MONGOL800、Dr髙里悟も完全復活 地元沖縄をハッピーな空気で満たした一夜

ニュース
2017.1.29
MONGOL800 撮影=武安弘毅

MONGOL800 撮影=武安弘毅

画像を全て表示(10件)

『MONGOL800 Pretty good!! TOUR 2016-2017』 2017.1.28 沖縄市・ミュージックタウン音市場

沖縄から音楽を発信し続ける最強の3ピースロックバンド・MONGOL800。昨年9月にリリースした彼らの
ニューアルバムが、『Pretty good!!』だ。沖縄の現状を暗に示唆したメッセージ性の濃い前2作にくらべて、新作はデビューの頃の底抜けにハッピーで、ピュアで、ポジティヴな生命力に満ちあふれた、まさに原点回帰と進化に触れることができるアルバムだった。

MONGOL800 撮影=武安弘毅

MONGOL800 撮影=武安弘毅

この新作をひっさげたライブツアーが、『MONGOL800 Pretty good!! TOUR 2016-2017』。高校生の結成当初からステージに立っていた原点のライブハウス・Human Stageを皮切りに全国をまわり、年をまたいだ1/28(土)に故郷・沖縄のミュージックタウン音市場でファイナルを迎える予定だった。しかし、1/20(金)の熊本公演を前に、サトシ(Ds/Vo)が高熱を発症、インフルエンザと診断されたため、翌 21(土)の鹿児島公演とともに開催が2月に延期となった。

MONGOL800 撮影=武安弘毅

MONGOL800 撮影=武安弘毅

とはいえ、1/28は実質ツアーファイナル。全国各地で熱いパフォーマンスを繰り広げてきたMONGOL800が、地元でどんなライブを観せてくれるのか。開演の1時間前から会場入口まで続く長蛇の列に、この日を待ちわびていたファンの心理が読み取れる。

MONGOL800 撮影=武安弘毅

MONGOL800 撮影=武安弘毅

会場が暗転、音楽に合わせて、3人がカチャーシーを踊りながらステージに現れると、もうそこは沖縄の空気
に満たされる。沖縄公演だから当たり前なのだが、きっと全国でもこの沖縄の雰囲気を届けてきたのだろう。凍てつくような本土の真冬の会場に、南の島の穏やかで暖かい風を吹かせてきたことが想像できる。

MONGOL800 撮影=武安弘毅

MONGOL800 撮影=武安弘毅

「遊びましょ!」
いつものようにキヨサク(Vo/Ba)のこの一言でライブは始まった。1曲目からハッピーオーラ全開。次々
と疾走感のある曲が続いていく。会場にいる誰もが両手を天に向かって伸ばし、リズムに合わせ揺れる。壮観な眺めだ。
「それにしても沖縄アツいぞ。クーラーかけようか(笑)」と言っていたキヨサクの言葉どおり、始まりから
会場はすでにアツい。そして重厚なドラムスがビートを刻み、タカシ(Gt/Vo)が“Oh Oh…”と歌いかけ、会場が一つになるコール&レスポンスのイントロからスタートしたのが、「Old fashion love song」。“ありったけの思い出を2人で作ろう!”と歌われるように、この一瞬一瞬が会場にいるみんなの思い出に刻まれる。ハッピーな瞬間だ。

MONGOL800 撮影=武安弘毅

MONGOL800 撮影=武安弘毅

「完全復活だね、サッシー」のキヨサクの MC に、「初めて(ライブを)とばしました(苦笑)」とサトシ。この日のために全国から集結したファンから、サッシーお帰り、の声が上がる。「まだ熊本、鹿児島とあるけれど、気持ちはファイナルなんで、盛り上げていきましょうか」と言って、ゆかいな仲間たちをステージに呼び込む。トランペットの Seasir(from 浅草ジンタ)が現れたところで、この日は出席できないと聞いていたパーティーダンサー・粒マスタード安次嶺がサプライズで登場。結婚式の余興があるので欠席します、とメールをもらっていたというキヨサクも突然の先輩の出現に苦笑い(粒マスタードは、モンパチ3人の高校の先輩)。曲は、「OKINAWA CALLING」。この曲が CM ソングに使われた沖縄限定のコンビニの CM に出ていた粒マスタードの強烈なキャラに、誰もが釘付け状態に。独特のくねくねダンスパフォーマンスで、会場を盛り上げる。

MONGOL800 撮影=武安弘毅

MONGOL800 撮影=武安弘毅

MONGOL800 撮影=武安弘毅

MONGOL800 撮影=武安弘毅

「まだまだいけますか!?」と言って、曲が始まる。それはバンドの音が発せられた瞬間に、キヨサクが歌い始めた瞬間に、あの曲だ!とわかる「小さな恋のうた」。“夢ならば覚めないで”と、会場から湧き上がった歌声に鳥肌が立った。

MONGOL800 撮影=武安弘毅

MONGOL800 撮影=武安弘毅

アンコールを求めて、指笛が鳴り響く。その指笛を聞きながら、改めてここは沖縄だなと実感した。アンコールでは、東京でもスペシャルセッションで迎えたヨースケ@HOME(新作『Pretty good!!』収録の「Brand new morning」「rainbow」の2曲でサウンドプロデュース&編曲)のほか、本日のゲスト全員が参加して「DON’T WORRY BE HAPPY」が披露された。これは沖縄だけのスペシャルなサプライズ!! ニューアルバム『Pretty good!!』収録の全曲と、新旧交えながらの選曲。人生楽しんだもん勝ち!“いちいち楽しもう!!”と、アルバムの表題曲で歌われているように、思わず笑顔と元気をもらえたハッピーなライブだった。1/28、沖縄では旧正月のこの日から、MONGOL800は来年の結成20周年に向かって、新たな1年を走り出した!!


取材・文=伊藤博伸 撮影=武安弘毅

MONGOL800 撮影=武安弘毅

MONGOL800 撮影=武安弘毅

ツアー情報
MONGOL800 『MONGOL800 Pretty good!! TOUR 2016-2017』 熊本・鹿児島公演 
http://www.mongol800.jp/prettygood/
<<開催延期日程>>
■1/20(金)熊本 KUMAMoTo B.9 V1
■1/21(土)鹿児島 CAPARVO HALL
<<振替日程>>
■2/19(日) 鹿児島 CAPARVO HALL 開場 17:30/開演 18:00
■2/20(月) 熊本 KUMAMoTo B.9 V1 開場 18:00/開演 19:00
お問い合せ先:BEA TEL 092-712-4221 www.bea-net.com
 MONGOL800 OFFICIAL web site >> www.mongol800.jp

 

シェア / 保存先を選択