近松門左衛門の人形浄瑠璃が音楽劇に、木ノ下歌舞伎×糸井幸之介の新作公演

ニュース
2015.9.6

木ノ下歌舞伎による舞台『心中天の網島』が、9月16日から京都・アトリエ劇研、9月23日から東京・駒場東大前のこまばアゴラ劇場で上演される。

現代における歌舞伎の可能性を追究し、2006年から活動を続ける木ノ下歌舞伎。木ノ下裕一が主宰を務め、様々な演出家とタッグを組んで作品を上演している。

『心中天の網島』は、近松門左衛門による人形浄瑠璃をもとにした作品。妻子のある紙屋の主人・治兵衛と遊女・小春の心中事件を描いた原作を、今回の舞台では音楽劇として上演するという。出演者には、チェルフィッチュ、地点、範宙遊泳などの作品にも出演している伊東沙保をはじめ、小林タクシー、島田桃子、武谷公雄、西田夏奈子、日高啓介、若松朋茂が名を連ねている。

演出、音楽、作詞を担当するのは、劇団FUKAIPRODUCE羽衣の全作品で作、演出、音楽、美術を手掛けるほか、深田恭子、成河ら出演の舞台『100万回生きたねこ』の脚本にも参加した糸井幸之介。音楽監修は、舞台『弱虫ペダル』やアニメ『秘密結社鷹の爪』など多岐にわたる作品に楽曲提供しているmanzo、監修と補綴は木ノ下が担当している。チケットは現在発売中だ。

公演情報
木ノ下歌舞伎『心中天の網島』
作:近松門左衛門
監修・補綴:木ノ下裕一
演出・作詞・音楽:糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)
音楽監修:manzo
出演:伊東沙保、小林タクシー、島田桃子、武谷公雄、西田夏奈子、日高啓介、若松朋茂

■京都公演
期間:2015年9月16日(水)~9月20日(日)全6公演
会場:京都府 アトリエ劇研
料金:一般2,800円 U-25チケット2,000円 高校生以下1,000円

■東京公演 期間:2015年9月23日(水・祝)~10月7日(水)全19公演
会場:東京都 駒場東大前 こまばアゴラ劇場
料金:一般3,300円 U-25チケット2,500円 高校生以下1,000円

公式サイト:http://kinoshita-kabuki.org/ 
CINRA.NET
シェア / 保存先を選択