"エディット・ピアフの再来"歌手・ZAZ(ザーズ)、映画『ベル&セバスチャン』 主題歌に込めた想いを明かす

ニュース
動画
2015.9.8

画像を全て表示(3件)

フランスNo1シンガー・ZAZ(ザーズ)が、 主題歌を担当する映画『ベル&セバスチャン』コメントを寄せた。

『ベル&セバスチャン』は日本でも「名犬ジョリィ」としてアニメ化された世界的ベストセラ―文学を、冒険家でもあるニコラ・ヴァニエ監督が実写映画化した作品。戦時中のアルプスを舞台に、孤児・セバスチャンと野犬・ベルの命がけのアルプス越えを、重厚なドラマとして描いている。
「エディット・ピアフの再来」と称されるZAZは、現在、世界で最もアルバムが売れているフランス人ミュージシャンの一人であり、エディット・ピアフの再来とも称される歌声を持つ。今回主題歌となった「Belle」は、彼女同様に世界的に愛される『ベル&セバスチャン』との相性も抜群だ。

ZAZ自身の映画への思い入れも強く、動画では作品のテーマや曲に込めた想いを真摯な言葉で明かしている。


【ZAZ コメント】
オファーがあったときはとても嬉しかったです。たくさんの歌手がいる中で選抜されるのは嬉しいものです。 おまけに『ベル&セバスチャン』ですしね、このストーリーも描かれている友情も大好きなの。テーマは生き物に対する愛で、相手は動物でも人間でもかまわない、木でもいいのです、生きている存在なら。私にとっては木も生きているし、木も人間のような存在です。だから歌ではそういう気持ちを伝えたいと思いました。愛や優しい気持ち、思いやりをたくさん込めました。 これは少年と犬の愛の物語です!それも子犬じゃなくて大きな犬ね!

11月には、日本での公演も決定しているZAZ。「Belle」を収録した『ベル&セバスチャン』の輸入盤サウンドト ラックCDはすでに発売されているほか、iTunesでも配信中。同映画主演のフィリップ・ボシュエが愛くるしい声で歌う「Belle」も同時収録されているので、作品の世界観にいち早く浸りたいかたにもオススメだ。

映画『ベル&セバスチャン』は9月19日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

 
商品情報
『ベル&セバスチャン(原題:Belle and Sebastian)』オリジナル・サウンドトラックCD(輸入盤)

品番: 2564.633765
発売元:ワーナーミュージック・ジャパン
iTunes Store: https://itunes.apple.com/jp/album/id1023111470

 

公演情報
<ZAZ(ザーズ)公演情報> ZAZ 2015 Japan Tour

【公演日程】
2015年11月16・17日(月・火)オーチャードホール Open 18:00 / Start 19:00
S指定席 8,500円(税込)/ A指定席 7,500円(税込)
(問)H.I.P. 03-3475-9999 / www.hipjpn.co.jp/


2015年11月19・20日(木・金)Zepp Namba Open 18:00 / Start 19:00
S指定席 8,000円(税込)
(問)GREENS 06-6882-1224 / www.greens-corp.co.jp
※詳細は、特設ウェブサイトへ→ http://www.hipjpn.co.jp/live/zaz2015

 

映画情報
映画『ベル&セバスチャン』
2013 年/フランス/フランス語、ドイツ語/99 分/シネスコ/原題:Belle et Sébastien
9月19日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

監督:ニコラ・ヴァニエ『狩人と犬、最後の旅』
原作:セシル・オーブリー「アルプスの村の犬と少年」
脚本:ジュリエット・サレ『愛されるために、ここにいる』、ファビアン・スアレ『フューチャー・ゲーム』、ニコラ・ヴァニエ
撮影:エリック・ギシャール『キャラバン』
音楽:アルマン・アマール『オーケストラ!』
主題歌:ZAZ「Belle」
出演:フェリックス・ボシュエ、チェッキー・カリョ『ドーベルマン』、マルゴ・シャトリエ『オーロラ』、ディミトリ・ストロージュ『そして友よ、静かに死ね』、アンドレーアス・ピーチュマン『ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀』、メーディ「海のセバスチャン」

配給:ミッドシップ、コムストック・グループ
宣伝協力:ブラウニー
後援:フランス観光開発機構
©2013 RADAR FILMS EPITHETE FILMS GAUMONT M6 FILMS ROHNE-ALPES CINEMA」
公式サイト www.BelleandSebastian.net
シェア / 保存先を選択