三浦春馬「僕たちが先陣を切って楽しみたい」~来日版『キンキーブーツ』ゲネプロ【動画有】&初日レッドカーペットイベント

動画
レポート
2016.10.6
ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』


ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』来日版の公演が10月5日(水)東急シアターオーブにてスタートした。

まずはゲネプロのダイジェスト動画をご覧あれ↓
 

本作は、2005年に公開されたイギリスの同名映画をミュージカル化したもの。NYの超売れっ子演出家であり振付師のジェリー・ミッチェルが演出・振付を務め、楽曲は全曲シンディ・ローパーが書き下ろした。2013年のトニー賞で13部門にノミネート、作品賞、主演男優賞、オリジナル楽曲賞、振付賞など6部門で受賞。日本では来日版に先駆けてこの夏、三浦春馬と小池徹平がW主演し、人気を博した。

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

イギリスの田舎町ノーサンプトンの老舗靴工場「ブライス&サン」の4代目チャーリー・ブライスは父の急死をきっかけに工場を継ぐことになる。ところが工場は倒産寸前。長年勤めた従業員たちを解雇しないとならないところまで追い込まれていた。そんな中偶然出会ったドラァグクイーンのローラとの出会いがきっかけとなり、チャーリーは新しくニッチな市場を開発しようとドラァグクイーン用のブーツ「キンキーブーツ」を作ろうと決意する。デザインの才があったローラをデザイナーとして開発に巻き込み、ときにはカタブツな古参従業員とぶつかりながらも試作を続け、工場の命運を懸けてイタリア・ミラノで行われる見本市にキンキーブーツを出展しようとする――。

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

セクシャルマイノリティであるがゆえの偏見に立ち向かい、ポジティブに生きるローラの姿、そしてセリフや歌の中にちりばめられた「自分が変われば世界が変わる」「相手を受け入れ、自分自身を受け入れる」という言葉は、世界中の全ての人に今、必要なメッセージ。シンディ・ローパーのポップでパワフル、歌い踊りたくなるような楽曲にのせて観るものの魂を揺さぶるかのようだった。

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

初日前のレッドカーペットに登場した三浦春馬が「僕たちが先陣を切って楽しみたい」、日本版の演出を務めた岸谷五朗が「NYで20回以上見ている、とても素晴らしい作品」さらに日本語版の歌詞を手掛けた森雪之丞が「二度三度と観たくなる」と絶賛するだけある名作。ぜひ劇場に足を運んでいただきたい。

はるな愛

はるな愛

岸谷五朗、森雪之丞

岸谷五朗、森雪之丞

日本版で幼少期のチャーリーとローラを演じた子役が来日版の子役たちと記念撮影!

日本版で幼少期のチャーリーとローラを演じた子役が来日版の子役たちと記念撮影!

日本版『キンキーブーツ』のキャストも大集合

日本版『キンキーブーツ』のキャストも大集合

八木アリサ、石田ニコル、立花恵理

八木アリサ、石田ニコル、立花恵理

新日本プロレスから本間朋晃、道標明

新日本プロレスから本間朋晃、道標明

日本でキンキーブーツを欲しがっているドラァグクイーンの皆さまも大集合!

日本でキンキーブーツを欲しがっているドラァグクイーンの皆さまも大集合!

公演情報
ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』 <来日版>

■日程・会場:
<東京>
2016年10月5日(水)~10月30日(日)東急シアターオーブ
<大阪>
2016年11月2日(水)~11月6日(日)オリックス劇場
◆脚本:ハーヴェイ・ファイアスタイン 
◆音楽・作詞:シンディ・ローパー 
◆演出・振付:ジェリー・ミッチェル
◆出演:来日ツアメンバー
◆公式HP: http://www.kinkyboots.jp/

シェア / 保存先を選択