清水富美加欠席の舞台挨拶、飯豊まりえが涙声で「一緒に立てなかったのが残念」

清水富美加飯豊まりえがW主演を務める映画『暗黒女子』(4月1日公開)の完成披露試写会が2月21日に新宿バルト9で開催され、飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈、千葉雄大、耶雲哉治監督、原作者の秋吉理香子が登壇。清水が欠席する異例の舞台挨拶となったが、飯豊が瞳を潤ませながら清水についてコメントした。

本作はセレブ女子高生たちが通う女子高を舞台に、全校生徒の憧れの的だった美少女の謎の真相に迫る衝撃のミステリー。舞台挨拶冒頭には、司会から「清水富美加さんは事務所側からの申し出により欠席となります」とのアナウンスがあった。

清水の件について触れぬまま舞台挨拶が進行したが、最後の挨拶で飯豊が「富美加ちゃんが今日ここに一緒に立てなかったのは本当に残念に思っています」と切り出し、「富美加ちゃんはどう思っているかわからないですが、私はすごく富美加ちゃんのすごく人柄が好きですし、一緒に頑張ろうねって言っていたので」と述懐しつつ、声を震わせた。

「この作品は本当に富美加ちゃん含め…」と続けると一層、涙声となり、「富美加ちゃん含めみんなで、一生懸命作り上げたことには嘘がない」とキッパリ。「それを一人でも多くの方に届けられるように今ここにいるキャストのみんなと耶雲監督と映画の関係者のみなさんで、頑張りたいと思います。“全員悪女”の騙し合う驚愕のラストを楽しんでいただけたらうれしいです!」と主演として力強く語り、会場から大きな拍手を浴びていた。

耶雲監督は「主演のふたりの役はすごく難しい役だった。二人が真正面から役を見つめて、体当たりでやってくれた」とW主演の二人をねぎらった。

清水富美加ちゃんは小百合という役を本当に真面目に考えてくれて、どうすればこの映画が面白くなるか、お客さんがもっと喜んでくれるか、驚いてくれるかをすごく考えてくれた。現場でも積極的に演技プランやアイディアをいっぱい出してくれた」と清水の作品への向き合い方を明かし、「小百合というキャラクターは、清水富美加という女優じゃなかったら、存在しなかった。生まれることはなかったんじゃないかなというくらい、本当にすごみのあるキャラクターになっています。本当にヤバいです。早く観てほしい」と絶賛していた。【取材・文/成田おり枝】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択