中村誠治郎、有澤樟太郎、定本楓馬、山寺宏一出演!舞台『今、僕は六本木の交差点に立つ』稽古場レポート

レポート
舞台
2019.9.4
舞台『今、僕は六本木の交差点に立つ』の稽古場の様子

舞台『今、僕は六本木の交差点に立つ』の稽古場の様子

画像を全て表示(7件)

 

舞台『今、僕は六本木の交差点に立つ』が、2019年9月4日(水)から天王洲 銀河劇場で上演されている。舞台、映画、ドラマを中心に幅広く活躍する中村誠治郎有澤樟太郎定本楓馬山寺宏一という多彩なキャストが出演する。どんな舞台になるのか。開幕を直前に控えた最終稽古を取材した。
 

舞台『今、僕は六本木の交差点に立つ』の稽古場の様子

舞台『今、僕は六本木の交差点に立つ』の稽古場の様子

舞台『今、僕は六本木の交差点に立つ』の稽古場の様子

舞台『今、僕は六本木の交差点に立つ』の稽古場の様子

本作の主人公のモデルとなるのは、プリント基板製造メーカー「キョウデン」を核に、パソコンメーカーSOTEC、大手スーパー長崎屋、大江戸温泉物語など破綻寸前の企業を次々と買収し再生に導いた、経済界の風雲児・橋本ひろしという実在の人物。莫大な富と名声を手に入れた彼は50代になって、突如音楽活動を開始し、六本木のライブハウスで歌い始めた。トーキングブルースと称されるトークと歌が渾然一体となった彼のライブには、多くのファンが集まり、彼の歌に耳を傾ける...。
 

舞台『今、僕は六本木の交差点に立つ』の稽古場の様子

舞台『今、僕は六本木の交差点に立つ』の稽古場の様子

舞台『今、僕は六本木の交差点に立つ』の稽古場の様子

舞台『今、僕は六本木の交差点に立つ』の稽古場の様子

本作『今、僕は六本木の交差点に立つ』は、その橋本ひろしの人生を下敷きに、脚本家の中津留章仁が、ある男の一生をハートフルな人間ドラマとして描いた作品。演出は、黒色綺譚カナリア派を主宰し、劇作家・演出家・女優としても活躍する赤澤ムックが務める。 

この日は通し稽古だった。通し前に、演出の赤澤が「駆け抜けるテンポ、怒涛の半生でお願いします!」と一言。その言葉通り、見終えた後、中村誠治郎が演じる“稲本ふとし”(この物語の主人公だ)の人生を鮮やかに、情熱的に、駆け抜けた感覚があった。
 

舞台『今、僕は六本木の交差点に立つ』の稽古場の様子

舞台『今、僕は六本木の交差点に立つ』の稽古場の様子

1幕2幕合わせて約2時間半(15分休憩を含む)。中村の体当たりで全力の演技や、劇中に披露される『たまるか たまるか たまるか』や『目標』など橋本ひろしの曲、落ち込んでいる人や人生に迷いを感じている人を鼓舞するような人生訓やセリフに心打たれる。モデルとなる橋本ひろしのことを知らなくても、大丈夫。きっと誰もが「あぁ、私も頑張ろう」と前を向くことができる舞台だと思う。
 

舞台『今、僕は六本木の交差点に立つ』の稽古場の様子

舞台『今、僕は六本木の交差点に立つ』の稽古場の様子

有澤樟太郎、定本楓馬、山寺宏一もそれぞれ“稲本ふとし”の人生を描く上で欠かせない役所を担うが、どんな役なのかは本番のお楽しみということにしておこう。公演は、2019年9月8日(日)まで。

取材・文・撮影=五月女菜穂

公演情報

『今、僕は六本木の交差点に立つ』
 
【日程】2019年9月4日(水)~9月8日(日) 
【会場】天王洲 銀河劇場
【脚本】中津留章仁
【演出】赤澤ムック

【出演者】
中村誠治郎
有澤樟太郎
定本楓馬

七木奏音
髙橋洋介
堀越 涼
橘 輝
浅野康之
西川美咲

久ヶ沢 徹
中込佐知子

山寺宏一 ほか

【チケット料金】8,500 円(前売・当日共/全席指定/税込)

【主催】ネルケプランニング
【公演に関するお問合せ】ネルケプランニング TEL:03-3715-5624(平日 11:00~18:00)
【チケットに関するお問合せ】サンライズプロモーション東京 TEL:0570-00-3337(全日 10:00~18:00)

【公式サイト】https://www.nelke.co.jp/stage/roppongi/
【公式Twitter】https://twitter.com/stage_roppongi (@stage_roppongi)
シェア / 保存先を選択