生演奏で奏でられるクラシックの名曲達とキャストの熱演が感動を誘う!音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」ゲネプロレポート

音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky」ゲネプロ

音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky」ゲネプロ

 2015年9月4日から13日までの期間、全労済ホール/スペース・ゼロにて音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」の公演が行われている。コーエーテクモゲームスの人気ゲームシリーズ『金色のコルダ』シリーズの舞台化作品である本作は、2014年に放送されたTVアニメ『金色のコルダ Blue♪Sky』が基となっています。そんなこの舞台のゲネプロ公演を取材! 写真と共に本作の魅力をお伝えしていきます!

■プロ奏者による生演奏に心惹かれる

 本作は主人公の如月響也を始めとした星奏学院オーケストラ部が全国大会を目指し、葛藤と闘いながらオーケストラに打ち込んでいくというのが本作の大まかなストーリー。

 そんな音楽を題材としている作品だけあって、音楽にはとてつもないこだわりがある印象。というのも、なんと本作ではアニメの舞台化作品には珍しく、プロの楽器奏者によって劇中曲が奏でられいるのです。そんな会場に響き渡るクラシックの名曲たちとキャストたちの熱演も相まって、終始作品に引き込まていきました。

 そんな本作は、予備知識が全く無い方でも楽しむことができ、高校生たちの熱い青春物語には誰もが共感し感動できる物語となっている。この感動と迫力は劇場でしか味わえないので、是非葦を運んで生の演奏と青春物語を体感しよう。

■ゲネプロ後の囲み取材の模様をお届け!

──本作に対する意気込みと見所をお願いします。

東金千秋役・碕理人さん(以下、碕さん):今回、神南高校が土岐蓬生役の上田堪大くんと2人しかいないので、至誠館と星奏の戦いを上手くサポートできるように、そして神南色も出せる様に頑張っています。

水嶋悠人役・高崎翔太さん(以下、高崎さん):人気作品の実写化ということでプレッシャーもあるんですけど、楽しんで演じて行きたいと思います。オーケストラの生演奏とダンサーさんの盛り上げが見所だと思っています。

如月律役・黒羽麻璃央さん(以下、黒羽さん):僕自身こういう役をやったことが無かったり、役ではお兄さん役で部をまとめる部長だったり、新鮮な毎日を送っています。生のオーケストラやダンサーさんが一生懸命して下さっているので、とても楽しい作品になっているので是非よろしくお願いします。

如月響也役・前山剛久さん(以下、前山さん):音楽劇と言っていますけど、ミュージカルとは違って生の音の演奏っていうのがメインになっているんですが、一番大事なのはやっぱりお芝居で、それぞれのキャラクターが深いところまで自分自身を掘り下げて演じているので、お芝居の力で音楽を盛り上げるというのが意気込みとしてあります。セリフにもあるんですけど「音を楽しむ」っていうのを見ている人にも共感していただけたらなと思います。2.5次元なんて言われていますが、気持ち的には2.75次元ぐらいの気持ちでやっています。

小日向かなで役・伊藤梨沙子さん(以下、伊藤さん):2.5次元舞台では始めての生演奏での舞台と言う事で、やっぱり私達もオーケストラの前で演じるのは熱量も違いますし、凄く五感を使うなというのを感じて、お客さんも私達とオーケストラの方とアンサンブルの方が一体となって観れる舞台だなと思います。あと私達が苦戦したのがバイオリンの練習で、本当に弾いているわけじゃないんですけど、どうやったらそういう風に見えるかとか、綺麗に美しくバイオリンを弾いている様に見せられるかって言うのが苦労したんですけど、そこにも注目して欲しいです。

榊大地役・小沼将太さん(以下、小沼さん):皆さんも言っていた通り、ダンスと音楽と芝居で構成されているんですけど、本当にこの舞台に欠かせないものだと思っているので、そこを見所にこれからも頑張っていきます。

