吉田栄作と三浦涼介が語る、舞台『メアリ・スチュアート』への思い

インタビュー
舞台
2019.11.12
(左から)三浦涼介、吉田栄作 (撮影:池上夢貢)

(左から)三浦涼介、吉田栄作 (撮影:池上夢貢)

画像を全て表示(7件)


舞台『メアリ・スチュアート』が、2020年1月27日(月)~2月16日(日)、世田谷パブリックシアターにて上演される。今回の戯曲は、18世紀のドイツの大劇作家シラーの作品を、20世紀のイギリスの詩人スティーブン・スペンダーが上演台本にまとめたもの(ダーチャ・マライーニによる同タイトルの二人芝居とは異なる)。演出を務めるのは、第21回読売演劇大賞・最優秀演出家賞や第64回芸術選奨新人賞受賞など数多くの受賞歴を誇る実力派の森新太郎だ。

【STORY】
16世紀末。イングランド北部にたたずむフォザリンゲイ城に幽閉されている、スコットランド女王メアリ・スチュアート。ロンドン・テムズ河畔のウエストミンスター宮殿の玉座を支配する、イングランド女王エリザベス一世。二人の女王を巡って交錯する人々の思惑と共に、最終章へ向けて、運命の歯車が回りはじめる。


メアリ(長谷川京子)とエリザベス一世(シルビア・グラブ)の対立を物語の縦軸とするならば、二人の女王の間を奔走する、メアリに恋心を抱く青年モーティマーや、二人の女王から寵愛を受ける策略家のレスターなど数多の男たちの駆け引きが物語の横軸となる。今回、そのレスター伯役を演じる吉田栄作と、モーティマー役を演じる三浦涼介に本作にかける意気込みや思いを聞いた。

──まず、台本を読んだ感想や、出演にあたっての率直な思いをお聞かせください。

吉田 台本を最初にいただいたのは今年の頭でした。エリザベス一世とメアリ・スチュアートの対立という史実はあまりにも有名なことで、今でもイギリスではお互いのアイデンティティが残っていることは僕も知っていました。最近公開された映画(『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』)は見ることができなかったのですが、この戯曲を読んで「なるほど」と思うところはありました。とくに面白いのは、メアリとエリザベス一世という有名な話の裏側で、我々のような男たちの奔走があることです。これに対して森新太郎さんがどういう演出をなさるのか。そして僕らがどう演じるか……なのですが、僕自身は台本を3回ぐらい読んでいたところで、プロデューサーに「どうなのよ?」と言われて、つい「はい、やります」と(笑)。

──それはどういうことですか?

吉田 実は最初の頃、あまりのセリフ量に圧倒されてしまいまして、出演を迷っていたのです。僕は自分のアイデンティティは映像の俳優だと思っているので、舞台のほうは、よっぽどプロデューサーにケツを叩かれないと「よし、やるか」とならない(笑)。それでお声がけいただき、やらせていただく覚悟を決めて、今、ここに座っているんです(笑)。

──三浦さんは、いかがでしょうか。

三浦 シェークスピアの作品など、重たい作品はここ最近連続でやらせてきていただいているのですが、歌やダンスで魅せることが割と多かった。今回は、このようなストレートプレイで、台詞だけで魅せる・聞かせるというところにすごく感動しています。

もちろん膨大な台詞を憶える作業などを考えると、役者として難しいことが沢山あると思います。でも、それをやり遂げて迎える初日は、きっと最高の日になるだろうな、ということを、台本を読みながら想像していました。

──ご自身の役どころについてはいかがでしょうか。吉田さんは、エリザベス一世に爵位を与えられて重用され、愛人関係にあったことでも知られるレスター伯を演じられます。過去にはメアリの婚約者候補になるなど、屈折し複雑にねじれた恋愛心理がひそむ重要な役どころですね。

吉田 史実ではどうだかわかりませんが、今回の台本では、実際にはエリザベス一世の近くにいるのですが、メアリへの思いが強いのかなと思っています。かつてのメアリとの関係や思い……まあ、それがままならないわけですが、そのメアリを生かしたいという思いであったり、権力の座をメアリに、という思い。そういう複雑な思いが僕自身の中に入ってくれば、割としっくりくるのかなと思います。

──三浦さんは、メアリに恋心を抱く青年モーティマーを演じられます。シラーによって創作されたキャラクターですが、役どころについてはいかがですか。

三浦 一見誠実で、まっすぐで、ただ純粋という感覚に陥ったのですが、実は僕自身、彼の純粋さに、むしろ恐怖さえ覚えてしまう感じがしました。今この時代に、表現をすることや言葉を発言することにすごくビビってしまう瞬間だったり、恐怖を覚えたりすることが沢山あるように思えるのですが、『メアリ・スチュアート』は、そんな時代だからこそ、観るべき、読むべき作品だなと思いました。僕自身の役目もそうですが、作品自体がまっすぐなんです。だから、やりがいを感じます。

──宣伝用の写真撮影をされたそうですが、いかがでしたか? 衣裳を着けて本番のイメージなど膨らみましたか?

吉田 着用したのは、本番用の衣装ではないですが、僕は真っ黒な衣装だったので、この黒さは何か意味があるなと思いましたね(笑)。

三浦 僕は青年ということでサスペンダーをつけていたんですが、なんとなくイメージは掴めました。演出家がウィッグより地毛を好かれる方のようなので、どうヘアメイクをするか……といったことをメイクさんが話されていて、そういうところからもイメージを湧かせることができました。

──演出の森新太郎さんに期待することは?

