赤い公園、新シングル「journey」のジャケットで“仲間たちと青春の旅を進んでいく”様子を描く

ニュース
2017.5.24
赤い公園

赤い公園

画像を全て表示(2件)

赤い公園が6月21日に発売するシングル「journey」のジャケット写真が公開された。

今作のジャケットは、アートディレクター・セントラル67木村 豊氏とイラストレーター・たかくらかずき氏のコラボが実現。子供の頃の記憶が蘇る家庭用ゲーム機の世界から飛び出したような、8ビットのドット絵アートでメンバーが描かれ、“仲間たちと青春の旅を進んでいく”楽曲のメッセージとリンクしたアートワークに仕上がっている。

初回限定盤には、2016年6月16日『赤い公園マンマンツアー2016~咲き乱れNight?~』から 「黄色い花」 「おやすみ」 「デイドリーム」のライブ映像、また、赤い公園ドキュメンタリー映像『情熱公園』も収録される。

さらに、「journey」のメンバーコメントが到着しているので、こちらも合わせてチェックしよう。

◆「journey」コメント
佐藤 千明(Vo)
不器用で、情けなくて、青春を諦めきれない全ての仲間へ!!!!!

津野 米咲(Gt)
大人になりきれないのと、子ども心を忘れないことは似ているようで全くの別物なのではないかと私は思います。
いつだって青春の旅のど真ん中で、仲間たちへの愛を叫びたい一心で産まれてくれた、赤い公園の魂の一曲です。

藤本 ひかり(Ba)
この子と人生を旅したい仲間のような、ずっと大事にしてたい宝物のような、生涯聴き続けていきたい大切な曲が出来ました。バンドって楽しいーーー。死ぬまでヤング!!!

歌川 菜穂(Dr)
気づけばいろんなことに臆病になっていて、守りに入りがちだった自分に、大切なことは何かを見直させてくれた曲です。
壁にぶち当たったり失敗することは怖い事じゃないんだっ!
一度きりの人生、思いっきり生きよう!
死ぬまでヤング!!

 

◆カップリング「いっちょまえ」 コメント
津野 米咲(Gt)
歌詞の内容が表題曲とそこはかとなく近いのですが、びっくりするほど音像がかけ離れています。ポップ!ポップ!ポーップ!どこかいなたいポーップ!!
同世代の方々には懐かしく感じていただけるかと思います。 

 

リリース情報
シングル「journey」
6月21日発売

【CD収録曲】
M1.journey 
M2.いっちょまえ
【初回限定盤】(CD+DVD):UPCH-7323 ¥1,890(税込)/¥1,750(税抜)
1. 2016年6月16日「赤い公園マンマンツアー2016~咲き乱れNight?~」より(*収録曲順未定)
 「黄色い花」 ・ 「おやすみ」 ・ 「デイドリーム」  ライブ映像
2. 赤い公園ドキュメンタリー映像「情熱公園」
【通常盤】UPCH-5914 ¥1,260(税込)/¥1,167(税抜)

 

シェア / 保存先を選択