八木沢雪広役・谷佳樹さん(以下、谷さん):星奏学院と対決するということで、個性の強いキャラクター達を引っ張っていくという役なんですけど、八木沢は熱血でも無く、背中を見せるでも無く、みんなで共に行こうっていう性格なので役作りが凄く大変で、熱くなってしまうと火積のキャラクターが崩れてしまいますしっていうので色々バランスを考えました。あと、音楽が生演奏と言う事で、きっかけがすごく多くて、そこが一番苦労した所だったんですが、演出の吉谷さんが気持ちいい所でセリフのタイミングを決めて下さったので、だからこそ作り上げられた舞台なんじゃないかなと僕は思っています。星奏の敵ではありますけど、神南・星奏・至誠館、全部の力を合わせて舞台を成功させていこうと思います。

──楽しみにしているファンの方たちへメッセージをお願い致します。

碕さん:本当に素敵な作品でこのカンパニーの皆さんと生演奏やダンスがあったり、キャラ同士の絡みがあったりと見所満載ですので、是非ハードルを上げて『金色のコルダ』の世界観に入ってもらえるように頑張りますので、楽しみにしておいて下さい。

高崎さん:楽しんで頂けるものになっているんじゃないかと思っているんですが、一つ遠金さんがステージを盛り上げるシーンがあるので、そこはノッて頂けたらコチラとしては非常にありがたい! 遠金さんもノセられるようなお芝居ができると思うので、楽しんで舞台を作り上げて行ければと思います。

黒羽さん:ファーストステージと名前に付いているだけあってセカンドステージを期待している方もいらっしゃるかもしれませんが、それは見に来て下さる方のお力で成り立ちますので、見に来て頂けた方にはTwitterなどで声を届けて頂ければと思います。ファーストをやったからには僕達も最後までやりたいですし、一個一個積み重ねて頑張っていきますので応援よろしくお願いします。

前山さん:やっぱりファーストステージをやるからにはセカンド、サードとつなげるのは一つの目標なんですけど、キャラクター同士の一つ一つの関係性をしっかり見てもらえたら、それぞれのキャラクターに共感出来る部分が絶対あると思うんですよ。なので、観てる方にはそれを感じてもらえたらと思います。それぞれのキャストが自分の役を愛して、研究して本番まで頑張ってきたので、愛を持って見てもらえたら嬉しいです。

伊藤さん:今回の舞台は室内楽に打ち込む高校生たちのストーリーなので若い世代の人達はもちろんなんですけど、家族みんなで観に来て貰ったりだとか、いろんな世代の人達に見てもらって自分の青春時代を思い出して貰ったり、共感できる部分がすごくたくさんあると思うので、自分と共通の部分を見つけてもらいながら見て欲しいと思います。

小沼さん:舞台は2時間くらいで出来ているんですけど、一人一人の動きを追って頂ければあっという間だと思います。キャラクターそれぞれにキラキラしている部分があるので、それを見逃さない様に見て頂ければなと思います。

谷さん:生演奏と2.5次元は難しいと言われていたんですけど、それを僕達はやるということでハードルも上がっていると思います。見てガッカリとはならない作品に絶対仕上がっていると思っていますので、全員がキラキラ輝いていて、キャストも生演奏やダンサーの熱量を受け取って僕達は舞台上に立っているので、アンサンブルや奏者の方たちにも注目して頂ければより楽しめるんじゃないかなと思います。

イベント情報
音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」

【公演期間】2015年9月4日(金)~9月13日(日)/9日間全13公演
【会場】全労済ホール/スペース・ゼロ
【原作・監修】アニメ「金色のコルダBlue♪Sky」・ルビーパーティー
【演出・脚本】吉谷光太郎(ミュージカル「AMNESIA」、超歌劇「幕末Rock」)
【出演】前山剛久、黒羽麻璃央、伊藤梨沙子、小沼将太、高崎翔太、谷佳樹、中村祐志、小林涼、碕理人、上田堪大 他
【チケット料金】S席 8,900円(税込) ※前方席&描き下ろしイラスト・クリアチケットケース付、A席 6,900円(税込)
【製作】音楽劇「金色のコルダBS」製作委員会
「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」公式サイト http://corda-stage.com/
「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」公式ツイッター(@corda_stage)

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択