快快 新作公演『ルイ・ルイ』ゲネプロレポート~頭でっかちから抜け出して、歪んだ現実を踊らせろ! 

レポート
舞台
2019.9.14

画像を全て表示(10件)


快快(ファイファイ)の約2年半ぶりとなる新作公演『ルイ・ルイ』が、KAAT 神奈川芸術劇場で2019年9月9日(月)に初日を迎えた。公演は9月15日(日)まで。

出演に、快快オリジナルキャストの大道寺梨乃、野上絹代、山崎皓司に加え、快快の前身の小指値(こゆびち)時代の作品『霊感少女ヒドミ』以来10年ぶりの共演となる女優・初音映莉子、シンガーソングライターの白波多カミン、ままごと、チェルフィッチュなどで活躍する石倉来輝。このバラエティー豊かな出演陣にぬいぐるみであるニホンオオカミ・ルイが加わるのだが、ルイは作中でかなり重要な役どころを担っている。ルイの声を担当するのは、ラジオパーソナリティーとしてお馴染みの毒蝮三太夫。

9月8日(日)に行われたゲネプロの様子をレポートでお伝えする。

上演が始まると、舞台に初音映莉子演じるある女優の元に、ぬいぐるみ・ルイが上から降りてくる。彼女の大切な友達か、と思って観ていると……、劇場は「ルイルイラジオ」にジャックされてしまった!!

ルイが喋り出すと、声が全くキュートじゃない! 丸っこいぬいぐるみに当てられる毒蝮三太夫の渋い声に、一瞬吹いてしまいそうになるが、だんだんぬいぐるみの顔が毒蝮そっくりに見えてくるから不思議だ。実際、いい声なんである。

「ルイ・ルイ」のナンバーで踊るキャストたち。快快らしい、軽快で弾けたワクワクするシーンだ。カラフルでポップなダンスは観客を魅了する!

頭の中を電波ジャックされた彼女は、“何らかのいのちを模して作られた、ひとじゃない友だち”であるルイを媒介に、今ある社会とは別の社会へ飛んでいき、観客を様々な場所へ連れて行ってくれる。

劇中に何度もかかる「ルイ・ルイ」は、多くのカバーバージョンが存在し、多くのミュージシャンに思い思いに歌われてきたため、元の曲にあった本来の意味合いや形は曖昧なものになっている。そういった曲であることから、今作の「存在の、ないようで、ある」ところに飛ぶための入り口のような役割を果たしている。

想像でつくり上げた世界に自由に行き来する中、大きなカツラを被って野上絹代と山崎皓司が登場。シーンごとに変わるキャストの扮装も我々を楽しませてくれる。本記事で全ては紹介しないので、どんなキャラクターが登場するのか、実際に劇場に足を運び確認してみてほしい。

また、本作で「ルイルイ」というキーワードは、様々な意味を含んでいる。それは変幻自在のキャラクターのみならず、舞台と観客の境界も軽やかに超えて、メディアの境界を横断する快快そのものをも表しているようにも思えた。

全体的に軽やかで、ユーモアもふんだんに盛り込まれた楽しい作品になっている。心が弾むような体験をさせてくれる一方で、観劇後は陽だまりで過ごしたような暖かい気持ちにもなっている。脚本の北川陽子は今作で、「人類のさみしさに寄り添って、思う存分飼いならしてみたい」と示しているように、観客一人一人に優しく寄り添う作品だからだ。

「現実に切り込むために踊り狂うピエロは、現実を踊らせる事を願ってる」と北川は言う。頭でっかちで理屈ばかりをこじらせることから抜け出し、ロックナンバーに合わせて体を揺らしてみたらどうか。そうすれば生きづらい社会を楽しく生きられるだけでなく、歪んだ現実も違ったものにできるのではないか。そういった前向きなメッセージを感じて、心が打たれるのだ。

取材・文・撮影=石水典子

公演情報

快快『ルイ・ルイ』

■日程:2019 年9 月8 日(日)~9 月15 日(日)
■会場:KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ(〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町281 045-633-6500)
■演出:快快
■脚本:北川陽子
 
■出演:大道寺梨乃 野上絹代 山崎皓司 初音映莉子 白波多カミン 石倉来輝 ルイ(ぬいぐるみ)
■特別出演:毒蝮三太夫(声)
■ぬいぐるみ制作:片岡メリヤス

■チケット料金(税込):
一般 3,800 円 一般早割 3,500 円(当日料金はプラス500 円)
U24 3,500 円 U24 早割 3,300 円(観劇時24 歳以下対象、要身分証明書、前売りのみ)
高校生以下無料(枚数限定、要身分証明書、劇団HP より要予約)
 
■舞台監督:藤田有紀彦(KAAT)
■照明:中山奈美 
■音響:星野大輔
■舞台美術:佐々木文美 
■衣装:藤谷香子
■振付:野上絹代
■映像・記録:加藤和也 河合広樹
■制作:河村美帆香 横井貴子 小原光洋 細井優花
■宣伝美術:いすたえこ
■宣伝写真:岩澤高雄(The VOICE)
■宣伝ヘアメイク:山口恵理子
■宣伝衣装:overlace PHABLIC×KAZUI Little Trip to Heaven
■企画制作・主催:快快
■提携:KAAT 神奈川芸術劇場
■助成:芸術文化振興基金
■協力:城崎国際アートセンター(豊岡市) 急な坂スタジオ 森下スタジオ 株式会社まむしプロダクション 株式会社エー・チーム ままごと 有限会社サウンドウィーズ 
 
シェア / 保存先を選択