『機動戦士ガンダム サンダーボルト』全4話に新カットを加えてBD化 イベント上映も決定

SPICER
「機動戦士ガンダム サンダーボルト」 (C)創通・サンライズ

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」 (C)創通・サンライズ

画像を全て表示(5件)

アニメ「機動戦士ガンダム サンダーボルト」のディレクターカット版『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』が、7月29日にBlu-ray/DVDでリリースされる。また、6月25日からは全国15の映画館で2週間限定の上映イベントが開催されることも決定した。

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」は、太田垣康男氏が「機動戦士ガンダム」で描かれなかった一年戦争末期の戦いをコミック化したもの。ビッグコミックスペリオール(小学館)で現在連載中で、累計発行部数160万部を突破している人気作だ。アニメ版は、ガンダムシリーズ初の試みとして、視聴期限のない配信限定販売を実施。最終話(第4話)が4月22日(金)正午より有料配信される。今回リリースされる『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』は、これら全4話に新作カットを加えたディレクターズカット版だ。

通常版のBD/DVDには特典として、キャストやスタッフによるオーディオコメンタリを収録し、PV&CM集も収められている。さらに16ページ特製ブックレットも同梱。描き下ろしジャケットや太田垣康男描き下ろしスリーブケースも付属する。


また、上映イベントの劇場では、初回生産限定版『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY Blu-ray Disc COMPLETE EDITION』が先行販売される。こちらには通常版の特典に加え、カトキハジメ描き下ろしBOX、特典ディスク「一年戦争に挑んだ者たち~Documentary of Thunderbolt~」(約70分)、絵コンテ集(第1話~第4話)、アニメーションワークス(原画やスタッフインタビューなどを掲載した108ページの冊子)が同梱される。無くなり次第販売が終了するため、早めの入手をオススメする。初回生産限定版『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY Blu-ray Disc COMPLETE EDITION』は、7月2日からバンダイビジュアルクラブでも発売を予定。上映劇場など、詳細は公式サイトを参照のこと。

スリーブケース用 太田垣康男描き下ろしイラスト  (C)創通・サンライズ

スリーブケース用 太田垣康男描き下ろしイラスト (C)創通・サンライズ


(C)創通・サンライズ

シェア / 保存先を選択