映画「アマデウス」の楽曲をオーケストラと合唱団が生演奏 『アマデウスLIVE シネマティック・コンサート』の日本公演が再び決定

ニュース
クラシック
2019.1.17

画像を全て表示(9件)

全世界ロングラン公演中で、史上最高の音楽映画『アマデウスLIVE シネマティック・コンサート』が、2019年2月23日(土)・24日(日)東京芸術劇場 コンサートホールにて決定した。1月11日(金)韓国・ ソウル公演にて通算100回目の公演を達成したコンサートだ。

本公演は、アカデミー賞8部門を受賞した「アマデウス」がステージ上の大スクリーンで上映され、全編に流れるモーツァルトの代表作をオーケストラと合唱団が場面に合わせて迫真の生演奏をする、圧倒的な感動体験のコンサートだ。2016年秋、ロンドンのロイヤル・アルバート・ ホールで満員の聴衆を集め初演されると、瞬く間に大評判となり、パリやプラハなどのヨーロッパの主要都市ではチケットの入手が困難なほどの大成功を収め、シネマティック・ コンサートを代表するヒット作となっており、今、世界中で“ぜったい観たいコンサート” のひとつとして大きな注目を集めている。

「アマデウスLIVE」映画写真

「アマデウスLIVE」映画写真

「アマデウスLIVE」映画写真

「アマデウスLIVE」映画写真

「アマデウスLIVE」映画写真

「アマデウスLIVE」映画写真

「アマデウスLIVE」映画写真

「アマデウスLIVE」映画写真

本公演の期待度は高く、日本を代表する歌舞伎役者・舞踊家 松本白鸚から推薦コメントが届いた。

『物語の主役は男の嫉妬。そして脇役は、 もちろんモーツァルトの美しい音楽です。天賦の才は、「神が愛せし者=アマデウス」 にしか与えられないという不条理は、凡庸な人間を狂おしいまでの葛藤に追い込みます。 そこには人間の真実の姿が克明に描かれていて、心の闇が深ければ深いほど、 旋律は美しく哀しく響きます。20世紀に書かれた最高傑作の戯曲をダイナミックな映像で、 そしてオーケストラとコーラスが奏でる「モーツァルトの宇宙」を、心ゆくまでお楽しみください』

「アマデウスLIVE」映画写真

「アマデウスLIVE」映画写真

「アマデウスLIVE」映画写真

「アマデウスLIVE」映画写真

「アマデウスLIVE」映画写真

「アマデウスLIVE」映画写真

「アマデウスLIVE」映画写真

「アマデウスLIVE」映画写真

物語は、天賦の才能への究極の嫉妬、そして神から選ばれし天才モーツァルトへの復讐のレクイエムを描き、世界中で絶賛の嵐となった本公演を見逃さないにしよう。

公演情報

『アマデウスLIVE シネマティック・コンサート』
 
■日程
2019年2月23日(土) 15:00開演(14:15開場)
2019年2月24日(土) 14:00開演(13:15開場)
 
■会場
東京芸術劇場コンサートホール
 
■料金:(全席指定/税込)
S席 12,000円 A席 10,000円 B席 8,000円
 
■出演
指揮:辻 博之
オーケストラ・アンサンブル金沢
アマデウス特別合唱団
 
※英語上映・日本語字幕付き
コンサート時間:約3時間(途中20分休憩あり)
 
■お問合せ・ご予約
チケットスペース 03-3234-9999
シェア / 保存先を選択