰り広げられた。

小澤とアンネ=ゾフィー・ムターの共演が発表されると、ドイツ・グラモフォンの公式SNSへも問い合わせが殺到。チケットが一般発売後10分で完売するなど既に話題になっていた本公演が終了すると、”ヴァイオリンの女王と本物のマエストロの共演“や”偉大なる指揮者“など世界中のSNSでも話題となり、その反響を受け、ドイツ・グラモフォンは同レーベルにとってもきわめて異例なスピードで本公演の模様を収録したCDを全世界緊急リリースする。

ドイツ・グラモフォンの社長であるクレメンス・トラウトマンも今回の異例の緊急リリースに関して「世界中で開催している記念コンサートの中でも特に反響が多く、異例のことですがより多くの人にいち早く聴いていただくために緊急でリリースすることにいたしました」とコメントしている。

ドイツ・グラモフォンは世界最古のクラシック・レーベルとして、今までにヘルベルト・フォン・カラヤン、レナード・バーンスタイン、カルロス・クライバーをはじめとしたクラシック史を代表するスターたちの決定盤をリリースしてきた、まさに名門のレーベルで、同レーベルから自身名義の作品をリリースしている日本人指揮者は小澤征爾のみとなる。小澤にとって今回の作品は1992年にリリースした「プロコフィエフ:交響曲第4番」以来、約27年ぶりとなる自身名義のドイツ・グラモフォン作品となる。

さらに、日本発祥のオーケストラで唯一グラミー受賞暦のあるサイトウ・キネン・オーケストラにとっても、サントリーホールで演奏したのは本公演が史上初となり、東京で演奏するのも約17年11ヶ月ぶりという、大変貴重な記念すべきコンサート音源だ。

そしてライナーノートは、小澤と親交の深い日本を代表する小説家=村上春樹が執筆した。「ドイツ・グラモフォン・ガラ・コンサート-慶賀すべき一夜」と題された約2,000字のライナーが今作品のブックレットに掲載される。異なるジャンルながら、世界中から愛される日本の2大スターのコラボレーションとしても、世界のクラシック・ファンのみならず多くの注目を集めることだろう。  

リリース情報

「ドイツ・グラモフォン創立120周年 SPECIAL GALA CONCERT」
 
■発売日:2019年1月1日
■CD:UCCG-1850/定価¥2,800+税
■小澤征爾/アンネ=ゾフィー・ムター/ディエゴ・マテウス/サイトウ・キネン・オーケストラ
 
■iTunes、ハイレゾなど主要配信サイトでも配信 https://lnk.to/DG120gala
 
<収録曲>
①チャイコフスキー:歌劇《エフゲニー・オネーギン》 作品24 ポロネーズ
②チャイコフスキー:交響曲 第5番 ホ短調 作品64
【指揮:ディエゴ・マテウス / サイトウ・キネン・オーケストラ】
③ベートーヴェン:ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス 第1番 ト長調 作品40
【指揮:ディエゴ・マテウス / サイトウ・キネン・オーケストラ ヴァイオリン独奏:アンネ=ゾフィー・ムター】
④サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ イ短調 作品28
【指揮:小澤征爾 / サイトウ・キネン・オーケストラ  ヴァイオリン独奏:アンネ=ゾフィー・ムター】
 
関連リンク
ユニバーサルミュージック ドイツ・グラモフォン120周年サイト
https://www.universal-music.co.jp/classics/dg120/
ドイツ・グラモフォン公式サイト(英語) 
https://www.deutschegrammophon.com/
シェア / 保存先を選択