『ビリー・エリオット』の主役が長期オーディションを経て遂に決定、大人キャストには吉田鋼太郎、柚希礼音ら

レポート
舞台
2016.12.18
加藤航世くん 木村咲哉くん 前田晴翔くん 未来和樹くん

加藤航世くん 木村咲哉くん 前田晴翔くん 未来和樹くん


 2000年に公開された名作映画をミュージカル化した『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』の日本初演キャストが12月18日、発表された。アカデミー賞ノミネート監督であるスティーヴン・ダルドリーが演出、エルトン・ジョンが楽曲を手がけ、2005年5月にロンドン・ウエストエンドで幕を開けて以来、全世界で80以上の主要演劇賞を獲得している大ヒット作品だ。日本初演となる今回、主人公のビリー役は2015年11月からオーディション応募が開始され、前代未聞の約1年間に及ぶ長期レッスン&オーディションで選抜された。応募総数1346名から選ばれた4名のビリー役を紹介する。

加藤航世(かとう・こうせい)13歳・中学1年生・東京出身

---- 選ばれた気持ちは?

 「一生懸命練習して本番に向けて頑張ります。ビリー役になれてすごく嬉しいです。スタート地点に立つことができたので、引き続き努力して頑張りたいです」

木村咲哉(きむら・さくや)10歳・小学4年生・東京出身

---- 選ばれた気持ちは?

 「一生懸命頑張ります。よろしくお願いします。全然実感がなかったけれど、今こうやってビリーのTシャツを着れて、だんだんと実感がしてきました。」

・前田晴翔(まえだ・はると)12歳・小学6年生・東京出身(4月にアメリカより帰国)

---- 選ばれた気持ちは?

 「これからも前向きに7月の公演に向けて頑張ります。落ちた人もいたのでその子たちの分まで頑張っていきたいです」

・未来和樹(みらい・かずき)14歳・中学2年生・熊本出身

---- 選ばれた気持ちは?

 「お客様に感動や幸せを与えられるようなビリーになるために頑張っていきたいと思います。今、こんなにたくさんの方々の前で座って、僕がビリーをできるんだなっていう気持ちがわいてきました。これからがスタートだと思うので、努力を忘れないで、自分らしいビリーができるように頑張っていきたいと思います」
 

 なお、ビリーの親友マイケル役には、古賀瑠くん、城野立樹くん、持田唯颯くん、山口れんくんが決定した。

 さらに、大人キャストとして、お父さん役に吉田鋼太郎、益岡徹(Wキャスト)、ウィルキンソン先生役に柚希礼音、島田歌穂(Wキャスト)、おばあさん役に久野綾希子、根岸季衣(Wキャスト)、ビリーの兄トニー役に藤岡正明 中河内雅貴(Wキャスト)、ビリーのボクシングの先生役に小林正寛、大人になったビリー役に栗山廉(Kバレエ カンパニー)、大貫勇輔(Wキャスト)、など豪華な顔ぶれが発表された。総勢58名が出演する。

 ビリー役発表会見には、堀義貴(ホリプロ代表取締役社長)、ルイーズ・ウィザーズ(エグゼクティヴ・プロデューサー)、サイモン・ポラード(アソシエイト・ディレクター)、スティーヴン・アモス(アソシエイト・ミュージックスーパーバイザー)、トム・ホッジソン(アソシエイト・コレオグラファー)の各氏も登壇し、ビリーに選ばれた少年たちをそれぞれ讃えた。

ルイーズ・ウィザーズ(エグゼクティヴ・プロデューサー)

ルイーズ・ウィザーズ(エグゼクティヴ・プロデューサー)

サイモン・ポラード(アソシエイト・ディレクター)

サイモン・ポラード(アソシエイト・ディレクター)

スティーヴン・アモス(アソシエイト・ミュージックスーパーバイザー)

スティーヴン・アモス(アソシエイト・ミュージックスーパーバイザー)

トム・ホッジソン(アソシエイト・コレオグラファー)

トム・ホッジソン(アソシエイト・コレオグラファー)

 さらに堀社長は「この作品はけっしてファミリーミュージカルではない」と強調し、大人、とくに日頃ミュージカルをあまり見ない男性にも見てほしいと語った。

堀義貴(ホリプロ代表取締役社長)

堀義貴(ホリプロ代表取締役社長)

 本作は、2017年7月からTBS赤坂ACTシアターで3ヶ月、大阪・梅田芸術劇場で1ヶ月、計4ヶ月にわたり上演され、延べ17万人を動員する日本最大級の公演になる見通し。

