エド・シーラン首位譲らず!アデル祭りだったグラミーの影響は?!全米最新ビルボードチャート○2/25付

ニュース
2017.2.16

 

スーパーボウル、そしてグラミー賞と音楽のビッグイベントが続くアメリカの最新チャート。グラミー賞授賞式でもいつも通りTシャツ姿のまま、自然体のパフォーマンスを行ったエド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」が先週に引き続きNo.1を獲得している。

そしてこちらも先週同様2位にミーゴズ、3位にゼイン&テイラー・スウィフトと続き、4位にレディー・ガガ「ミリオン・リーズンズ」がリエントリーしている。
先日、アメリカで実に1億人もの人が視聴するという、アメリカンフットボールリーグNFLの決勝大会・スーパーボウルが行われた。毎年、ハーフタイムにはアーティストによるパフォーマンスが行われるが、今年白羽の矢が立ったのがこのレディー・ガガ。
もちろんこの「ミリオン・リーズンズ」も披露されたうちの一曲である。


現在のビルボードチャートにはYoutubeや、Spotifyなどのサブスクリプションサービスのストリーミング回数も反映されるようになっている。
だがこのたび、どこのレコード会社にも所属せず自分の音楽を販売していないチャンス・ザ・ラッパーがグラミー賞で最優秀新人賞を授賞したのは、古いルールから脱却し、業界自体が『変わる』宣言がいよいよなされたとも取れるニュースである。


会社やブランドに囚われることなく良いものがきちんと”良い”と評価され、自由に好きだと言うことができる。そんな当たり前のことを、この島ではいつまでも指をくわえて見ていることしかできないのだろうか。

その他のチャートは以下のとおり。

2017/2/25付 Billboard HOT100(1〜20位)

1 → Shape Of You / Ed Sheeran
2 → Bad And Boujee / Migos Featuring Lil Uzi Vert
3 → I Don't Wanna Live Forever (Fifty Shades Darker) / Zayn / Taylor Swift
4 ↑ Million Reasons / Lady Gaga
5 ↓ Bad Things / Machine Gun Kelly x Camila Cabello
6 ↑ Bounce Back / Big Sean
7 ↓ Closer / The Chainsmokers Featuring Halsey
8 ↑ Scars To Your Beautiful / Alessia Cara
9 ↓ Don't Wanna Know / Maroon 5 Featuring Kendrick Lamar
10 ↑ Paris / The Chainsmokers
11 ↓ Fake Love / Drake
12 ↓ Starboy / The Weeknd Featuring Daft Punk
13 ↑ Love On The Brain / Rihanna
14 ↓ Black Beatles / Rae Sremmurd Featuring Gucci Mane
15 ↓ 24K Magic / Bruno Mars
16 → I Feel It Coming / The Weeknd Featuring Daft Punk
17 → Caroline / Amine
18 ↓ Side To Side / Ariana Grande Featuring Nicki Minaj
19 ↑ Mercy / Shawn Mendes
20 ↓ Let Me Love You / DJ Snake Featuring Justin Bieber

シェア / 保存先を選択