【映画レビュー】『ロストサンクチュアリ』あの人は今?では終わらない、俳優たちの底力

SPICER
 (C)2012 Sibling The Movie,LLC. All rights reserved.

(C)2012 Sibling The Movie,LLC. All rights reserved.

画像を全て表示(23件)

SPICE×ぷれシネ特集 第四回

SPICEをご覧のみなさま、いかがお過ごしでしょうか?秋といえば、映画。映画館にレンタルショップ、試写会など色々な方法で楽しめる季節。そんなタイミングで皆さまにオススメしたいのが、日本初の映画試写アプリ「ぷれシネ」です。

同アプリでは、最新作やDVDの本編を新旧問わず丸々1本を無料で楽しめます。アプリ内の作品一覧から選んで応募すれば、その場で抽選結果も分かり、当選すればそのまま鑑賞可能です。この企画では、SPICE編集部の映画好きライター・フジモトが同アプリを体験し、ネタバレなしの作品レビューで皆さまにその魅力をお伝えしていきます。

○過去の記事はこちらから

第二回作品はコチラ。ミーシャ・バートン主演のオカルト・サスペンス・ホラー『ロストサンクチュアリ』です。

(C)2012 Sibling The Movie,LLC. All rights reserved.

(C)2012 Sibling The Movie,LLC. All rights reserved.


 

■あらすじ
カウンセラーとして高校に勤めるジェシー(ミーシャ・バートン)は、仕事に忙殺されながらも、婚約者で保安官代理のトラヴィス(デヴォン・サワ)と幸せな生活を送っていた。そんなある日、彼女は障害を抱え、兄をひき逃げ事故でなくした少年・イーライのカウンセリングを受け持つことに。クラスメイトからイジメを受けたイーライは、死んだはずの自分の兄・デヴォンが蘇り、彼らに復讐すると言い出すのだった。イーライの言葉を妄想としてとり合わなかったジェシー。しかし、墓からデヴォンの遺体が消えたことを知り、言い知れぬ不安を感じはじめる…。

■ミーシャ・バートンにデヴォン・サワ…「あの人は今?」で終わらない俳優たちの底力

ミーシャ・バートン。まだまだ美貌は健在です (C)2012 Sibling The Movie,LLC. All rights reserved.

ミーシャ・バートン。まだまだ美貌は健在です (C)2012 Sibling The Movie,LLC. All rights reserved.


本作の一番のウリは、出演する2人の俳優……主演のミーシャ・バートンデヴォン・サワの安定感ある演技です。ただ、2人とも一躍脚光を浴びた作品がありながら、その後は地味な活動を続けてきた方々なんですね。

ミーシャ・バートンは海外ドラマ「The O.C」(2003年~2007年)でのブレイクで、世界中の女子の憧れになりました。日本で言えば、月9ドラマ主演で大ブレイク!といったところです。が、同ドラマを電撃降板してからの彼女のキャリアは、ドラッグや飲酒、度重なるスキャンダルでボロボロ。低予算ホラーやB級アクション、テレビ映画への出演が続きます。ここの数年の出演作は『ミーシャ・バートン 処刑病棟』『アパートメント1303号室』『S.W.A.T.ユニット887 24時間の奪還作戦』…うーん、大丈夫か?ちなみにわたくし、この3作すべて観ていますが。
 
デヴォン・サワも、かつては「超」のつく美少年俳優として知られていました。ホラーコメディ『アイドル・ハンズ』(1999年)や、殺人ピタゴラスイッチ映画として有名な『ファイナル・デスティネーション』(2000年)でご存知の映画ファンも多いと思います。最近では、リュック・ベッソン監督の名作のドラマ版「NIKITA / 二キータ」でキャリアを盛り返してきましたが、やはり低予算映画への出演が多いようです。
これが
デヴォン・サワ。だいぶ、いかつくなりました (C)2012 Sibling The Movie,LLC. All rights reserved.

デヴォン・サワ。だいぶ、いかつくなりました (C)2012 Sibling The Movie,LLC. All rights reserved.


こうなる
 
しかし、地道に重ねてきた2人の経験は無駄ではなかった!本作『ロストサンクチュアリ』での演技は円熟味を備えたものでした。特にミーシャ・バートンは、そこはかとないエロスを醸し出しつつも、幾度となくホラー映画で演じた「追い詰められるヒロイン」の集大成的演技を見せています。ミーシャ・バートンはアソシエイトプロデューサーとして、デヴォン・サワはコンサルタントとしても本作に参加する熱の入れよう。ふたりはそれぞれ、30歳と37歳…「あのひとは今」な俳優では終らず、どちらもこれからもう一度飛躍しそうな予感がしますね。

 

■オカルト?サスペンス?しつこいほどのドンデン返し

鍵を握るイーライ役 J・マイケル・トラウトマン。だいぶひねくれてますね (C)2012 Sibling The Movie,LLC. All rights reserved.

鍵を握るイーライ役 J・マイケル・トラウトマン。だいぶひねくれてますね (C)2012 Sibling The Movie,LLC. All rights reserved.