吉田 この戯曲を、どうビルドアップしていくのか。とにかく我々は一丸となってやるわけなので、どんどん鍛えてくださいということですかね。いろいろと厳しい方だというのは聞いています(笑)。

三浦 優しくしてください(笑)。怖いとなんとなく縮こまっちゃうので、優しくしてくださいと。それを期待しています(笑)

──メアリ役・長谷川京子さんとの共演については?

吉田 僕は今回、皆さん全員と初共演なんですよ。舞台に出て10年以上経っているので、いつもは共演者の中に誰かしら知り合いがいるのですが、今回は皆さんと「はじめまして」なんです。特に長谷川さんとは、本当に今日(撮影日で会って)「はじめまして」でした。ドラマや映画でも共演したことないんですよね。長谷川さんは、森さんもおっしゃっているように、美しくて、どんなメアリを演じるのか本当に楽しみですよね。また、エリザベス一世役のシルビア・グラブさんとの対比も面白そうです。

──皆さんと初共演というのはどんなお気持ちなのでしょうか?

吉田 本当に変な先入観とかなく臨めるなと思っています。今、僕がいろいろなことを言えないのは、正直まだ、僕の中で作り込みたくないというか、全く平らな板の上の、何もない状況から始めたいと思っているからなんです。

──三浦さん、共演者の方々の印象はいかがでしょうか?

三浦 たくさん先輩方がいらっしゃって、一緒の空間にいさせてもらえるだけで本当に光栄です。皆さん、個性豊かな方々なので、教えていただくことを必死に捉えて、勉強させていただきたいと思っています。メアリ役の長谷川さんには、今日初めてお会いしましたが、子どもの頃からいろいろな作品を見させていただいていましたから、本当に実物がいるんだと(笑)。とてもお綺麗でした。

──それでは、公演に向けての意気込みをお願いします!

三浦 個人としては、ストレートプレイというのが本当に久しぶりです。お芝居をしたいと思っていたところに、このような素敵な作品と巡り合うことができました。精一杯頑張りたいです。世田谷パブリックシアターという、僕が子どもの頃からよく訪れていた劇場に初めて立たせていただけることも興奮材料です。観に来ていただくお客様に最高のものをお届けできるよう、精進したいと思います。実は、千秋楽の2月16日は僕の33歳の誕生日なんです。だから、この作品をやらせていただくことで何かが変わる気がします。その意味でも頑張ります。

吉田 やらせていただく以上は、しっかりやらせていただいて、チーム力で素晴らしい作品に仕上げていかなくては、と思っています。僕は1月3日が誕生日なので、本番までにまた1歳年をとって51歳になります(笑)。お互い、壁を超えて、この壁の向こうにある良い景色を見ましょう。三浦さん、よろしくお願いします。

三浦 あっ、こちらこそよろしくお願いします!

取材・文=五月女菜穂
写真撮影=池上夢貢

ヘアメイク
鎌田直樹 タナベコウタ

 
吉田栄作着用
※価格は全て税抜き価格。
ジャケット¥110,000、シャツ¥32,000、パンツ¥28,000〈すべて ポール・スミス△コレクション/ポール・スミス△リミテッド ☎03-3478-5600〉
その他 スタイリスト私物
スタイリスト:勝見宜人(Koa Hole inc.)

 
三浦涼介着用
※価格は全て税抜き価格。
ジャケット¥48,000
パンツ¥33,000(共にカベル)
シューズ¥28,000(スペース クラフト)以上HEMT PR tel:03-6721-0882
シャツはスタイリスト私物
スタイリスト:藤長祥平

 

公演情報

『メアリ・スチュアート』
 
(撮影:山崎伸康/秋澤一彰)

(撮影:山崎伸康/秋澤一彰)

 
■作:フリードリヒ・シラー
■上演台本:スティーブン・スペンダー
■翻訳:安西徹雄
■演出:森新太郎
■出演:
長谷川京子 シルビア・グラブ 三浦涼介 吉田栄作/
山本亨 青山達三 青山伊津美 黒田大輔 星 智也
池下重大 冨永 竜 玲央バルトナー 鈴木崇乃 金松彩夏/
鷲尾真知子 山崎 一 藤木 孝
 
■日程:2020年1月27日(月)~2月16日(日)
■会場:世田谷パブリックシアター
■一般発売日】2019 年 11 月 23 日(土・祝)


※<e+半館貸切>先着先行
・公演日時:2020年2月8日(土)13:00開演の回
・先行受付:2019年11月10(日)12:00~11月15(金)18:00
・受付URL:https://eplus.jp/sf/detail/3137220001

 
■料金:
一般 S席(1・2階)8,000円 A席(3階)4,800円
高校生以下・U24 S席(1・2階)4,000円 A席(3階)2,400円(一般料金の半額)
ほか劇場友の会、せたがやアーツカード会員など各種割引あり
 
■主催:公益財団法人せたがや文化財団
■企画制作:世田谷パブリックシアター
■後援:世田谷区
■協賛:トヨタ自動車株式会社 東邦ホールディングス株式会社 Bloomberg
■協力:東急電鉄株式会社
Beyond2020プログラム
■問合せ:世田谷パブリックシアターチケットセンター 03-5432-1515
シェア / 保存先を選択