21世紀に羽ばたく若手俳優オーディション開催 脚本・平田オリザ、演出・本広克行の『転校生』が男子校版&女子校版で同時上演

ニュース
舞台
2019.2.28

2019年8月17日(土)〜27日(火)紀伊國屋ホールにて、PARCO Produce『転校生』の男子校バージョン、女子校バージョンが同時上演されることが決定した。公演にあたって、若手俳優発掘プロジェクトと題し、舞台に出演する21名の女優・男優キャスト全員のオーディションも実地される。

2015年、平田オリザ原作の「幕が上がる」を映画、舞台化し、主演のももいろクローバーZを女優として才能や無限の可能性を引き出した、演出家・本広克行。高校演劇部を舞台に高校生たちの群像劇を創り上げた本広が、同年演出したのは平田オリザ戯曲の舞台『転校生』だ。

本作品は1994年青山演劇フェスティバルで初演されて以来、高校演劇のバイブル的戯曲となっている。平田戯曲特有の「同時多発」会話で繰り広げられる、ある高校生たちの一日を描いており、他愛のない日々の会話の中に彼女たちの日常と社会への好奇心、あるいは大人達への不信感、将来への不安を垣間見る戯曲だ。
2015年、若き才能との出逢いを求め、「これから女優としての経験を積んでいきたいと思っている」18歳~27歳の女性を対象に応募資格が設けられ、1474名応募があった。1次審査では、送られたプロフィールを本広が丁寧に審査し、121名に絞られ、二次審査が実施。約40名ずつ3組に分かれてのワークショップオーディションが行われた。グループワークでのワークショップの中で、それぞれが個性を出し合い、熱気溢れるオーディションとなった。そして本広が悩みぬき、21名の出演者が選出された。

そして、「興行」として成立させるために、スターシステムで配役しがちな昨今、パルコは、まだ「俳優」を目指す若き才能のために何か門戸を開きたいという熱い思いと、まだ見ぬ才能との出逢いを求め、2019年夏、キャスト全オーディションにて『転校生』の上演を実施。本作品は女子校が舞台で描かれているが、2019年は女子校版に加え、新たに平田オリザが改定版として男子校バージョンを翻案し、オリジナル女子校版と男子校新版の2バージョンを同時上演する。

21世紀に羽ばたく俳優たちを目指したいと思うなら、まずは本公演で、はじめの一歩を踏み出してみてはどうだろうか。

あらすじ 
ある高校の教室。高校生達の一日。課題図書や近しい人の病気や出産の事が話題になっている。そこへ、「朝起きたらこの学校の生徒になっていた」と言う転校生がやってくる。日々教室で繰り返されている他愛のない会話とともに「生」と「死」が同時に語られていく。転校生を受け入れながら、身近で起きている出来事をとおして、人間の存在の不確かさが浮かび上 がる現代口語演劇の秀作。


『転校生』男子校版&女子校版 オーディション実施概要

募集役柄: 本公演の出演者(女子高生役)21名 (男子高生役)21名

応募資格: 18歳から25歳 男性/女性
これから俳優として経験を積んでいきたいと思っている方。プロを目指している方。
稽古(2019年7月10日からの予定)・本番期間全てに参加できる方。20歳未満の方は保護者の方の同意が必要です。

応募方法: ①履歴書(プロフィール+連絡先電話番号&FAX番号&メールアドレス(PCからメールを受け取れる)、身長・体重・スリーサイズを明記のこと) ②写真2枚(全身及び顔写真)③志望動機
以上①②③をA3又はA4用紙一枚に収まるように作成し、下記宛先までお送りください。
*応募書類はご返却できませんので、予めご了承ください。

宛先: 〒150−0042 東京都渋谷区神泉町8−16 パルコステージ「転校生」オーディション係
*応募書類は必ず郵送にてお送りください。
*お持ち込みの受付はできませんので、ご了承ください。

応募締切:2019年4月18日(木)必着
選考方法:
一次審査:書類選考。通過された方には4月25日(木)までに二次選考のご案内をお送りいたします。
二次審査:実技選考 2019年5月8日(水)、9日(木)実施
二次審査内容:セリフ ワークショップ

公演情報

『転校生』
 
脚本: 平田オリザ 
演出: 本広克行 
企画製作:株式会社パルコ

日程:2019年8月17日(土)~27日(火) 公演回数:18回公演 
会 場:紀伊國屋ホール 

チケット料金(予価):6,000円(全席指定税込) U25チケット 4,000円 
前売開始:2019年6月中旬

公式サイト:www.parco-play.com
シェア / 保存先を選択