X JAPAN 7月のライブはアコースティック形式で決行! YOSHIKI「生きる目標が見つかった」

ニュース
音楽
2017.6.9
X JAPAN

X JAPAN

画像を全て表示(2件)

6月9日(金)、X JAPANの緊急記者会見が都内で行なわれ、Toshl(Vo)、PATA(G)、HEATH (B)が登壇。7月に予定しているワールドツアーの日本公演について、『X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X Acoustic Special Miracle ~奇跡の夜~ 6DAYS』と題し、全編アコースティック形式で開催することを発表した。

同公演については、YOSHIKIが米国時間5月16日(火)に頚椎人工椎間板置換手術を受けことから術後の経過を見て開催が協議されてきたが、このほどついにメンバーの口から正式な報告がなされた。

L.A.で懸命なリハビリを続けているYOSHIKIは電話での参加となり、記者会見場のメンバーに向かって「元気?」と問いかけるも、Toshlから「こっちのセリフだよ(笑)」とツッコまれ和ませる一幕も。

そして、回復には6ヵ月はかかるとのことで、まだドラムを叩くことは不可能だがピアノならばリハビリとしてもいいとの医師の判断もあり、アコースティック形式でのコンサートの開催を決断したという経緯を説明。

YOSHIKIはこれまでにも首の手術を経験しており、今回の手術を受ける際にも「なんでこんな人生なんだろう」とネガティブに考えることもあったといい、そうした中で「止まっていると落ち込んでしまう、止まると終わってしまうように感じた。こういう状況でも前を向いていたい。リハビリと言ってしまうと失礼だけど、ステージに立つ以上は、ピアノだろうとドラムだろうと、感動させる」とコンサート開催に向けて力強く決意を語った。

また、途中、声を詰まらせながら「僕のわがままで、コンサートをやらせてもらえることに感謝しています。生きる目標が見つかった……。何よりも、ファンに心配をかけて申し訳ないと思っています。特殊なコンサートになると思いますが、逆に、こういうことがなかったらできないとも思います。過去最高のコンサートにしたいと思っています。ぜひ、見守ってほしい」とファンにメッセージを送った。

Toshlは「これをきっかけに、新たなX JAPANの1stステップにしたい。共に戦う気持ちでいるので、我々も全力でサポートして、気持ちのいい状態で、晴れやかに一緒にステージに立つことを楽しみにしています。ファンの皆さんには、この時期にしか見られないX JAPANスペシャルを共有していただいて、感動を共にしていただけたらと思います」と語り、PATAは「来ていただいたファンの方々が納得できるコンサートをやりたいと思っています。頑張ります」、HEATHは「どんな状況になってもベストを尽くしていきたいので、応援よろしくお願いします」と話した。

なお、7月17日(月・祝)の横浜アリーナ公演がWOWOWで生中継されることも決定。また、公演内容の変更に際してチケットの払い戻しが行なわれることもアナウンスされた。

X JAPAN

X JAPAN

 
ライブ情報
X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X Acoustic Special Miracle ~奇跡の夜~ 6DAYS
2017年7月11日(火)大阪府 大阪城ホール
2017年7月12日(水)大阪府 大阪城ホール
2017年7月14日(金)神奈川県 横浜アリーナ
2017年7月15日(土)神奈川県 横浜アリーナ
2017年7月16日(日)神奈川県 横浜アリーナ
2017年7月17日(月・祝)神奈川県 横浜アリーナ
 
■ウドー音楽事務所 http://udo.jp/

 

シェア / 保存先を選択