人気菓子のプレートも!20周年の「白い恋人パーク」

ニュース
2015.9.8


北海道土産の定番「白い恋人」でおなじみ、石屋製菓が運営する「白い恋人パーク」(札幌市西区)は2015年6月で開園20周年を迎えた。これを記念して、館内各店では、2016年6月3日(金)まで期間限定のアニバーサリーメニューを販売している。

数ある商品のなかでもおすすめは、イートインコーナーのチョコレートラウンジ(入館料別)で提供している、1日20セット限定の「20周年アニバーサリーティーセット」(2160円)。「白い恋人」をはじめ、ミルフィーユのサクサク食感が楽しめる「美冬」、ホワイトチョコを練りこんだ「白いバウム」など、同社の人気商品を一度に味わえる夢のような一品。セットに付いてくるチョコレートドリンクを飲みながら、心ゆくまで甘いひとときを楽しんで。

コンサドーレ札幌の練習グラウンドを眺めながら食事ができるレストラン梟巣(おうるず)からは、コンサドーレ札幌応援スイーツとして「赤黒パフェ」(各432円)が登場。ベリー味とコーヒー味のクラッシュゼリーをそれぞれ使用し、チームカラーの赤と黒を表現している。

園内を散策して小腹が空いたら気軽に立ち寄りたいテイクアウトコーナーでは、見た目も味も対照的な「白いパフェ」と「黒いパフェ」(各450円)に注目を。「白いパフェ」は、白い恋人ソフトクリームのホワイトとパンナコッタの組み合わせに、ストロベリーソースの酸味がマッチ。白い恋人ソフトクリームのブラックとちょっぴりビターなチョコプリンを合わせた「黒いパフェ」は、サクサクのチョコクランチが食感のアクセントになっている。

同じくテイクアウトコーナーには、フルーツソース入りのヨーグルトドリンクに、ソフトクリームを乗せた「白い恋人フロート」(380円)も登場。さっぱり味が好きな人は、こちらも試してみて。

園内での思い出作りにおすすめなのが、体験コーナーの、お菓子作り体験工房(入館料別)。ここでも20周年記念の限定企画が楽しめる。型で繰り抜いたクッキー生地に、キャンディを重ねてステンドグラスのように仕上げるアニバーサリークッキーは、食べるのがちょっぴりもったいないほど。

限定メニューを堪能したら、お土産コーナーへ。ショップ・ピカデリーでは、ソフトタイプのクッキーが入った「メッセージボックス」(702円)、そして、バニラ、イチゴ、チョコの3フレーバーを詰め合わせた同店限定の「クッキーボックス」(648円)を特別パッケージで販売。

また、キャンディアートの専門店キャンディ・ラボでは、同園オリジナルキャラクター、くまのトロンやねこのラムルなど4種類の柄のキャンディ詰め合わせ「白い恋人パークミックス」(432円)が登場する。

限定商品が満載のこの機会に、ぜひ足を運んでみて。【北海道ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択