 これまでのオーディションの過程でも、クラシックバレエは熊川哲也主宰 Kバレエスクール、タップダンスはHIDEBOHプロデュース Higuchi Dance Studio、アクロバットにはコナミスポーツクラブが参加。国内最高峰のコーチ陣が主役育成にあたった。今回、選ばれた彼らは、さらにここから半年以上のレッスンを重ね、大舞台に立つことになる。

取材・文:五月女菜穂  写真撮影:荒川潤
 

公演情報
 
ダイワハウスpresents  ミュージカル 『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』
 
<プレビュー公演>
■公演期間:2017年7月19日(水)~7月23日(日)
■会場:TBS赤坂ACTシアター
■料金(全席指定、消費税込):S席12,500円、A席8,500円
 
<東京公演>
■公演期間:2017年7月25日(火)~10月1日(日) 全100回予定(プレビュー公演含む)
■■会場:TBS赤坂ACTシアター
料金(全席指定、消費税込):S席13,500円、A席9,500円
 
<大阪公演>
■公演期間:2017年10月15日(日)~11月4日(土) 全26回予定
■会場:梅田芸術劇場 メインホール
■料金(全席指定、消費税込):S席13,500円、A席9,500円、B席5,500円
 
<チケット発売スケジュール>
2017年2月7日(火)12:00 ~ 2月21日(火) 18:00 7・8月公演分【プレイガイド最速 座席選択先着先行】 e+受付 
2017年3月11日(土) プレビュー公演/東京公演前期(7月、8月分) 一般発売
2017年6月03日(土)  大阪公演 一般発売
※東京公演後期分(9月、10月分)の発売日については後日発表
 
<チケットの問い合わせ>
ホリプロチケットセンター   03-3490-4949(平日10am~6pm/土10am~1pm/日祝・休)
 
<キャスト>
加藤航世 木村咲哉 前田晴翔 未来和樹/吉田鋼太郎 益岡徹/柚希礼音 島田歌穂
久野綾希子 根岸季衣/藤岡正明 中河内雅貴/小林正寛/栗山廉(Kバレエ カンパニー) 大貫勇輔
 
森山大輔 家塚敦子 大塚たかし 加賀谷真聡 北村 毅 佐々木誠 高橋卓士 辰巳智秋 橋本好弘 羽鳥翔太
原慎一郎 丸山泰右 横沢健司 木村晶子 小島亜莉沙 竹内晶美 三木麻衣子 秋山綾香 井上花菜 出口稚子
 
古賀 瑠 城野立樹 持田唯颯 山口れん 香好 佐々木琴花 夏川あさひ
遠藤美緒 大久保妃織 小野梓 久保井まい子 佐々木佳音 高畠美野 近貞月乃 並木月渚 新里藍那 堀越友里愛
小溝 凪 笹川幹太 山城 力 岡野凜音 菊井凜人 桜井 宙
 
<ロンドンオリジナルスタッフ>
■脚本・歌詞:リー・ホール
■演出:スティーヴン・ダルドリー
■音楽:エルトン・ジョン
■振付:ピーター・ダーリング
■美術:イアン・マックニール
■演出助手:ジュリアン・ウェバー
■衣裳:ニッキー・ジリブランド
■照明:リック・フィッシャー
■音響:ポール・アルディッティ
■オーケストレーション:マーティン・コック
 
<日本公演スタッフ>
翻訳:常田景子
訳詞:高橋亜子
演出補:甲斐マサヒロ
振付補:前田清実
音楽監督補:鎮守めぐみ
歌唱指導:山川高風
照明補:大島祐夫
音響補:山本浩ー
衣裳補:阿部朱美
ヘアメイク:studio AD
擬闘:栗原直樹
演出助手:西祐子、伴・眞里子
舞台監督:徳永泰子
技術監督:小林清隆
プロダクション・マネージャー:金井勇一郎
 
<コーチ協力>
バレエコーチ:K-BALLET SCHOOL
タップコーチ:Higuchi Dance Studio
アクロバットコーチ:コナミスポーツクラブ
 
■主催:TBS / ホリプロ/ 梅田芸術劇場 /WOWOW
■Billy Elliot the Musical worldwide is produced worldwide by Universal Stage Productions, Working Title Films and Old Vic Productions and is based on the Universal Pictures/Studio Canal film.
■特別協賛:大和ハウス工業株式会社
■協賛:イープラス こだま印刷 ジェイワールドトラベル
 
■日本公演公式サイト:http://www.billyjapan.com/
■日本公演公式ツイッター https://twitter.com/Billy_Japan
■日本公演公式フェイスブック https://www.facebook.com/BillyJapan

7・8月公演分【プレイガイド最速 座席選択先着先行】受付
2/7(火)12:00 ~ 2/21(火) 18:00


シェア / 保存先を選択