『HALOアンバサダープログラム』始動、公式ファンになろう!

ニュース
2015.8.29

画像を全て表示(2件)

HALOファンを拡大するべく、情報発信を増やすプログラムとは

Xboxシリーズにおいて、全世界で多大なる人気を経てきたFPSゲーム『HALO』シリーズの最新作、『Halo 5: Guardians』(今年10月29日発売予定)の発売に向けてファンミーティング的に開催されたのが、今回の「Halo アンバサダープログラム」となる。この催しは抽選で選ばれたユーザーのみが参加できる貴重なものだったのだが、運良く筆者は当選することができたので、当日の様子をレポートしていきたい。

先ず最初に上映されたのが、『エイリアン』『ブレードランナー』など数々のSF作品を手がけてきたリドリー・スコットがエクゼクティブ・プロデューサーを務める実写映像作品『Halo: Nightfall』の上映会。これは『HALO』の世界を舞台にした実写作品で、『Halo 5: Guardians』の主人公となるキャラクター、ジェイムソン・ロックがコヴナントと呼ばれる宇宙人のテロに対抗すべく、特殊任務に取り掛かるというもの。HALOシリーズの中間をつなぐドラマとして制作されており、これを見てからゲームを遊ぶことで思い入れが深くなるという仕組みになっている。
ちなみにブルーレイ、DVDは発売されているので、興味のある方は購入、ないしレンタルやオンデマンドで視聴してみてはいかがだろうか。

『Halo 5: Guardians』では、ロック率いるチーム・オシリスがマスターチーフを追跡する、という大枠が公表されており、今までの地球軍対コヴナントという構図に加えて、主人公対マスターチーフという新しいドラマが組み込まれているところにも注目したい。

上映会が終わった後は、司会進行も務めた本作のプロダクトマネージャー、南雲聡氏によるユーザーとの質疑応答時間も設けられ、現在は発表できないことが多いが、大いに期待して欲しいというメッセージを持って締めくくられた。

次回のプログラムとして、9月11日に東京・品川の日本マイクロソフト本社にて『Halo 5: Guardians』のマルチプレイモード「アリーナ」の先行体験会が開催されるとのこと。スペシャルゲストとして、本作を制作した343 Industriesのフランチャイズデベロップメントディレクター、フランク・オコナー氏とデザインディレクターのブラッド・ウェルチ氏が参加予定とあって、注目度は高い。ぜひとも参加したいところだが、更に倍率の厳しい抽選が待っているようなので、幸運を信じて申しこんでみよう。

参加方法はXbox公式サイトなどで発表されるので、関連サイトからリンク先をチェックしておくといいだろう。

シェア / 保存先を選択