w-inds.16回目のデビュー記念日でファンに感謝「みんな大好きだよ」

ニュース
2017.3.15
「New Album『INVISIBLE』発売記念フリーライブ」の様子。(提供:ポニーキャニオン)

「New Album『INVISIBLE』発売記念フリーライブ」の様子。(提供:ポニーキャニオン)

本日3月14日に東京・東京ドームシティラクーアガーデンステージにてw-inds.のフリーライブが開催された。

定刻を迎え3人が姿を現すと会場は盛大な歓声に包まれる。「Boom Word Up」でフリーライブが始まるとバックダンサーもパフォーマンスに加わり、彼らはキレのあるダンスでファンを魅了する。「Drop Drop」では橘慶太(Vo)が客席まで降りていき、最前列のオーディエンスとハイタッチ。客席からは歓喜の声が上がり、ライブが進むにつれて会場周辺の人だかりはどんどん大きくなっていった。

MCでは緒方龍一(Cho, Rap)が「今日、w-inds.はデビュー日です! みんなのおかげで僕たち、16歳になりました」と、グループがデビュー16周年を迎えた喜びをファンと分かち合う。MCもそこそこに、彼らはムーディな雰囲気のダンスチューン「Make you mine」「I'm all yours」の2曲を歌唱。ファンはグループのイメージカラーである青色のペンライトを振って、3人に声援を送っていた。

ライブ終盤のMCでは、会場に隣接する東京ドームで「World Baseball Classic」の試合が行われることを受け、サイン入りのカラーボールをプレゼントすることに。3人はプラスティックのバットを使って16個のボールを打ち、ファンを喜ばせた。計5曲を歌い、記念撮影を終えたあとに千葉涼平(Cho, Rap)は集まった観客に向けて「みんな大好きだよ」と語りかけ、デビュー記念日のイベントの幕を閉じた。

w-inds.「New Album『INVISIBLE』発売記念フリーライブ」2017年3月14日 東京ドームシティラクーアガーデンステージ セットリスト

01. Boom Word Up
02. Drop Drop
03. Make you mine
04. I'm all yours
05. We Don't Need To Talk Anymore

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択