『おみやげグランプリ2017』グランプリは富山県「こぶじめ・ひとりじめ」と大阪府「折鶴イヤリング」

SPICER
ふるさと祭り東京2017-日本のまつり・故郷の味-

ふるさと祭り東京2017-日本のまつり・故郷の味-

画像を全て表示(3件)

ふるさと祭り東京実行委員会が『おみやげグランプリ2017』の審査結果を発表した。

『おみやげグランプリ2017』は、国内から海外まで誰もに喜んでもらえるような「おみやげ」を日本全国各地より募集し、日本の魅力を再発見できるような逸品を発掘、紹介するもの。

今回は、フード・ドリンク部門(応募数158商品)、グッズ・ノベルティ部門(応募数150商品)の2部門へは計308商品の応募があり、「フード・ドリンク部門」のグランプリには株式会社かねみつの「こぶじめ・ひとりじめ」が、グッズ・ノベルティ部門のグランプリ/観光庁長官賞にはクルーズカンパニー株式会社の「折鶴イヤリング」が選ばれた。

おみやげグランプリ2017

おみやげグランプリ2017

入賞したそれぞれのおみやげは、2017年1月7日(土)~15日(日)の9日間、東京ドームで開催される『ふるさと祭り東京2017-日本のまつり・故郷の味-』会場内にて、展示・販売される(※一部商品は展示のみ)。

ふるさと祭り東京2017-日本のまつり・故郷の味-』は、全国各地の伝統のお祭りとご当地の味が東京ドームに集結する、新年恒例のビッグイベント。2016年1月の開催では10日間で約43万人を動員し、9度目の開催となる今回は、来場者アンケートで「見たいお祭り」No.1に選ばれた、勇壮な山車を豪快に曳き回す日本屈指の祭典「青森ねぶた祭」や、武者絵が描かれた山車を曳いて練り歩く「弘前ねぷたまつり」がステージを彩る。会場内には300を超えるご当地グルメが登場し、「全国ご当地どんぶり選手権」や「イケ麺スタンプラリー」、「絶品!逸品!ちょいのせ市場」など、様々なグルメ企画も開催される。

 
『おみやげグランプリ2017』
<最終審査会 審査員> ※敬称略・順不同
◆審査員長
吉村 作治 東日本国際大学学長・早稲田大学名誉教授
◆各国審査員
百合・アン・アーサー【アメリカ】在日米国大使館 商務部上席商務官
李 容淑【韓国】VJ大使・㈱リンカイ 代表取締役・大阪経済大学客員教授
孔 怡【中国】VJ大使・㈱天怡 代表取締役
◆審査員
亀井 将志 国土交通省観光庁 観光地域振興部 観光資源課 係長
藤本 裕之 (株)ジェイアール東日本企画 ソーシャルビジネス開発局長
似鳥 大輔 (株)JTBコミュニケーションズデザイン ミーティング・イベント3局 課長
加藤 雅彦 (株)文化放送開発センター 企画事業本部長
天坪 大学 レッドホースコーポレーション(株) 営業統括本部 店舗営業部長
岩村 直道 ふるさと祭り東京実行委員会 事務局長兼総合プロデューサー

 

イベント情報
ふるさと祭り東京2017-日本のまつり・故郷の味-
会期 2017年1月7日(土)~15日(日) ※9日間
会場 東京ドーム
営業時間 10:00~21:00
※10日(火)は19:00閉場、15日(日)は18:00閉場
入場料 前売券 1,400円/当日券 1,600円
http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

 
シェア / 保存先を選択