さて、もう一つの見どころが、やたらと観るものをあおるストーリー展開です。サスペンスホラーらしく、犯人がわからないまま次々と犠牲者が増えていくのですが…話が進むにつれ、怪しい登場人物が次々と現れます。ストーリーの鍵となる、いかにもひねくれた少年・イーライをはじめ、典型的なアメフト部のイジメっ子、身長2メートルを越えるイジメっ子の父親呪術師のおばあちゃん、神出鬼没のヒスパニック系用務員、謎のホームレスおじさん、深夜に道端で集会を開くヒスパニック系おっさん軍団、などなど、(なぜかヒスパニック系が多いですが)必要以上に怪しい人々だらけなんですねえ。いや、ちょっと伏線張りすぎだろ!とツッコミたくなるレベルです。

とはいえ、「誰が犯人なんだろう」とハラハラすることは請け合い。最後には「ええ…結局そういうオチですか」となるんですがね…。なにしろ、本作はオカルト・サスペンス・ホラーなんで。一方で、スプラッター要素はやや控えめなので、残酷シーンが苦手な方にはちょうどいいかもしれません。ちょっとした首チョンパシーンはありますが

ささやかな首チョンパシーンもあるよ! (C)2012 Sibling The Movie,LLC. All rights reserved.

ささやかな首チョンパシーンもあるよ! (C)2012 Sibling The Movie,LLC. All rights reserved.

■「グリーンマイル」マイケル・クラーク・ダンカン、最後の演技

本作が遺作となった、マイケル・クラーク・ダンカン (C)2012 Sibling The Movie,LLC. All rights reserved.

本作が遺作となった、マイケル・クラーク・ダンカン (C)2012 Sibling The Movie,LLC. All rights reserved.


 
最後に触れておきたいのが、主人公・ジェシーの勤める高校の校長を演じたマイケル・クラーク・ダンカンについて。「グリーンマイル」(1999年)でアカデミー賞助演男優賞の候補にものぼった名優ですが……なんと作品の編集段階で亡くなってしまいました。196cmの体躯を活かし、優しく力づよい役柄を演じることが多かったダンカンですが、本作では心なしか小さく見えました。劇中で犯人?と肉弾バトルを演じて欲しかったところですが、残念ながらびっくりするほどあっさりと退場してしまいます。

が、個人的に嬉しかったのは、本作でダンカンが、ハリウッドでメキメキと頭角を現しつつある巨漢俳優マシュー・ウィリグと共演を果たしたこと。ウィリグは、ジェイソン・ステイサム主演『ワイルド・カード』(2015年)やジョー・カーナハン監督の『クレイジー・ドライブ』(2015年)といったアクション映画でよく見かけます。ダンカンを超える2m3cmの体躯で、威圧感を醸し出しながらも優しい表情をときおり見せる個性的な俳優。ダンカンとの対面で、巨漢俳優の魂が伝承されたような、そんな気がしました。すごくマニアックな見かたですが。

左から、 マシュー・ウィリグ、マイケル・クラーク・ダンカン。どちらもデカイ (C)2012 Sibling The Movie,LLC. All rights reserved.

左から、 マシュー・ウィリグ、マイケル・クラーク・ダンカン。どちらもデカイ (C)2012 Sibling The Movie,LLC. All rights reserved.


 

さて、本作に興味を持った方はさっそくぷれシネで試写会に応募して見てください。応募の方法は簡単!

①itunesまたはApp storeでアプリをダウンロード

②会員登録(メールアドレスと希望するパスワードを入力)


 

③ログイン

③観たい作品を選んで「受付中」の部分をタップ!

これだけで応募が完了し、その場で当選の結果もわかります。当選決定から24時間の間は、いつでも同じ作品を観ることができるので、通勤や通学、ちょっとした待ち時間をつぶしながら気軽に鑑賞するのもいいですね。

現在公開されている作品の定員は50~100名。ただし、抽選ではなく先着で当選が確定するものも多いので、人気作は早めに応募したほうが良さそうです。

また、鑑賞後は「シェア」ボタンをタップして、TwitterやFacebookに感想を投稿することもできます。感想を投稿すると、次回からの試写会の当選確率が上がるそうです!フジモトもさっそく投稿してみましたよ。

 

なお、Androidアプリへの対応は現在調整中。SPICEは毎週オススメの作品とともに進捗をお伝えしていくので、お待ちください!

作品情報
ロストサンクチュアリ
(2013年/アメリカ/90分)
監督・脚本:マシュー・オルランド
出演:ミーシャ・バートン、デヴォン・サワ、マイケル・クラーク・ダンカン、J・マイケル・トラウトマン、ニック・ジャンドル、スチュアート・ストーン

予告編

 

アプリ情報
ぷれシネ​


価格:無料
カテゴリ: 写真/ビデオ
言語: 日本語、英語
販売元: HIROFUMI SOYAMA
 (C) simpleplus / (C) precine

App store: https://appsto.re/jp/d4uL6.i ※iPhoneからアクセス可能
iTunes: https://itunes.apple.com/jp/app/pureshine/id982863363?mt=8

Facebook: https://www.facebook.com/precinema

シェア / 保存先を選択